データベース ミラーリングと SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス

フェールオーバー クラスターは、リソース グループと呼ばれる Microsoft Cluster Service (MSCS) クラスター グループに含まれる、クラスターのノードに参加している物理ディスクのうち、1 つ以上を組み合わせたものです。 リソース グループは、SQL Server のインスタンスをホストするフェールオーバー クラスター インスタンスとして構成されます。 SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスはネットワーク上では 1 台のコンピューターのように認識されますが、あるノードが利用できなくなった場合に、別のノードへフェールオーバーする機能を備えています。 詳細については、「AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)」を参照してください。

フェールオーバー クラスターにより、Microsoft SQL Server インスタンス全体の高可用性が確保されます。一方、データベース ミラーリングは、1 つのデータベースの高可用性を確保します。 データベース ミラーリングは、フェールオーバー クラスター間のほか、フェールオーバー クラスターと非クラスター化ホスト間でも機能します。

注意

データベース ミラーリングの概要については、「データベース ミラーリング (SQL Server)」を参照してください。

ミラーリングおよびクラスタリング

通常、ミラーリングとクラスタリングを併せて使用する場合は、プリンシパル サーバーもミラー サーバーもクラスター上に配置し、プリンシパル サーバーとミラー サーバーをそれぞれ異なるクラスターのフェールオーバー クラスター インスタンス上で実行します。 ただし、パートナーの一方をクラスター内のフェールオーバー クラスター インスタンスに配置し、もう一方を別の非クラスター化コンピューターに配置するというミラーリング セッションを確立することもできます。

クラスターのフェールオーバーによりプリンシパル サーバーが一時的に利用できなくなった場合、データベースへのクライアント接続は切断されます。 クラスター フェールオーバーが完了すると、クライアントは、動作モードに応じて同じクラスター、別のクラスター、または非クラスター化コンピューター上のプリンシパル サーバーに再接続できるようになります。 そのため、クラスター化環境でデータベース ミラーリングをどのように構成するかを決める場合は、ミラーリングで使用する動作モードが大きな意味を持ちます。

自動フェールオーバーを伴う高い安全性モードのセッション

自動フェールオーバーを伴う高い安全性モードのデータベースをミラー化する場合は、パートナーに 2 クラスター構成を使用することをお勧めします。 この構成であれば、最高の可用性が得られます。 ミラーリング監視サーバーは、別のクラスターに配置するか、非クラスター化コンピューターに配置できます。

現在のプリンシパル サーバーを実行しているノードで障害が発生した場合は、クラスターの別のノードへのフェールオーバーが進められている間に、データベースの自動フェールオーバーが数秒のうちに開始されます。 データベース ミラーリング セッションは、もう一方のクラスターにあるミラー サーバー、または非クラスター化コンピューターにフェールオーバーされ、これまでミラー サーバーであったサーバーがプリンシパル サーバーになります。 新しいプリンシパル サーバーは、可能な限り短時間でそのサーバーにあるデータベースのコピーをロールフォワードし、プリンシパル データベースとしてこれをオンラインにします。 クラスターのフェールオーバーが完了すると (通常、数分で完了します)、それまでプリンシパル サーバーであったフェールオーバー クラスター インスタンスがミラー サーバーになります。

次の図は、ミラーリング監視サーバー (自動フェールオーバーをサポート) を配置した高い安全性モードで運用されているミラーリング セッションにおけるクラスター間の自動フェールオーバーを表しています。

クラスターでのフェールオーバー

ミラーリング セッションを構成する 3 つのサーバー インスタンスが、それぞれ異なるクラスター Cluster_ACluster_B、および Cluster_C に配置されています。 各クラスターでは、SQL Server の既定のインスタンスが SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスとして実行されています。 ミラーリング セッションが開始されると、Cluster_A のフェールオーバー クラスター インスタンスはプリンシパル サーバー、Cluster_B のフェールオーバー クラスター インスタンスはミラー サーバー、Cluster_C のフェールオーバー クラスター インスタンスはミラーリング監視サーバーとして機能します。 ここで、Cluster_A でのアクティブなノードで障害が発生し、プリンシパル サーバーが利用できなくなったとします。

クラスターがフェールオーバーを行う前に、ミラーリング監視サーバーを併用することにより、プリンシパル サーバーが使用できなくなったことがミラー サーバーによって検出されます。 ミラー サーバーは、可能な限り短時間でこのサーバーにあるデータベースをロールフォワードし、プリンシパル データベースとしてこれをオンラインにします。 Cluster_A のフェールオーバーが完了すると、これまでのプリンシパル サーバーは現在はミラー サーバーになり、このサーバーのデータベースが Cluster_B の現在のプリンシパル データベースと同期されます。

自動フェールオーバーを伴わない高い安全性モードのセッション

自動フェールオーバーを伴わない高い安全性モードのデータベースをミラー化する場合は、現在のプリンシパル サーバーを実行しているノードで障害が発生すると、クラスター内の別のノードがプリンシパル サーバーとして機能するようになります。 クラスターが利用できない間は、データベースも利用できないことに注意してください。

高パフォーマンス モードのセッション

高パフォーマンス モードのデータベースをミラー化する場合は、プリンシパル サーバーをクラスター上のフェールオーバー クラスター インスタンスに、ミラー サーバーをリモートの非クラスター化サーバーに配置することをお勧めします。 クラスターが別のノードにフェールオーバーした場合、ミラーリング セッションではフェールオーバー クラスター インスタンスが引き続きプリンシパル サーバーとして機能します。 クラスター全体に問題がある場合、ミラー サーバーにサービスを強制できます。

新しい SQL Server 2005 フェールオーバー クラスターをセットアップするには

データベース ミラーリングをセットアップするには

関連項目

概念

データベース ミラーリング (SQL Server)

データベース ミラーリングの動作モード

AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)