HTML ビューアおよびレポート マネージャのスタイル シートのカスタマイズ

Reporting Services には、HTML ビューアやレポート マネージャの [レポート] ツール バーのスタイルを定義する、既定のカスケード スタイル シート (.css) ファイルが用意されています。Web 開発者、またはカスケード スタイル シート作成に関する専門知識を持つユーザーであれば、各自の責任で既定のスタイルを変更し、色、フォント、およびツール バーやレポート マネージャのレイアウトを変えることができます。このリリースでは、既定のスタイル シートについても、そのスタイル シートの変更手順についても説明していません。

スタイル シートの変更に誤りがあると、レポートを開いたときにエラーが発生する可能性があります。スタイル シートの変更方法がわからない場合は、既定のスタイル シートを使用してください。スタイル シートをカスタマイズする場合は、変更を行う前に、既定のすべての .css ファイルのバックアップを作成してください。

スタイル シートを変更しても、レポート サーバーで実行するパブリッシュされたレポートの外観には影響しません。Reporting Services では、レポートはスタイル シートを参照しません。レポート サーバーによって自動生成されるアドホック レポートは、レポート サーバーのプログラム ファイルに埋め込みリソースとして格納されているスタイル情報を使用します。レポート デザイナで作成するレポートでは、レポート定義で指定したフォント、色、およびレイアウトを使用します。スタイルは、レイアウトのその他の部分と共にインラインで作成されます。

注意注意

定義済みのレポート スタイルを使用する場合は、レポート ウィザードを使用してレポートを作成します。レポート ウィザードには、異なる色の組み合わせやフォントを使用した定型レポートの作成に利用できるさまざまなテーマが用意されています。レポートのテーマを定義するスタイル テンプレートは変更できます。詳細については、「レポート ウィザードを使用したレポートの作成」を参照してください。

Reporting Services のスタイル シート

次の表に、Reporting Services 環境で使用するスタイル シート (.css) ファイルの説明を示します。

スタイル シート

説明

Htmlviewer.css

HTML ビューアの [レポート] ツール バーのカスタム スタイルを作成するためにテンプレートとして使用できるサンプル スタイル シートを提供します。

HTML ビューアが使用する既定のスタイルは、レポート サーバーにコンパイルされます。Htmlviewer.css ファイルは、ビューアが使用するスタイルのサンプルを提供します。

ReportingServices.css

レポート マネージャのスタイルを定義します。

注意注意

スタイル シートの Sql.css および Mailto.css は、レポート マネージャのオンライン ドキュメントに使用され、変更することはできません。その他のスタイル シートは、SharePoint Web パーツで開くレポートおよびレポート マネージャのスタイルを定義します。これらのスタイル シートには、Rswebparts.css、Sp_full.css、および Sp_small.css があります。SharePoint スタイル シートを変更することはお勧めしません。Web パーツの使用方法の詳細については、「SharePoint 2.0 Web パーツによるレポートの表示」を参照してください。

カスタム スタイル シートを使用するための Reporting Services の構成

スタイル シートは、有効なカスケード スタイル シート (.css) ファイルであり、Styles フォルダに格納されていることが必要です。既定では、Styles フォルダは <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.n\Reporting Services\ReportServer\Styles にあります。

実行時に HTML ビューアのカスタム スタイル シートを使用するには、次の方法を選択できます。

  • Reporting Services 構成ファイルに、<HTMLViewerStyleSheet> 設定を追加します。

  • レポートの URL でスタイル シートを指定します。

RSReportServer.config ファイルの変更

RSReportServer.config ファイルを変更して、HTML ビューアのカスタム スタイル シートを指定できます。既定では、<HTMLViewerStyleSheet> 設定はファイルに含まれていません。RSReportServer.config ファイルの <Configuration> セクションにこの設定を入力し、使用するスタイル シートを指定する必要があります。スタイル シートを指定するときには、.css ファイルの拡張子は含めないでください。

次の例は、スタイル シートを指定する方法を示しています。

<Configuration>
...
          <HTMLViewerStyleSheet>MyStyleSheet</HTMLViewerStyleSheet>
...
</Configuration>

レポートの URL でのスタイル シートの指定

rc:StyleSheet URL アクセス パラメータを使用して、レポートの URL でカスタム スタイル シートを指定できます。URL アクセス パラメータを指定する方法の詳細については、「URL アクセス パラメータの使用」を参照してください。

次の例は、カスタム スタイルを追加する方法を示しています。

http://localhost/reportserver?/AdventureWorksSampleReports/Product+Line+Sales&rs:Command=Render&rc:Stylesheet=MyStyleSheet