電子メール配信用のレポート サーバーの構成

Reporting Services には電子メール配信拡張機能があり、電子メールを使用してレポートを配布できます。電子メール サブスクリプションをどのように定義するかに応じて、配信は、通知、リンク、添付ファイル、または埋め込みレポートから構成されます。電子メール配信拡張機能は、既存のメール サーバー テクノロジと連携して動作します。メール サーバーは、SMTP サーバーまたはフォワーダである必要があります。レポート サーバーは、オペレーティング システムに用意されている Collaboration Data Objects (CDO) ライブラリ (cdosys.dll) を通じて SMTP サーバーに接続します。

既定では、レポート サーバーの電子メール配信拡張機能は構成されていません。Reporting Services 構成ツールを使用して、この拡張機能の最低限の構成を行う必要があります。詳細なプロパティを設定するには、RSReportServer.config ファイルを編集します。この拡張機能を使用するようにレポート サーバーを構成できない場合は、代わりに共有フォルダにレポートを配信できます。詳細については、「Reporting Services でのファイル共有の配信」を参照してください。

構成要件

  • レポート サーバーの電子メール配信は Collaboration Data Objects (CDO) に実装されており、ローカルまたはリモートの簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーまたは SMTP フォワーダを必要とします。SMTP は、一部の Windows オペレーティング システムではサポートされていません。Itanium ベース エディションの Windows Server 2008 を使用している場合、SMTP はサポートされません。CDO によって提供される構成オプションの詳細については、MSDN の「Configuration」を参照してください。

  • レポート サーバー サービス アカウントには、メールを送信する SMTP サーバーに対する権限が必要です。

  • 電子メール配信拡張機能では、電子メール添付ファイルに UTF-8 エンコードが使用されます。エンコードを変更することはできません。HTML 表示拡張機能では UTF-8 だけがサポートされます。

注意注意

既定の電子メール配信拡張機能では、送信するメール メッセージのデジタル署名および暗号化はサポートされていません。

ローカルまたはリモートの SMTP サービスに対するレポート サーバーの構成

ローカルの SMTP サービス、あるいはリモートの SMTP サーバーまたは SMTP フォワーダを使用して、電子メール配信をサポートできます。既存のリモート SMTP サーバーにアクセスできる場合は、リモート SMTP サーバーを使用してください。使用できる SMTP サーバーがない場合、または後でコンピュータ接続の障害が原因と考えられるレポート配信エラーが発生した場合は、ローカル SMTP サービスを使用するように切り替える必要があります。ローカル サービスまたはリモート サービス用にレポート サーバーを構成する方法の詳細については、このトピックでさらに説明します。

電子メール配信用の構成オプションの設定

レポート サーバーの電子メール配信を使用するには、先に、使用する SMTP サーバーに関する情報を提供する構成値を設定する必要があります。

電子メール配信用にレポート サーバーを構成するには、次の操作を行います。

  • SMTP サーバーと、電子メールを送信する権限を持つユーザー アカウントを指定するだけの場合は、Reporting Services 構成ツールを使用します。これらは、レポート サーバーの電子メール配信拡張機能を構成するために最低限必要な設定です。詳細については、「レポート サーバーを電子メール配信用に構成する方法 (Reporting Services 構成)」を参照してください。

  • (省略可能) テキスト エディタを使用して、RSreportserver.config ファイルで追加の設定を指定します。このファイルには、レポート サーバーの電子メール配信の構成設定がすべて含まれています。ローカル SMTP サーバーを使用する場合や、電子メールの配信を特定のホストに限定する場合は、これらのファイルで追加の設定を指定する必要があります。構成ファイルの検索と変更の詳細については、SQL Server オンライン ブックの「Reporting Services の構成ファイルを変更する方法」を参照してください。

注意注意

レポート サーバーの電子メール設定は CDO に基づいています。特定の設定に関する詳細については、CDO の製品マニュアルを参照してください。

レポート サーバーの電子メール構成の例

次の例は、リモート SMTP サーバーに対する RSreportserver.config ファイルでの設定を示しています。設定に関する説明と有効な値については、「RSReportServer 構成ファイル」または CDO の製品マニュアルを参照してください。

