.NET Framework Version 2.0 の新機能します。

[このドキュメントはプレビュー版であり、後のリリースで変更されることがあります。 空白のトピックは、プレースホルダーとして挿入されています。]

Microsoft .NET Framework Version 2.0 は、.NET Framework Version 1.1 の新機能、既存の機能が強化および拡張、ドキュメントを拡張します。 ここではいくつかのキーの追加と変更についてを説明します。

変更をアプリケーションに影響する可能性を分割については、あり変更、.NET Framework で参照してください。

64 ビット プラットフォームのサポート

64 ビット コンピュータの新しい生成は実行速度が向上され 32 ビット アプリケーションに利用できるよりも多くのメモリを利用できるアプリケーションの作成できます。 64 ビット アプリケーションの新しいサポートできますャ l ージ コード ライブラリを構築または 64 ビット コンピュータで簡単にアンマネージ コード ライブラリを使用します。 詳細については、「64 ビット アプリケーション」を参照してください。

アクセス コントロール リストのサポート

アクセス制御リスト (ACL) を使用許可またはへのコンピュータ上のリソースのアクセス許可を拒否してできます。 新しいクラスがマネージ コードを作成および ACL の変更がある .NET Framework に追加されました。 ACL を使用する新しいメンバが、I/O、レジストリ、およびスレッドのクラスに追加されました。

ADO.NET

ADO.NET の新機能ユーザー定義型 (UDT)、非同期データベース操作、XML データの種類、大きな値型、スナップショット分離と SQL Server 2005 で複数のアクティブな結果セット (MARS) をサポートするアプリケーションを許可する新しい属性サポートがあります。 これらおよびその他新しい ADO.NET 機能については、「ADO.NET の新機能」を参照してください。

ASP.NET

Microsoft .NET Framework 2.0 には重要なすべての領域への拡張機能 ASP.NET 用意されています。 Web ページの開発、新しいコントロール簡単になります動的な Web ページによく使用される機能を追加します。 新しいデータ コントロール ドキュメント化を表示およびコードを記述しなくても、ASP.NET Web ページでデータを編集します。 強化されたコード ビハインド モデルより簡単および堅牢に開発の ASP.NET ページをなります。 キャッシュ機能いくつか新しいするため方法を提供を SQL Server データベース内のテーブルにキャッシュ依存関係を構築する機能など、ページをキャッシュします。

今すぐ Web サイトおよびページさまざまな方法でカスタマイズできます。 プロファイルのプロパティを個々 のユーザーのプロパティ値を自動的に追跡する ASP.NET を有効化。 にします。 Web パーツを使用して、ブラウザでユーザーがカスタマイズできるページを作成することができます。 単純なコントロールを使用してナビゲーション メニューを追加できます。

Web サイトの機能の改良点より簡単より高速に担当者の Web サイトを作成できます。 マスタ ページではサイトでは、すべてのページの一貫性のあるレイアウトを作成できますされテーマでは、一貫性のあるやすいコントロールと固定テキストを定義できます。 サイトを保護するためには、ソース ファイル (コード ファイルと.aspx ページで、マークアップの両方) から実行可能コードを生成する Web サイトをプリコンパイルすることができます。 その後、すべてソース情報を含まない、結果の出力運用サーバーに展開できます。 ASP.NET の機能強化には新しいツールおよび Web サイト管理の Web サイトの開発者、サーバー管理者、および hosters やすくクラスが含まれています。

ASP.NET には、さまざまなブラウザとデバイス対応しています。 既定では、コントロールは XHTML 1.1 標準と互換性のある出力をレンダリングします。 別のブラウザの同じコントロールにさまざまなプロパティ値を指定するフィルタ デバイス使用できます。

認証済みストリーム

認証およびセキュリティで保護された情報が、クライアントとサーバー間で転送する新しい NegotiateStreamSslStream クラスのアプリケーションで使用できます。 これらの認証済みストリーム クラスは相互認証、データの暗号化、およびデータ署名をサポートします。 NegotiateStream クラスは、Negotiate セキュリティ プロトコル使用認証します。 SslStream クラスは、SSL (Secure Socket Layer) セキュリティ プロトコル使用認証します。

