SET ARITHABORT (Transact-SQL)

クエリ実行中にオーバーフローまたは 0 除算のエラーが発生した場合に、クエリを終了します。

トピック リンク アイコンTransact-SQL 構文表記規則

構文

SET ARITHABORT { ON | OFF }
[ ; ]

説明

SET ARITHABORT を ON にし、SET ANSI WARNINGS も ON にした場合、このエラー状態が発生するとクエリが終了します。SET ARITHABORT を ON にし、SET ANSI WARNINGS を OFF にした場合、このエラー状態が発生するとバッチが終了します。エラーがトランザクション内で発生した場合、トランザクションはロールバックされます。SET ARITHABORT が OFF の場合に、次に示すいずれかのエラーが発生すると、警告メッセージが表示され、算術演算の結果には NULL 値が割り当てられます。

注意

SET ARITHABORT および SET ARITHIGNORE の両方とも設定しない場合、SQL Server では NULL 値が返され、クエリの実行後に警告メッセージが返されます。

ANSI_WARNINGS を ON に設定すると、データベース互換性レベルが 90 に設定されている場合、暗黙的に ARITHABORT が ON に設定されます。データベース互換性レベルが 80 以下に設定されている場合、ARITHABORT オプションを明示的に ON に設定する必要があります。

SET ARITHABORT を OFF に設定して式を評価中に、INSERT、DELETE、または UPDATE ステートメントで算術演算エラー、オーバーフロー、0 除算、またはドメイン エラーが検出されると、SQL Server では NULL 値が挿入または更新されます。出力先の列で NULL 値が許容されない場合は、挿入または更新処理は失敗し、エラーが返されます。

SET ARITHABORT と SET ARITHIGNORE のいずれかが OFF でも、SET ANSI_WARNINGS が ON の場合は、SQL Server で 0 除算やオーバーフロー エラーが検出されるとエラー メッセージが返されます。

SET ARITHABORT を OFF に設定し、IF ステートメントのブール条件の評価中に中止エラーが発生すると、FALSE の分岐が実行されます。

計算列やインデックス付きビューのインデックスを作成または変更するときには、SET ARITHABORT を ON に設定する必要があります。SET ARITHABORT が OFF の場合、計算列にインデックスが設定されているテーブルやインデックス付きビューに対して CREATE、UPDATE、INSERT、または DELETE ステートメントを実行すると失敗します。インデックス付きビューおよび計算列上のインデックスに必要な SET オプション設定の詳細については、「結果に影響を与える SET オプション」を参照してください。

SET ARITHABORT は、解析時ではなく実行時に設定されます。

権限

public ロールのメンバシップが必要です。

次の例では、SET ARITHABORT を ON に設定した場合の 0 除算のエラーおよびオーバーフロー エラーをそれぞれ示しています。

-- SET ARITHABORT
-------------------------------------------------------------------------------
-- Create tables t1 and t2 and insert data values.
CREATE TABLE t1 (
   a TINYINT, 
   b TINYINT
);
CREATE TABLE t2 (
   a TINYINT
);
GO
INSERT INTO t1 
VALUES (1, 0);
INSERT INTO t1 
VALUES (255, 1);
GO

PRINT '*** SET ARITHABORT ON';
GO
-- SET ARITHABORT ON and testing.
SET ARITHABORT ON;
GO

PRINT '*** Testing divide by zero during SELECT';
GO
SELECT a / b AS ab 
FROM t1;
GO

PRINT '*** Testing divide by zero during INSERT';
GO
INSERT INTO t2
SELECT a / b AS ab  
FROM t1;
GO

PRINT '*** Testing tinyint overflow';
GO
INSERT INTO t2
SELECT a + b AS ab 
FROM t1;
GO

PRINT '*** Resulting data - should be no data';
GO
SELECT * 
FROM t2;
GO

-- Truncate table t2.
TRUNCATE TABLE t2;
GO

-- SET ARITHABORT OFF and testing.
PRINT '*** SET ARITHABORT OFF';
GO
SET ARITHABORT OFF;
GO

-- This works properly.
PRINT '*** Testing divide by zero during SELECT';
GO
SELECT a / b AS ab  
FROM t1;
GO

-- This works as if SET ARITHABORT was ON.
PRINT '*** Testing divide by zero during INSERT';
GO
INSERT INTO t2
SELECT a / b AS ab  
FROM t1;
GO
PRINT '*** Testing tinyint overflow';
GO
INSERT INTO t2;
SELECT a + b AS ab 
FROM t1;
GO

PRINT '*** Resulting data - should be 0 rows';
GO
SELECT * 
FROM t2;
GO

-- Drop tables t1 and t2.
DROP TABLE t1;
DROP TABLE t2;
GO