<RSEmailDPConfiguration>
     <SMTPServer>mySMTPServer.Adventure-Works.com</SMTPServer>
     <SMTPServerPort></SMTPServerPort>
     <SMTPAccountName></SMTPAccountName>
     <SMTPConnectionTimeout></SMTPConnectionTimeout>
     <SMTPServerPickupDirectory></SMTPServerPickupDirectory>
     <SMTPUseSSL></SMTPUseSSL>
     <SendUsing>2</SendUsing>
     <SMTPAuthenticate></SMTPAuthenticate>
     <From>my-rs-email-account@Adventure-Works.com</From>
     <EmbeddedRenderFormats>
          <RenderingExtension>MHTML</RenderingExtension>
     </EmbeddedRenderFormats>
     <PrivilegedUserRenderFormats></PrivilegedUserRenderFormats>
     <ExcludedRenderFormats>
          <RenderingExtension>HTMLOWC</RenderingExtension>
          <RenderingExtension>NULL</RenderingExtension>
     </ExcludedRenderFormats>
     <SendEmailToUserAlias>True</SendEmailToUserAlias>
     <DefaultHostName></DefaultHostName>
     <PermittedHosts>
          <HostName>Adventure-Works.com</HostName>
          <HostName>hotmail.com</HostName>
     </PermittedHosts>
</RSEmailDPConfiguration>

メッセージの [宛先] フィールドを設定するための構成オプション

"個別のサブスクリプションを管理" タスクで与えられる権限に従って作成されたユーザー定義サブスクリプションには、ドメイン ユーザー アカウントに基づく定義済みのユーザー名が含まれます。ユーザーがサブスクリプションを作成すると、[宛先] フィールドの受信者名は、サブスクリプションの作成者のドメイン ユーザー アカウントを使用して自動的に指定されます。

使用している SMTP サーバーまたはフォワーダで、ドメイン ユーザー アカウントとは別の電子メール アカウントを利用している場合、SMTP サーバーからそのユーザーにレポートの配信が試行されたときに配信が失敗します。

この問題に対処するには、ユーザーが [宛先] フィールドに名前を入力できるように構成設定を変更します。

  1. テキスト エディタで RSReportServer.config を開きます。

  2. SendEmailToUserAlias を False に設定します。

  3. DefaultHostName を SMTP サーバーまたはフォワーダのドメイン ネーム システム (DNS) 名または IP アドレスに設定します。

  4. このファイルを保存します。

リモート SMTP サービスの構成オプション

レポート サーバーと SMTP サーバーまたはフォワーダの間の接続は、次の構成設定によって決まります。

  • SendUsing では、メッセージを送信する方法を指定します。ネットワーク SMTP サービスまたはローカル SMTP サービスのピックアップ ディレクトリを選択できます。リモート SMTP サービスを使用するには、RSReportServer.config ファイルでこの値を 2 に設定する必要があります。

  • SMTPServer では、リモート SMTP サーバーまたはフォワーダを指定します。リモート SMTP サーバーまたはフォワーダを使用している場合には、この値は必須です。

  • From には、電子メール メッセージの [差出人] 行に使用する値を設定します。リモート SMTP サーバーまたはフォワーダを使用している場合には、この値は必須です。

リモート SMTP サービスで使用する他の値としては、次のものがあります (既定値を変更するのでない限り、これらの値を指定する必要はありません)。

  • SMTPServerPort は、ポート 25 に構成します。

  • SMTPAuthenticate では、レポート サーバーがリモート SMTP サーバーに接続する方法を指定します。既定値は 0 (認証なし) です。この場合、接続は匿名アクセスをとおして行われます。ドメインの構成によっては、レポート サーバーと SMTP サーバーが同じドメインのメンバであることが必要になる場合があります。

    制限付きの配信リスト (たとえば、認証されたアカウントからの着信メッセージだけを受け付ける配信リスト) に電子メールを送信するには、SMTPAuthenticate2 に設定します。

ローカル SMTP サービスの構成オプション

レポート サーバー電子メール配信のテストまたはトラブルシューティングを行う場合は、ローカル SMTP サービスの構成が役に立ちます。既定ではローカル SMTP サービスは無効になっています。有効にする方法については、「レポート サーバーを電子メール配信用に構成する方法 (Reporting Services 構成)」を参照してください。

レポート サーバーとローカル SMTP サーバーまたはフォワーダの間の接続は、次の構成設定によって決まります。

  • SendUsing1 に設定します。

  • SMTPServerPickupDirectory には、ローカル ドライブのフォルダを設定します。

    注意注意

    ローカル SMTP サーバーを使用する場合は、SMTPServer を設定しないでください。

  • From には、電子メール メッセージの [差出人] 行に使用する値を設定します。この値は必須です。