Configuration Manager でのブート イメージの管理方法

 

適用対象: System Center 2012 Configuration Manager,System Center 2012 Configuration Manager SP1,System Center 2012 Configuration Manager SP2,System Center 2012 R2 Configuration Manager,System Center 2012 R2 Configuration Manager SP1

System Center 2012 Configuration Manager 環境でブート イメージを管理するには、このトピックの手順に従います。 オペレーティング システムを展開するときに、これらのイメージを使用して対象コンピューターをブートできます。

ブート イメージを管理するときは、以下のセクションを参照してください。

  • ブート イメージを追加する方法

  • ブート イメージの配布先を指定する方法

  • ブート イメージを変更する方法

  • ブート イメージの展開のために複数の言語を構成する

  • ブート イメージを管理するためのその他の操作

ブート イメージを追加する方法

サービス パックが適用されていない Configuration Manager のブート イメージは、Windows 7 に基づく Windows PE を使用し、Windows 自動インストール キット (Windows AIK) を使用して作成されます。Configuration Manager SP1 以降、ブート イメージは、Windows 8 に基づく Windows PE を使用し、Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) を使用して作成されます。 適切なツールを使用して作成しなかったブート イメージを追加しようとすると、エラーが発生します。 たとえば、Configuration Manager SP1 では、Windows AIK を使用して作成されたイメージを追加しようとすると、エラーが発生します。 また、Windows ADK を使用して作成したブート イメージを使用するタスク シーケンスを、サービス パックが適用されていない Configuration Manager を実行するサイトに展開すると、そのタスク シーケンスは失敗します。Configuration Manager SP1 およびサービス パックが適用されていない Configuration Manager の両方を実行するサイトがある Configuration Manager 階層内のブート イメージの詳細については、「オペレーティング システムの展開の相互運用性に関する計画」を参照してください。

各バージョンの Microsoft System Center 2012 Configuration Manager が、Windows 自動インストール キット (Windows AIK)、または Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) の特定のバージョンで作成したブート イメージをサポートしています。 サイトのインストール中に、Configuration Manager は、Windows AIK または Windows ADK のサポートされているバージョンから、Windows PE のバージョンに基づくブート イメージを自動的に追加します。Configuration Manager のバージョンによっては、サポートされているバージョンの Windows AIK または Windows ADK とは異なるバージョンの Windows PE ブート イメージを追加できる場合があります。 次の表に、Configuration Manager のバージョン、Windows AIK または Windows ADK のサポートされているバージョン、サイトのインストール中に Configuration Manager によって Configuration Manager コンソールに追加される Windows PE ブート イメージのバージョン、Configuration Manager コンソールに自分で追加できる Windows PE ブート イメージのバージョンを示します。

Configuration Manager のバージョン

Windows AIK または Windows ADK のバージョン

サイトのインストール中に Configuration Manager によって Configuration Manager コンソールに追加される Windows PE ブート イメージのバージョン

Configuration Manager コンソールに自分で追加できる Windows PE ブート イメージのバージョン

System Center 2012 Configuration Manager (サービス パックなし)

Windows AIK for Windows 7

Windows PE 3

なし

System Center 2012 Configuration Manager SP1

Windows 8 用 Windows ADK

Windows PE 4

なし

System Center 2012 Configuration Manager SP1、累積的な更新プログラム 2 適用済み

Windows 8 用 Windows ADK

Windows PE 4

Windows PE 3.11

System Center 2012 Configuration Manager SP1、累積的な更新プログラム 3 適用済み

Windows 8 用 Windows ADK

Windows PE 4

Windows PE 3.11 および Windows PE 5

System Center 2012 R2 Configuration Manager

Windows 8.1 用 Windows ADK

Windows PE 5

Windows PE 3.11

1 Windows PE 3.1 のブートイメージしか Configuration Manager に追加することができません。 Windows AIK for Windows 7 (Windows PE 3 の構築用) を Windows AIK Supplement for Windows 7 SP1 (Windows PE 3.1 の構築用) にアップグレードしてください。 Windows AIK Supplement for Windows 7 SP1 は、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ブート イメージを追加するには、ブート イメージ ファイル (.WIM ファイル) が配置されている場所へのパスを把握している必要があります。 WIM ファイルに複数のブート イメージが含まれている場合、追加するブート イメージを WIM ファイルから選択できます。

ブート イメージを追加するには、次の手順に従います。

ブート イメージを追加するには

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。

  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで [オペレーティング システム] を展開し、[ブート イメージ] をクリックします。

