System Center 2012 SP1 で TFS に Operational Issue の WITD を手動でインポートする方法

 

適用対象: System Center 2012 SP1 - Operations Manager

このトピックの情報は、System Center 2012 SP1 のみに適用されます。

System Center 2012 Service Pack 1 (SP1), 、Operations Manager Team Foundation Server (TFS) の統合には、新しい作業項目の種類が導入されています Operational Issue, 、同期を使用する各チーム プロジェクト内に存在する必要があります。 通常、この作業項目の種類の定義 (WITD) は、TFS 作業項目の同期構成ウィザードでインポートできますが、 WITD を手動で直接 TFS にインポートしなければならない場合があります。 Operational Issue の WITD を手動でインポートする必要があるのは、次の場合です。

  • 別の TFS 管理者が TFS の開発プロセス モデルを制御している。

  • TFS 2012 と統合するには、TFS 2010 オブジェクト モデルを実行しています。

  • Operational Issue の WITD が外部プロシージャによって TFS のチーム プロジェクトから削除されているが、引き続きそのチーム プロジェクトと同期したい。

  • 英語以外のバージョンの TFS との同期を構成する。

System_CAPS_caution注意

Operational Issue 作業項目の種類の名前は変更してカスタマイズできますが、「英語以外のバージョンの Team Foundation Server (TFS) または TFS のカスタマイズされたプロセス モデルとの Operations Manager の統合」で説明しているように同期をカスタマイズする必要もあります。

Operational Issue の WITD ファイルを手動でインポートするには

  1. 使用中のバージョンの TFS 向けの適切な Operational Issue WITD を、System Center 2012 SP1 の Operations Manager のインストール メディアの SupportTools フォルダーで探します。 TFS 2010 の場合、ファイル名は OperationalIssue.xml です。 TFS 2012 の場合、ファイル名は OperationalIssue_11.xml です。

  2. TFS で TFS 管理者の資格情報を使って witadmin コマンドライン ツールを実行し、同期に使用する各 TFS プロジェクトに Operational Issue の WITD をインポートします。

    TFS 2010 の例: witadmin importwitd /collection:http://tfs.contoso.com:8080/tfs /p:ProjectName /f:OperationalIssue.xml

    TFS 2012 の例: witadmin importwitd /collection:http://tfs.contoso.com:8080/tfs /p:ProjectName /f:OperationalIssue_11.xml

  3. 同期に使用するチーム プロジェクトごとに、ここまでの手順を繰り返します。