ExtADSch.exe を使用した Active Directory スキーマの拡張方法

適用対象: System Center Configuration Manager 2007, System Center Configuration Manager 2007 R2, System Center Configuration Manager 2007 R3, System Center Configuration Manager 2007 SP1, System Center Configuration Manager 2007 SP2

Configuration Manager 2007 インストール メディアの SMSSETUP\BIN\I386 フォルダにある ExtADSch.exe ファイルを実行して Active Directory スキーマを拡張できます。 ExtADSch.exe ファイルは、実行時に出力を表示しませんが、システム ドライブのルートに extadsch.log というログ ファイルを生成します。このログ ファイルは、スキーマの更新が正常に完了したか、スキーマの拡張中に問題が発生したかを示します。

注意

ログ ファイルの生成のほかに、Configuration Manager 2007 SP2 に組み込まれている ExtADSch.exe プログラムのバージョンをコマンド ラインから実行した場合、コマンド コンソールのフィードバックが提供されるようになりました。

ExtADSch.exe を使用して Configuration Manager 用に Active Directory スキーマを拡張するときは、次の制限事項に注意してください。

  • ExtADSch.exe ユーティリティを Windows 2000 ベースのコンピュータでローカルに実行することはサポートされません。Active Directory スキーマを Windows 2000 ベースのコンピュータでローカルで拡張するには、ConfigMgr_ad_schema.ldf ファイルを使用する必要があります。 .ldf ファイルを使用して Configuration Manager 用に Active Directory スキーマを拡張する方法の詳細については、「LDIF ファイルを使用した Active Directory スキーマの拡張方法」を参照してください。

  • Windows Vista ワークステーションで ExtADSch.exe を実行して Active Directory スキーマを拡張する場合は、システム ドライブのルートに extadsch.log を作成するために、ローカル管理者アクセス許可を持つアカウントでワークステーションにログインする必要があります。

ExtADSch.exe を使用して Active Directory スキーマを拡張するには

  1. NTBACKUP ユーティリティを使用して、スキーマ マスタ ドメイン コントローラのシステム状態のバックアップを作成します。 NTBACKUP ユーティリティを起動するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、「ntbackup」 と入力します。

  2. スキーマ管理セキュリティ グループのメンバであるアカウントで、スキーマ マスタ ドメイン コントローラにログオンしていることを確認します。

    重要

    正常にスキーマを拡張するには、スキーマ管理セキュリティ グループのメンバとしてログオンする必要があります。 [別のユーザーとして実行] コマンドで ExtADSch.exe ファイルを実行して、別の資格情報を使用してスキーマを拡張しようとすると、失敗します。

  3. スキーマ マスタ ドメイン コントローラをネットワークから切断します。

  4. インストール メディアの \SMSSETUP\BIN\I386 にある extadsch.exe を実行して、新しいクラスと属性を Active Directory スキーマに追加します。

  5. システム ドライブのルートにある extadsch.log を確認することにより、スキーマの拡張が成功したことを確認します。

  6. スキーマの拡張手順が正常に完了した場合は、スキーマ マスタ ドメイン コントローラをネットワークに再接続し、Active Directory フォレスト内のすべてのグローバル カタログ サーバーにスキーマの拡張をレプリケートすることを許可します。

  7. スキーマの拡張手順が正常に完了しなかった場合は、手順 1 で作成したバックアップを使用してスキーマ マスタの以前のシステム状態を復元します。これにより、スキーマを拡張する操作が取り消され、スキーマ マスタ ドメイン コントローラがネットワークに再接続されます。

    注意

    Windows ドメイン コントローラでシステム状態を復元するには、システムをディレクトリ サービス復元モードで再起動する必要があります。 ディレクトリ サービス復元モードの詳細については、「ローカルからドメイン コントローラをディレクトリ サービス復元モードで再起動する」(英語) http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=75622を参照してください。

参照:

タスク

LDIF ファイルを使用した Active Directory スキーマの拡張方法

その他のリソース

Configuration Manager に対して Active Directory スキーマを拡張する方法