  3. [ホーム] タブの [作成] グループで、[ブート イメージの追加] をクリックし、ブート イメージの追加ウィザードを開始します。

  4. [データ ソース] ページで以下のオプションを指定し、[次へ] をクリックします。

    - \[パス\] ボックスで、ブート イメージの WIM ファイルへのパスを指定します。 \[参照\] をクリックして、特定のブート イメージ ファイルを見つけます。
    
      このパスは、UNC 形式の有効なネットワーク パスでなければなりません。 例: **\\\\servername\\\<sharename\>\\bootimage.wim**。
    
    - \[ブート イメージ\] ドロップダウン リストから必要なブート イメージを選択します。 WIM ファイルに複数のブート イメージが含まれている場合は、それぞれのイメージが一覧表示されます。
    
  5. [全般] ページで、以下のオプションを指定して [次へ] をクリックします。

    - \[**名前**\] ボックスで、ブート イメージの一意の名前を指定します。
    
    - \[**バージョン**\] ボックスで、ブート イメージのバージョン番号を指定します。
    
    - \[**コメント**\] ボックスで、ブート イメージの使用方法について簡単な説明を指定します。
    
  6. ウィザードを完了します。

Configuration Manager コンソールの [ブート イメージ] ノードに、ブート イメージが一覧表示されます。 ただし、ブート イメージを使用してオペレーティング システムを展開する前に、配布ポイント、配布ポイント グループ、または配布ポイント グループに関連付けられているコレクションにブート イメージを配布する必要があります。

[!メモ]

Configuration Manager コンソールで [ブート イメージ] ノードを選択すると、[サイズ (KB)] 列に、各ブート イメージの圧縮解除後のサイズが表示されます。 ただし、Configuration Manager がネットワーク経由でブート イメージを送信する際は、イメージの圧縮コピーを送信します。このコピーは通常、[サイズ (KB)] 列に示されているサイズよりもはるかに小さいサイズです。

ブート イメージの配布先を指定する方法

ブート イメージを配布するには、Configuration Manager クライアントがブート イメージにアクセスする場所を指定する必要があります。 単一の配布ポイント、配布ポイント グループ、または配布ポイント グループに関連付けられているコレクションを指定できます。Configuration Manager でのコンテンツ配布の詳細については、「配布ポイントのコンテンツの配布」を参照してください。

ブート イメージの配布先を指定するには、次の手順に従います。

ブート イメージの配布先を指定するには

  1. [ブート イメージ] ノードで、展開するブート イメージ オブジェクトを選択します。

  2. [ホーム] タブの [展開] グループで [コンテンツの配布] をクリックして、コンテンツの配布ウィザードを起動します。

  3. [全般] ページの [コンテンツ] ボックスで、配布するブート イメージを選択し、[次へ] をクリックします。

  4. [コンテンツの配布先] ページで [追加] をクリックしてから、[コレクション]、[配布ポイント]、または [配布ポイント グループ] を選択して、配布ポイント グループに関連付けられている利用可能なコレクションの一覧、配布ポイント、および配布ポイント グループを表示します。

  5. ブート イメージを配布するコレクション、配布ポイント、および配布ポイント グループを選択して、[OK] をクリックします。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. ウィザードを完了します。

ブート イメージを変更する方法

[ブート イメージ] ノードの下に表示されるブート イメージの設定を変更できます。 これには、ユーザーが作成するブート イメージ、および Configuration Manager によって提供される既定のブート イメージが含まれます。 これらの設定を構成するには、目的のブート イメージ オブジェクトの [プロパティ] ページを使用します。

[プロパティ] ページの [全般] タブの [名前] 設定、[バージョン] 設定、[コメント] 設定など、多くのブートイメージ設定には分かりやすい名前がついています。 ブート イメージのプロパティを変更するには、次の手順に従います。

ブート イメージのプロパティを変更するには

  1. Configuration Manager コンソールで、[ソフトウェア ライブラリ] をクリックします。

  2. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで [オペレーティング システム] を展開し、[ブート イメージ] をクリックします。

  3. 変更するブート イメージを選択します。

  4. [ホーム] タブの [プロパティ] グループで [プロパティ] をクリックして、ブート イメージの [プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

  5. ブート イメージの動作を変更するには、以下の設定を行います。

    - 外部ツールを使用してブート イメージのプロパティを変更した場合は、\[イメージ\] タブで \[再読み込み\] をクリックします。
    
    - \[ドライバー\] タブで、Windows PE をブートするために必要な Windows デバイス ドライバーを追加します。 デバイス ドライバーを追加する際には、以下の点を考慮してください。
    
