UPDATE() (Transact-SQL)

テーブルまたはビューの指定された列で、INSERT または UPDATE が行われたかどうかを示すブール値を返します。UPDATE() は Transact-SQL の INSERT または UPDATE トリガーの内部のどこでも使用でき、そのトリガーが特定の動作を実行すべきかどうかをテストすることができます。

トピック リンク アイコンTransact-SQL 構文表記規則

構文

UPDATE ( column ) 

引数

  • column
    INSERT 動作または UPDATE 動作をテストする列の名前です。トリガーの ON 句にテーブル名が指定されているため、列名の前にテーブル名を含めないでください。この列のデータ型は、SQL Server がサポートしているものであれば、どのようなデータ型でもかまいません。ただし、計算列を使用することはできません。

戻り値の型

Boolean

説明

INSERT または UPDATE が成功するかどうかにかかわらず、UPDATE() は TRUE を返します。

複数の列で INSERT 動作または UPDATE 動作をテストするには、最初の UPDATE(column) 句に続けて、別の UPDATE(column) 句を指定します。COLUMNS_UPDATED を使用しても、複数の列で INSERT 動作または UPDATE 動作をテストできます。これは、挿入または更新された列を示すビット パターンを返します。

INSERT 動作では、列には明示的な値または暗黙的な (NULL) 値が挿入されるので、IF UPDATE は TRUE の値を返します。

注意

IF UPDATE(column) 句は、IF 句、IF...ELSE 句、または WHILE 句と同じ役割を果たし、BEGIN...END ブロックを使用できます。詳細については、「流れ制御言語 (Transact-SQL)」を参照してください。

UPDATE(column) は、Transact-SQL トリガーの内部のどこでも使用できます。

注意

SQL Server 2000 では、UPDATE() は timestamp 列への変更を検出しません。これらの列の場合、トリガー内部の IF UPDATE() 句は、列が更新されているかどうかにかかわらず、FALSE を返します。SQL Server 2008 および SQL Server 2005 では、UPDATE() は timestamp 列への変更を検出します。DML トリガー内部の IF UPDATE() 句は、これらの列が更新されると TRUE を返します。

次の例では、Address テーブルの StateProvinceID 列または PostalCode 列を更新しようとすると、クライアントへのメッセージを出力するトリガーを作成します。

USE AdventureWorks2008R2;
GO
IF EXISTS (SELECT name FROM sys.objects
      WHERE name = 'reminder' AND type = 'TR')
   DROP TRIGGER Person.reminder;
GO
CREATE TRIGGER reminder
ON Person.Address
AFTER UPDATE 
AS 
IF ( UPDATE (StateProvinceID) OR UPDATE (PostalCode) )
BEGIN
RAISERROR (50009, 16, 10)
END;
GO
-- Test the trigger.
UPDATE Person.Address
SET PostalCode = 99999
WHERE PostalCode = '12345';
GO