COLUMNS_UPDATED (Transact-SQL)

テーブルまたはビュー内で挿入または更新された列を示す varbinary ビット パターンを返します。COLUMNS_UPDATED は、Transact-SQL の INSERT または UPDATE トリガーの内部のどこでも使用でき、そのトリガーが特定の動作を実行すべきかどうかをテストすることができます。

トピック リンク アイコンTransact-SQL 構文表記規則

構文

COLUMNS_UPDATED ( ) 

戻り値の型

varbinary

説明

COLUMNS_UPDATED は、実行される UPDATE または INSERT アクションを複数の列でテストします。UPDATE または INSERT の試行を 1 つの列でテストするには、UPDATE() を使用してください。

COLUMNS_UPDATED は、左から右に並べられた 1 つ以上のバイトを返します。各バイトの最下位ビットは右端になります。左端のバイトの右端のビットがテーブル内の最初の列を表し、右から 2 番目のビットは 2 番目の列を、それ以下のビットも同様の順で列を表します。トリガーが作成されるテーブルに列が 9 個以上ある場合、COLUMNS_UPDATED は複数のバイトを返します。最下位バイトが左端になります。INSERT 動作では、列には明示的な値または暗黙的な (NULL) 値が挿入されるので、COLUMNS_UPDATED は、すべての列に対して TRUE を返します。

特定の列に対する更新または挿入をテストするには、テスト対象列のビットごとの演算子および整数ビットマスクを使用した構文に従います。たとえば、テーブル t1 に、列 C1C2C3C4、および C5 があるとします。列 C2C3、および C4 がすべて更新されている (テーブル t1 に UPDATE トリガーがある場合) かどうかを検証するには、& 14 を使用した構文に従います。列 C2 が更新されているかどうかだけをテストするには、& 2 を指定します。

COLUMNS_UPDATED は、Transact-SQL の INSERT または UPDATE トリガーの内部のどこでも使用できます。

注記注意

SQL Server 2008 の場合、INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS ビューの ORDINAL_POSITION 列には、COLUMNS_UPDATED から返される列のビット パターンとの互換性がありません。COLUMNS_UPDATED と互換性のあるビット パターンを取得するには、次の例に示すように、INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS ビューに対してクエリを実行する際に、COLUMNPROPERTY システム関数の ColumnID プロパティを参照します。

SELECT TABLE_NAME, COLUMN_NAME,
    COLUMNPROPERTY(OBJECT_ID(TABLE_SCHEMA + '.' + TABLE_NAME),
    COLUMN_NAME, 'ColumnID') AS COLUMN_ID
FROM AdventureWorks2008R2.INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS
WHERE TABLE_NAME = 'Contact';

列セット

テーブルで列セットが定義されると、COLUMNS_UPDATED 関数は次のように動作します。

  • 列セットのメンバーである列が明示的に更新された場合は、その列の対応するビットが 1 に設定され、列セットのビットが 1 に設定されます。

  • 列セットが明示的に更新された場合は、列セットのビットが 1 に設定され、そのテーブル内のすべてのスパース列のビットが 1 に設定されます。

  • 挿入操作では、すべてのビットが 1 に設定されます。

    列セットを変更すると列セット内のすべての列のビットが 1 に設定されるため、変更されなかった列セットの列も変更されているように見えます。列セットの詳細については、「列セットの使用」を参照してください。

A. COLUMNS_UPDATED を使用して、テーブルの最初の 8 列をテストする

次の例では、employeeData と auditEmployeeData という 2 つのテーブルを作成します。人事部のメンバーは、機密扱いの従業員給与支払い名簿情報が格納された employeeData テーブルを修正できます。従業員の社会保障番号 (SSN)、年間給与、または銀行口座番号に変更があると、監査レコードが生成され、auditEmployeeData 監査テーブルに挿入されます。

COLUMNS_UPDATED() を使用することで、機密扱いの従業員情報が格納されている列に対する変更も、短時間でテストすることができます。この方法で COLUMNS_UPDATED() が正しく動作するのは、テーブルの最初の 8 列に対する変更を検出する場合だけです。