        - 他のドライバーを Windows PE に含める要件がない場合は、最適な方法として、NIC ドライバーと大容量記憶装置ドライバーのみブート イメージに追加します。
    
        - Windows PE には多くの組み込みドライバーが既に付属しているため、Windows PE で提供されない NIC ドライバーと大容量記憶装置ドライバーのみ追加します。
    
        - ブート イメージに追加するドライバーが Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のドライバーであり、ブート イメージのアーキテクチャと一致していることを確認します。
    
        - System Center 2012 Configuration Manager SP2 以降:
    
          **ブート イメージのアーキテクチャと一致しないドライバーを非表示にする**:この設定を使用して、ブート イメージのアーキテクチャに対応するドライバーだけを表示します。 アーキテクチャは、製造元から .INF で報告されるアーキテクチャに基づいています。
    
        - System Center 2012 Configuration Manager SP2 以降:
    
          **ストレージまたはネットワークのクラスに含まれていないドライバーを非表示にする (ブート イメージの場合)**:この設定を使用して、ストレージとネットワーク ドライバーのみを表示し、ビデオ ドライバーまたはモデム ドライバーなど、通常ブート イメージに必要でない他のドライバーを非表示にします。
    
        - System Center 2012 Configuration Manager SP2 以降:
    
          **デジタル署名されていないドライバーを非表示にする**:この設定を使用して、デジタル署名されていないドライバーを非表示にします。
    
      <div class="alert">
    
    
      > [!メモ]
      > <P>ブート イメージに追加する前に、デバイス ドライバーをドライバー カタログにインポートする必要があります。 デバイス ドライバーをインポートする方法の詳細ついては、「<A href="hh301101(v=technet.10).md">ドライバー カタログに Windows デバイス ドライバーをインポートする方法</A>」の「<A href="hh301101(v=technet.10).md">Configuration Manager でのドライバー カタログの管理方法</A>」セクションを参照してください。</P>
    
    
      </div>
    
    - \[カスタマイズ\] タブで、以下の設定を選択します。
    
        - \[起動前コマンドを有効にする\] チェック ボックスをオンにして、タスク シーケンスを実行する前に実行するコマンドを指定します。 起動前コマンドを有効にすると、実行するコマンド ライン、コマンドの実行にサポート ファイルが必要かどうか、およびそれらのサポート ファイルのソースの場所を指定できます。
    
          <div class="alert">
    
          <table>
          <colgroup>
          <col style="width: 100%" />
          </colgroup>
          <thead>
          <tr class="header">
          <th><img src="images/Hh427340.s-e6f6a65cf14f462597b64ac058dbe1d0-system-media-system-caps-tip(TechNet.10).jpeg" title="System_CAPS_tip" alt="System_CAPS_tip" />ヒント</th>
          </tr>
          </thead>
          <tbody>
          <tr class="odd">
          <td><p>コマンド ラインの先頭に <strong>cmd /c</strong> を追加すると、メディア上の起動前コマンド ファイルの正確な場所を指定する必要がなくなります。</p></td>
          </tr>
          </tbody>
          </table>
    
          </div>
    
          <div class="alert">
    
          <table>
          <colgroup>
          <col style="width: 100%" />
          </colgroup>
          <thead>
          <tr class="header">
          <th><img src="images/Hh427340.s-e6f6a65cf14f462597b64ac058dbe1d0-system-media-system-caps-tip(TechNet.10).jpeg" title="System_CAPS_tip" alt="System_CAPS_tip" />ヒント</th>
          </tr>
          </thead>
          <tbody>
          <tr class="odd">
          <td><p>タスク シーケンス メディアの作成中に、パッケージ ID と起動前コマンドライン (タスク シーケンスの変数の値を含む) が、Configuration Manager コンソールを実行しているコンピューターの CreateTSMedia.log というログファイルに書き込まれます。 このログ ファイルで、タスク シーケンスの変数の値を確認できます。</p></td>
          </tr>
          </tbody>
          </table>
    
          </div>
    
        - \[Windows PE の背景\] 設定を構成して、既定の Windows PE の背景またはカスタムの背景のいずれを使用するのかを指定します。
    
        - ブート イメージの展開時に F8 キーを使用してコマンド プロンプトを開くには、\[コマンド サポートを有効にする (テストのみ)\] チェック ボックスをオンにします。 これは、展開をテストする際のトラブルシューティングに役立ちます。 実稼働環境の展開でこの設定を使用することは推奨されません。
    
        - System Center 2012 Configuration Manager SP1 以降:
    
