Java EE のサポートについて

以下のセクションでは、Microsoft SQL Server JDBC Driver が Java Platform, Enterprise Edition 5 (Java EE 5) および JDBC 3.0 のオプションの API 機能をサポートするしくみについて説明します。このヘルプ システムで提供されるソース コード例は、これらの機能を使用するための優れた参考資料となります。

まず、使用している Java 環境 (JDK、JRE) に javax.sql パッケージが含まれていることを確認してください。このパッケージは、オプションの API を使用するすべての JDBC アプリケーションに必須です。JDK 1.5 以降のバージョンには、このパッケージが既に含まれているので、別途インストールする必要はありません。

ドライバ名

このドライバのクラス名は、com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver です。このドライバは sqljdbc.jar ファイルまたは sqljdbc4.jar ファイルに含まれています。

このクラス名は、JDBC DriverManager クラスを使用してドライバを読み込むたびに使用されます。また、ドライバ構成でドライバのクラス名を指定する必要があるときにも使用されます。たとえば、Java EE 5 アプリケーション サーバー内でデータ ソースを構成するには、ドライバのクラス名を入力する必要が生じる場合があります。

データ ソース

この JDBC ドライバは、Java EE 5 または JDBC 3.0 データ ソースをサポートします。この JDBC ドライバの SQLServerXADataSource クラスは、com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerXADataSource によって実装されます。

データ ソース名

データ ソースを使用して、データベース接続を確立できます。次の表は、JDBC ドライバで使用できるデータ ソースを示しています。

データ ソースの種類 クラス名 説明

DataSource

com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDataSource

非プーリング データ ソース。

ConnectionPoolDataSource

com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerConnectionPoolDataSource

JAVA EE 5 アプリケーション サーバー接続プールを構成するデータ ソース。通常は、アプリケーションが JAVA EE 5 アプリケーション サーバー内で実行される場合に使用されます。

XADataSource

com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerXADataSource

JAVA EE 5 XA データ ソースを構成するデータ ソース。通常は、アプリケーションが JAVA EE 5 アプリケーション サーバーおよび XA トランザクション マネージャ内で実行される場合に使用されます。

データ ソースのプロパティ

すべてのデータ ソースは、基になるドライバのプロパティ セットに関連付けられているプロパティを設定または取得する機能をサポートします。

例 :

setServerName("localhost");

setDatabaseName("AdventureWorks");

以下は、アプリケーションがデータ ソースを使用して接続するしくみを示しています。

initialize JNDI ..
Context ctx = new InitialContext(System.getProperties());
...
DataSource ds = (DataSource) ctx.lookup("MyDataSource");
Connection c = ds.getConnection("user", "pwd");

データ ソース プロパティの詳細については、「データ ソースのプロパティの設定」を参照してください。

参照

その他の技術情報

JDBC ドライバの概要