Render2 メソッド

特定のレポートを処理し、指定した形式で表示します。

名前空間:  ReportExecution2005
アセンブリ:  ReportExecution2005 (ReportExecution2005.dll)

構文

'宣言
<SoapHeaderAttribute("ServerInfoHeaderValue", Direction := SoapHeaderDirection.Out)> _
<SoapHeaderAttribute("ExecutionHeaderValue")> _
<SoapDocumentMethodAttribute("http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices/Render2", RequestNamespace := "http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices",  _
    ResponseNamespace := "http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices",  _
    Use := SoapBindingUse.Literal, ParameterStyle := SoapParameterStyle.Wrapped)> _
<SoapHeaderAttribute("TrustedUserHeaderValue")> _
Public Function Render2 ( _
    Format As String, _
    DeviceInfo As String, _
    PaginationMode As PageCountMode, _
    <OutAttribute> ByRef Extension As String, _
    <OutAttribute> ByRef MimeType As String, _
    <OutAttribute> ByRef Encoding As String, _
    <OutAttribute> ByRef Warnings As Warning(), _
    <OutAttribute> ByRef StreamIds As String() _
) As Byte()
'使用
Dim instance As ReportExecutionService
Dim Format As String
Dim DeviceInfo As String
Dim PaginationMode As PageCountMode
Dim Extension As String
Dim MimeType As String
Dim Encoding As String
Dim Warnings As Warning()
Dim StreamIds As String()
Dim returnValue As Byte()

returnValue = instance.Render2(Format, _
    DeviceInfo, PaginationMode, Extension, _
    MimeType, Encoding, Warnings, StreamIds)
[SoapHeaderAttribute("ServerInfoHeaderValue", Direction = SoapHeaderDirection.Out)]
[SoapHeaderAttribute("ExecutionHeaderValue")]
[SoapDocumentMethodAttribute("http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices/Render2", RequestNamespace = "http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices", 
    ResponseNamespace = "http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices", 
    Use = SoapBindingUse.Literal, ParameterStyle = SoapParameterStyle.Wrapped)]
[SoapHeaderAttribute("TrustedUserHeaderValue")]
public byte[] Render2(
    string Format,
    string DeviceInfo,
    PageCountMode PaginationMode,
    out string Extension,
    out string MimeType,
    out string Encoding,
    out Warning[] Warnings,
    out string[] StreamIds
)
[SoapHeaderAttribute(L"ServerInfoHeaderValue", Direction = SoapHeaderDirection::Out)]
[SoapHeaderAttribute(L"ExecutionHeaderValue")]
[SoapDocumentMethodAttribute(L"http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices/Render2", RequestNamespace = L"http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices", 
    ResponseNamespace = L"http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices", 
    Use = SoapBindingUse::Literal, ParameterStyle = SoapParameterStyle::Wrapped)]
[SoapHeaderAttribute(L"TrustedUserHeaderValue")]
public:
array<unsigned char>^ Render2(
    String^ Format, 
    String^ DeviceInfo, 
    PageCountMode PaginationMode, 
    [OutAttribute] String^% Extension, 
    [OutAttribute] String^% MimeType, 
    [OutAttribute] String^% Encoding, 
    [OutAttribute] array<Warning^>^% Warnings, 
    [OutAttribute] array<String^>^% StreamIds
)
[<SoapHeaderAttribute("ServerInfoHeaderValue", Direction = SoapHeaderDirection.Out)>]
[<SoapHeaderAttribute("ExecutionHeaderValue")>]
[<SoapDocumentMethodAttribute("http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices/Render2", RequestNamespace = "http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices", 
    ResponseNamespace = "http://schemas.microsoft.com/sqlserver/2005/06/30/reporting/reportingservices", 
    Use = SoapBindingUse.Literal, ParameterStyle = SoapParameterStyle.Wrapped)>]
[<SoapHeaderAttribute("TrustedUserHeaderValue")>]
member Render2 : 
        Format:string * 
        DeviceInfo:string * 
        PaginationMode:PageCountMode * 
        Extension:string byref * 
        MimeType:string byref * 
        Encoding:string byref * 
        Warnings:Warning[] byref * 
        StreamIds:string[] byref -> byte[] 
public function Render2(
    Format : String, 
    DeviceInfo : String, 
    PaginationMode : PageCountMode, 
    Extension : String, 
    MimeType : String, 
    Encoding : String, 
    Warnings : Warning[], 
    StreamIds : String[]
) : byte[]

パラメーター

  • Format
    型: System. . :: . .String
    レポートを表示する形式です。この引数は、表示拡張機能にマップされます。サポートされる拡張機能には、XML、NULL、CSV、IMAGE、PDF、HTML4.0、HTML3.2、MHTML、EXCEL、Word があります。サポートされる拡張機能の一覧は、ListRenderingExtensions メソッドを呼び出すことによって取得できます。
  • DeviceInfo
    型: System. . :: . .String
    Format パラメーターで指定する表示拡張機能に必要なデバイス固有のコンテンツを含む XML 文字列です。DeviceInfo 設定は、DeviceInfo XML 要素の内部要素として渡す必要があります。特定の出力形式に対応するデバイス情報設定の詳細については、「Reporting Services デバイス情報設定」を参照してください。
  • Extension
    型: System. . :: . .String%
    [out] 出力ストリームに対応するファイル拡張子です。
  • Encoding
    型: System. . :: . .String%
    [out] レポート サーバーがレポートのコンテンツの表示に使用するエンコードです。
  • StreamIds
    型: array<System. . :: . .String> [] () [] []%
    [out] ストリーム ID です。これらの ID は RenderStream メソッドに渡されます。特定のレポートに関連付けられた外部リソース (画像など) を表示するために使用できます。

戻り値

型: array<System. . :: . .Byte> [] () [] []
指定された形式でのレポートの Byte[] 配列です。

説明

Render2 は、ExecutionInfo2 ヘッダーに示されるレポート実行に関連付けられた処理済みのレポートを表示します。セッション スナップショットがまったく存在しない場合、(資格情報とパラメーターの要件がすべて満たされる限り) このメソッドはレポートを実行し、新しいセッション スナップショットが作成されます。非クエリのパラメーター値が変更されたためにレポートを再処理する必要がある場合は、スナップショットが再処理されます。

実行オプションがキャッシュまたは実行スナップショットに設定されている場合、Render2 への呼び出しは既存のスナップショットを使用します。

レポートをキャッシュする設定になっていて、指定したパラメーター値と資格情報が一致する場合、実際にレポートを処理する代わりに、キャッシュされたスナップショットのコピーが読み込まれる可能性があります。

資格情報とパラメーターの要件が満たされない場合、このメソッドはエラーを返します。

表示拡張機能で複数ページの指定をサポートしている場合は、この後の Render2 への呼び出しを使用して、レポートの追加のページをフェッチすることができます。

出力をストリームにできないという表示方法の制約があるため、ファイル全体をメモリ内に保存する必要があります。

レポートの読み込みと表示に必要な手順の説明など、実行のライフ サイクルの詳細については、「実行状態の識別」を参照してください。