USE AdventureWorks2008R2;
GO
IF EXISTS(SELECT TABLE_NAME FROM INFORMATION_SCHEMA.TABLES
   WHERE TABLE_NAME = 'employeeData')
   DROP TABLE employeeData
IF EXISTS(SELECT TABLE_NAME FROM INFORMATION_SCHEMA.TABLES
   WHERE TABLE_NAME = 'auditEmployeeData')
   DROP TABLE auditEmployeeData;
GO
CREATE TABLE employeeData (
   emp_id int NOT NULL,
   emp_bankAccountNumber char (10) NOT NULL,
   emp_salary int NOT NULL,
   emp_SSN char (11) NOT NULL,
   emp_lname nchar (32) NOT NULL,
   emp_fname nchar (32) NOT NULL,
   emp_manager int NOT NULL
   );
GO
CREATE TABLE auditEmployeeData (
   audit_log_id uniqueidentifier DEFAULT NEWID(),
   audit_log_type char (3) NOT NULL,
   audit_emp_id int NOT NULL,
   audit_emp_bankAccountNumber char (10) NULL,
   audit_emp_salary int NULL,
   audit_emp_SSN char (11) NULL,
   audit_user sysname DEFAULT SUSER_SNAME(),
   audit_changed datetime DEFAULT GETDATE()
   );
GO
CREATE TRIGGER updEmployeeData 
ON employeeData 
AFTER UPDATE AS
/*Check whether columns 2, 3 or 4 have been updated. If any or all
 columns 2, 3 or 4 have been changed, create an audit record. The 
bitmask is: power(2,(2-1))+power(2,(3-1))+power(2,(4-1)) = 14. To test 
whether all columns 2, 3, and 4 are updated, use = 14 instead of >0
 (below).*/

   IF (COLUMNS_UPDATED() & 14) > 0
/*Use IF (COLUMNS_UPDATED() & 14) = 14 to see whether all columns 2, 3, 
and 4 are updated.*/
      BEGIN
-- Audit OLD record.
      INSERT INTO auditEmployeeData
         (audit_log_type,
         audit_emp_id,
         audit_emp_bankAccountNumber,
         audit_emp_salary,
         audit_emp_SSN)
         SELECT 'OLD', 
            del.emp_id,
            del.emp_bankAccountNumber,
            del.emp_salary,
            del.emp_SSN
         FROM deleted del

-- Audit NEW record.
      INSERT INTO auditEmployeeData
         (audit_log_type,
         audit_emp_id,
         audit_emp_bankAccountNumber,
         audit_emp_salary,
         audit_emp_SSN)
         SELECT 'NEW',
            ins.emp_id,
            ins.emp_bankAccountNumber,
            ins.emp_salary,
            ins.emp_SSN
         FROM inserted ins
   END;
GO

/*Inserting a new employee does not cause the UPDATE trigger to fire.*/
INSERT INTO employeeData
   VALUES ( 101, 'USA-987-01', 23000, 'R-M53550M', N'Mendel', N'Roland', 32);
GO

/*Updating the employee record for employee number 101 to change the 
salary to 51000 causes the UPDATE trigger to fire and an audit trail to 
be produced.*/

UPDATE employeeData
   SET emp_salary = 51000
   WHERE emp_id = 101;
GO
SELECT * FROM auditEmployeeData;
GO

/*Updating the employee record for employee number 101 to change both 
the bank account number and social security number (SSN) causes the 
UPDATE trigger to fire and an audit trail to be produced.*/

UPDATE employeeData
   SET emp_bankAccountNumber = '133146A0', emp_SSN = 'R-M53550M'
   WHERE emp_id = 101;
GO
SELECT * FROM auditEmployeeData;
GO

B. COLUMNS_UPDATED を使用して、9 列以上をテストする

テーブルの最初の 8 列以外の列に影響を与える更新をテストするには、SUBSTRING 関数を使用して、COLUMNS_UPDATED から返された正しいビットをテストします。次の例では、AdventureWorks2008R2.Person.Person テーブルの列 3、5、および 9 に影響を与える更新をテストしています。

USE AdventureWorks2008R2;
GO
IF OBJECT_ID (N'uContact2', N'TR') IS NOT NULL
    DROP TRIGGER Person.tr1;
GO
CREATE TRIGGER uContact2 ON Person.Person
AFTER UPDATE AS
    IF ( (SUBSTRING(COLUMNS_UPDATED(),1,1) & 20 = 20) 
        AND (SUBSTRING(COLUMNS_UPDATED(),2,1) & 1 = 1) ) 
    PRINT 'Columns 3, 5 and 9 updated';
GO

UPDATE Person.Person 
   SET JobTitle=JobTitle,
      MiddleName=MiddleName,
      EmailPromotion=EmailPromotion;
GO