ログのプロパティ

MicrosoftSQL ServerAnalysis Services では、次の表に示すログ サーバー プロパティがサポートされています。Analysis Services のインスタンスに関してこれらのプロパティを表示または変更するには、SQL Server Management Studio で Analysis Services インスタンスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

全般

  • File
    サーバーのログ ファイルの名前を識別する文字列プロパティです。このプロパティは、データベース テーブル (既定の動作) ではなく、ディスク ファイルがログ記録に使用される場合にのみ適用されます。

    このプロパティの既定値は msmdsrv.log です。

  • FileBufferSize
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • MessageLogs
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

エラー ログ

  • ErrorLog\ErrorLogFileName
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\ErrorLogFileSize
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\IgnoreDataTruncation
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\KeyErrorAction
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\KeyErrorLimit
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\KeyErrorLimitAction
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\KeyErrorLogFile
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\ LogErrorTypes\KeyNotFound
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\ LogErrorTypes\KeyDuplicate
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\ LogErrorTypes\NullKeyConvertedToUnknown
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

  • ErrorLog\ LogErrorTypes\NullKeyNotAllowed
    サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。

例外

  • Exception\CreateAndSendCrashReports
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Exception\CrashReportsFolder
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Exception\SQLDumperFlagsOn
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Exception\SQLDumperFlagsOff
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Exception\MiniDumpFlagsOn
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Exception\MinidumpErrorList
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

フライト レコーダ

  • FlightRecorder\Enabled
    フライト レコーダ機能が有効かどうかを示すブール型プロパティです。

  • FlightRecorder\FileSizeMB
    フライト レコーダのディスク ファイルのサイズを MB 単位で定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。

  • FlightRecorder\LogDurationSec
    フライト レコーダがロール オーバーされる頻度を秒単位で定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。

  • FlightRecorder\SnapshotDefinitionFile
    スナップショット定義ファイルの名前を定義する文字列プロパティです。このファイルには、スナップショットの取得時にサーバーに発行される検出コマンドが含まれています。

    このプロパティの既定値は空白です。その場合、既定で使用されるファイル名は FlightRecorderSnapshotDef.xml になります。

  • FlightRecorder\SnapshotFrequencySec
    スナップショットの頻度を秒単位で定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。

  • FlightRecorder\TraceDefinitionFile
    フライト レコーダのトレース定義ファイルの名前を指定する文字列プロパティです。

    このプロパティの既定値は空白です。その場合、既定で使用されるファイル名は FlightRecorderTraceDef.xml になります。

クエリ ログ

  • QueryLog\QueryLogFileName
    クエリ ログ ファイルの名前を指定する文字列プロパティです。このプロパティは、データベース テーブル (既定の動作) ではなく、ディスク ファイルがログ記録に使用される場合にのみ適用されます。

  • QueryLog\QueryLogSampling
    クエリ ログのサンプリング レートを指定する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。

    このプロパティの既定値は 10 であり、10 回のサーバー クエリごとに 1 回がログ記録されることを意味します。

  • QueryLog\QueryLogFileSize
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • QueryLog\QueryLogConnectionString
    クエリ ログ データベースへの接続を指定する文字列プロパティです。

  • QueryLog\QueryLogTableName
    クエリ ログ テーブルの名前を指定する文字列プロパティです。

    このプロパティの既定値は OlapQueryLog です。

  • QueryLog\CreateQueryLogTable
    クエリ ログ テーブルを作成するかどうかを指定するブール型プロパティです。

    このプロパティの既定値は False であり、サーバーによってログ テーブルが自動的に作成されず、クエリ イベントがログ記録されないことを示します。

注意注意

クエリ ログの構成の詳細については、「Analysis Services クエリ ログの構成」を参照してください。

トレース

  • Trace\TraceBackgroundDistributionPeriod
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceBackgroundFlushPeriod
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceFileBufferSize
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceFileWriteTrailerPeriod
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceMaxRowsetSize
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceProtocolTraffic
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceQueryResponseTextChunkSize
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceReportFQDN
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceRequestParameters
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。

  • Trace\TraceRowsetBackgroundFlushPeriod
    詳細プロパティです。Microsoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。