SSL 暗号化の使用

SSL (Secure Sockets Layer) 暗号化により、SQL Server のインスタンスとクライアント アプリケーションの間で、暗号化されたデータをネットワーク経由で送信できるようになります。

SSL は、ネットワークやその他のインターネット通信において、重要な情報や機密情報の傍受を防ぐ安全な通信チャネルを確立するためのプロトコルです。SSL を使用すると、クライアントとサーバーは互いの ID を認証することができます。参加者の認証が完了すると、SSL は安全なメッセージ送信のための暗号化された接続を参加者間で提供します。

Microsoft SQL Server JDBC Driver は、接続プロパティで指定されたユーザーと、サーバーおよびクライアントの設定に基づいて、特定の接続上で暗号化を有効および無効にするためのインフラストラクチャを提供します。ユーザーは、証明書ストアの場所とパスワード、証明書の検証に使用するホスト名、および通信チャネルを暗号化するタイミングを指定できます。

注意

SSL 暗号化を有効にすると、SQL Server のインスタンスとアプリケーションの間でネットワークを経由して送信されるデータのセキュリティが強化されます。ただし、暗号化を有効にすると、パフォーマンスが低下します。

このセクションの各トピックでは、Microsoft SQL Server JDBC Driver が SSL 暗号化をサポートするしくみについて説明します。これには、新しい接続プロパティと、クライアント側でトラスト ストアを構成する方法についての説明が含まれます。

このセクションの内容

トピック 説明

SSL のサポートについて

Microsoft SQL Server JDBC Driver が SSL 暗号化をサポートするしくみについて説明します。

SSL 暗号化を使用した接続

新しい SSL 固有の接続プロパティを使用して SQL Server データベースに接続する方法について説明します。

SSL 暗号化のためのクライアントの構成

クライアント側で既定のトラスト ストアを構成する方法と、クライアント コンピューターのトラスト ストアにプライベート証明書をインポートする方法について説明します。

参照

その他のリソース

JDBC ドライバ アプリケーションのセキュリティ保護