sqlcmd ユーティリティの起動

sqlcmd を使用するには、最初にユーティリティを起動し、SQL Server のインスタンスに接続する必要があります。 既定のインスタンスまたは名前付きインスタンスのいずれにも接続できます。 最初の手順として、sqlcmd ユーティリティを起動します。

注意

sqlcmd の既定の認証は Windows 認証です。 SQL Server 認証を使用するには、 -U オプションと -P オプションを追加して、ユーザー名とパスワードを指定する必要があります。

注意

既定では、 SQL Server Express は名前付きインスタンスの sqlexpressとしてインストールされます。

SQL Server データベース エンジンのこのインスタンスに接続したことがない場合、接続を受け入れるには SQL Server の構成が必要になることがあります。

sqlcmd ユーティリティを起動し、SQL Server の既定のインスタンスに接続するには

  1. [スタート] メニューの [実行] をクリックします。 [名前] ボックスに「 cmd」と入力して、 [OK] をクリックします。コマンド プロンプト ウィンドウが開きます

  2. コマンド プロンプトで、「sqlcmd」と入力します。

  3. Enter キーを押します。

    これで、コンピューターで実行している SQL Server の既定のインスタンスに、信頼できる接続を確立しました。

    1> sqlcmd 行番号を指定するプロンプトです。 Enter キーを押すたびに、この番号が 1 ずつ増えます。

  4. セッションを終了するには sqlcmd 、プロンプトで「」と入力し EXIT sqlcmd ます。

sqlcmd ユーティリティを起動し、SQL サーバーの名前付きインスタンスに接続するには

  1. コマンドプロンプトウィンドウを開き、「 sqlcmd -S My\ インスタンス名」と入力します。 myServer\instanceName には、コンピューターの実際の名前と、接続先の SQL Server インスタンスを指定してください。

  2. Enter キーを押します。

    sqlcmdプロンプト (1>) は、指定したのインスタンスに接続していることを示し SQL Server ます。

    注意

    入力した Transact-SQL ステートメントはバッファーに格納されます。 GO コマンドが見つかると、ステートメントがバッチとして実行されます。

参照

sqlcmd を使用した Transact-SQL スクリプト ファイルの実行