          Windows PE のスクラッチ領域を構成します。これは、Windows PE で使用される一時記憶域 (RAM ドライブ) です。 たとえば、Windows PE 内で実行するアプリケーションが一時ファイルに書き込む必要がある場合、Windows PE はメモリ内のスクラッチ領域にファイルをリダイレクトすることで、ハード ディスクが存在することをシミュレートします。 既定で、Windows PE は 32 メガバイト (MB) の書き込み可能メモリを割り当てています。
    
    - \[データ ソース\] タブで、以下の設定を更新します。
    
        - ブート イメージのソース ファイルを変更するには、\[イメージ パス\] ボックスと \[イメージ インデックス\] ボックスを設定します。
    
        - ブート イメージ パッケージを更新するスケジュールを作成するには、\[スケジュールに従って配布ポイントを更新する\] チェック ボックスをオンにします。
    
        - 別のコンテンツ用の容量を確保するために、このパッケージのコンテンツのクライアント キャッシュを期限切れにする必要がない場合、\[クライアント キャッシュの内容を保持する\] チェック ボックスをオンにします。
    
        - 配布ポイントでブート イメージ パッケージが更新された場合に、変更のあったファイルのみ配布するように指定するには、\[バイナリ差分レプリケーションを有効にする\] チェック ボックスをオンにします。 この設定により、特にブート イメージ パッケージが大きく変更が比較的少ない場合に、サイト間のネットワーク トラフィックを最小限に抑えることができます。
    
        - ブート イメージを PXE 展開で使用する場合、\[このブート イメージを PXE サービスポイントから展開する\] チェック ボックスをオンにします。
    
          <div class="alert">
    
    
          > [!メモ]
          > <P>PXE 展開の詳細については、「<A href="hh397405(v=technet.10).md">Configuration Manager の PXE ブートによるオペレーティング システムの展開計画</A>」を参照してください。</P>
    
    
          </div>
    
    - \[データ アクセス\] タブで、以下の設定を選択します。
    
        - クライアントでこのパッケージのコンテンツをネットワークからインストールする場合は、\[パッケージ共有の設定\] を設定します。
    
        - \[**パッケージの更新設定**\] を設定して、Configuration Manager に配布ポイントからユーザーを切断する方法を指定します。 ユーザーが配布ポイントに接続されていると、Configuration Manager がブート イメージを更新できない場合があります。
    
    - \[配布の設定\] タブで、以下の設定を選択します。
    
        - \[**配布の優先順位**\] リストに、複数のパッケージを同じ配布ポイントに配布する場合、Configuration Manager に従わせる優先レベルを指定します。
    
        - 優先配布ポイントへのオンデマンドのコンテンツ配布を有効にする場合、\[このパッケージのコンテンツを優先配布ポイントに配布する\] チェック ボックスをオンにします。 この設定を有効にすると、クライアントがパッケージのコンテンツを要求し、そのコンテンツが優先配布ポイントにないときは、管理ポイントはすべての優先配布ポイントにコンテンツを配布します。
    
          <div class="alert">
    
    
          > [!メモ]
          > <P>優先配布ポイントおよびオンデマンド コンテンツの詳細については、「<A href="gg712321(v=technet.10).md">Configuration Manager のコンテンツ管理の計画</A>」トピックの「<A href="gg712321(v=technet.10).md">優先配布ポイントと代替の配布ポイントの計画</A>」セクションを参照してください。</P>
    
    
          </div>
    
        - \[事前設定された配布ポイントの設定\] を設定して、事前設定済みコンテンツが有効になっている配布ポイントにブート イメージを配布する方法を指定します。
    
          <div class="alert">
    
    
          > [!メモ]
          > <P>事前設定済みコンテンツの詳細については、「<A href="gg712694(v=technet.10).md">Configuration Manager のコンテンツ管理の操作とメンテナンス</A>」トピックの「<A href="gg712694(v=technet.10).md">コンテンツの事前設定</A>」セクションを参照してください。</P>
    
    
          </div>
    
    - \[コンテンツの場所\] タブで、配布ポイントまたは配布ポイント グループを選択して、次の操作を実行します。
    
        - 選択した配布ポイントまたは配布ポイント グループに再度ブート イメージを配布するには、\[再配布\] をクリックします。
    
        - 選択した配布ポイントまたは配布ポイント グループのブート イメージ パッケージの整合性を確認するには、\[検証\] をクリックします。
    
    - System Center 2012 Configuration Manager SP1 以降:
    
      \[**オプション コンポーネント**\] タブで、Configuration Manager で使用するために Windows PE に追加するコンポーネントを指定します。 使用できるオプションのコンポーネントの詳細については、[Windows 8 ドキュメント ライブラリ](http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=264385) の「[オプション コンポーネントを含む Windows PE イメージの構築](http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=264386)」トピックを参照してください。
    
    - \[セキュリティ\] タブで、管理ユーザーを選択して、その管理ユーザーが実行できる操作を変更します。
    
  6. プロパティを構成したら、[OK] をクリックします。

ブート イメージの展開のために複数の言語を構成する

System Center 2012 Configuration Manager SP1 以降:

サービス パックが適用されていない Configuration Manager で、Windows PE の場合、タスク シーケンスによるテキストは常に Windows PE の言語で表示されます。 複数の言語をサポートするには、複数のブート イメージを作成および展開する必要があります。

Configuration Manager SP1 以降、ブート イメージは言語に依存しなくなりました。 そのため、Windows PE で、Windows PE のオプションのコンポーネントから適切な言語のサポートを含め、表示できる言語を示す適切なタスク シーケンス変数を設定すると、複数の言語でタスク シーケンス テキストを表示するブート イメージを使用できます。 展開するオペレーティング システムの言語は、Configuration Manager のバージョンにかかわらず、Windows PE の場合に表示される言語には依存しません。 ユーザーに表示される言語は、次のように決定されます。

  • ユーザーが既存のオペレーティング システムからタスク シーケンスを実行すると、Configuration Manager はユーザー用に構成された言語を自動的に使用します。 必須の展開期限の結果としてタスク シーケンスが自動的に実行された場合、Configuration Manager はオペレーティング システムの言語を使用します。

  • PXE またはメディアを使用するオペレーティング システム展開の場合、起動前コマンドの一部として SMSTSLanguageFolder 変数で言語 ID 値を設定できます。 コンピューターを Windows PE で起動すると、変数で指定した言語でメッセージが表示されます。 指定したフォルダーの言語リソース ファイルにアクセスできない場合、または変数を設定しなかった場合、メッセージは Windows PE の言語で表示されます。

    [!メモ]

    メディアがパスワードで保護されている場合、パスワードの入力をユーザーに求めるテキストは、常に Windows PE の言語で表示されます。

PXE またはメディアから開始されたオペレーティング システムの展開の場合、次の手順で Windows PE の言語を設定します。

PXE またはメディアから開始されたオペレーティング システムの展開の場合に Windows PE の言語を設定するには

  1. ブート イメージを更新する前に、適切なタスク シーケンス リソース ファイル (tsres.dll) がサイト サーバーの対応する言語フォルダー内にあることを確認します。 たとえば、英語版のリソース ファイルは <ConfigMgrInstallationFolder> \OSD\bin\x64\00000409\tsres.dll にあります。

  2. 起動前コマンドの一部として、SMSTSLanguageFolder 環境変数を適切な言語 ID に設定します。 言語 ID は、16 進数ではなく 10 進数を使用して指定する必要があります。 たとえば、言語 ID を英語に設定するには、フォルダー名に使用される 16 進数の 00000409 ではなく、10 進数の 1033 を指定します。

ブート イメージを管理するためのその他の操作

ブート イメージの追加と配布先の指定に加えて、[ブート イメージ] 一覧に表示されるブート イメージに対して操作を実行できます。 必要となる操作には、次のようなものがあります。

操作

説明

削除

[ブート イメージ] ノードからイメージを削除できます。また、関連付けられた配布ポイントからイメージを削除することもできます。

配布ポイントの更新

配布ポイントの更新ウィザードが起動します。 この操作で、ブート イメージが配布された配布ポイントのブート イメージを更新します。 パッケージのバージョンが上がり、パッケージ内の変更のあったファイルのみ配布ポイントが更新されます。

事前設定コンテンツ ファイルの作成

ブート イメージのコンテンツを事前設定するために、事前設定コンテンツ ファイルの作成ウィザードを起動します。 事前設定コンテンツ ファイルを作成する方法については、「コンテンツの事前設定」の「Configuration Manager のコンテンツ管理の操作とメンテナンス」を参照してください。

アクセス アカウントの管理

[アクセス アカウントの管理] ダイアログ ボックスを開きます。ここで、ブート イメージにアクセス アカウントを追加したり、アカウントのアクセス権を編集したり、ブート イメージからアクセス アカウントを削除したりできます。

パッケージ アクセス アカウントの詳細については、「Configuration Manager で使用されるアカウントのテクニカル リファレンス」を参照してください。

移動

ブート イメージを別のフォルダーに移動します。