COM 相互運用機能サービスの拡張機能

4 つの主要な拡張に加えられたクラスと COM の相互運用性をサポートするツール。

  • オペレーティング システムは限られた数の重要なオペレーティング システム リソースを参照するのに使用するハンドルを保持します。 新しい SafeHandleCriticalHandle クラス、および、特殊な派生クラス、オペレーティング システム ハンドルを操作する安全で信頼性の高い手段を提供します。

  • マーシャリング機能強化はネイティブ コードを簡単に相互こと。 相互運用マーシャラは、2 つ拡張機能は、2 つの最も一般的なユーザーの要求を満たします。デリゲートと構造体の内部構造体の配列を固定サイズをマーシャリングする機能にネイティブ関数ポインタをラップする機能。

  • 別のアプリケーション ドメイン内のアプリケーション間の呼び出しのパフォーマンスが一般的な呼び出しの種類ずっと速く行われました。

  • Tlbimp.exe (Type Library Importer) および Tlbexp.exe (タイプ ライブラリ エクスポータ) に新しいスイッチ除去、レジストリをタイプ ライブラリの参照の解決に依存します。 この拡張機能は堅牢なビルド環境を作成する重要です。

コンソール クラスの追加

Console クラスの新しいメンバをアプリケーション、コンソール ウィンドウと画面バッファ; の次元の操作を有効にします。 滑らかな、簡単なアニメーションを実行する場合に役立ちます画面バッファの四角形の領域を移動するには キーが押されるまで入力をコンソールの読み取り中に待機します。 その他新しいクラス メンバは、テキストの表示、カーソル、および周波数のサイズと、コンソールのビープ音の期間の前景色と背景色を制御します。

データ保護 API

新しいデータ保護 API (DPAPI) には、アプリケーションのパスワード、キー、接続文字列の暗号化し、で、呼び出し元のプラットフォームせず起動するをするため次の 4 つのメソッドが含まれます。 Windows Server 2003 またはそれ以降のオペレーティング システムを実行しているコンピュータ上のメモリのブロックを暗号化することもできます。

デバッガ表示属性

方法 Visual Studio が表示されます、クラスまたはメンバ アプリケーションがデバッグ中の場合これで制御できます。 デバッガの表示属性機能では、デバッガで表示する最も有用な情報の識別できます。

編集のデバッガ コンティニュのサポート

.NET Framework 2.0 は中断モードで実行中にソース コードを変更するには、Visual Studio でアプリケーションのデバッグがユーザーをできるエディット コンティニュ機能を reintroduces します。 ソース コードの編集を適用後ユーザー コードの実行を再開し、効果を確認ことができます。 さらに、エディット コンティニュ機能は、Visual Studio でサポートされている任意のプログラミング言語で使用できます。

ネットワーク接続での変更を検出します。

NetworkChange クラスを使用時、ネットワーク カードまたはアダプタとも呼ばれる、ネットワーク インターフェイスのインターネット プロトコル (IP) アドレスの変更通知を受信するアプリケーションできます。 インターフェイス アドレスなどの理由により、ワイヤレス ローカル エリア ネットワーク、またはハードウェアの障害の範囲の外に移動、切断されたネットワーク ケーブルのさまざまな変更できます。 NetworkChange クラスは、変更が検出されるとイベントを発生させるでアドレス変更通知を提供します。

分散コンピューティング

System.Net 名前空間で FTP クライアント要求、HTTP リソース、自動プロキシ検出のキャッシュおよびネットワーク トラフィックと統計情報の取得のサポートを追加されました。 名前空間には、単純な Web サーバーの HTTP 要求に応答を作成する使用できる Web サーバー クラス (HttpListener) が含ま現在れています。 ネットワーク トラフィックを生成するクラスがアプリケーションのデバッグおよび診断トレース情報を出力インストルメントされました。 セキュリティとパフォーマンスの機能強化が、System.Net.Sockets.Socket および System.Uri クラスに追加されています。

System.Web.Services 名前空間、SOAP 1.2 と null 許容要素のサポートが追加されています。

System.Runtime.Remoting.Channels 名前空間、チャネルのセキュリティ機能が追加されています。 TCP チャネルなりました認証および暗号化より負荷分散をサポートするいくつかの新機能。

EventLog の機能強化

今すぐ使用カスタム DLL EventLog メッセージ、パラメータ、およびカテゴリ。

証明書の展開の管理

.NET Framework ではサポートして今すぐいます X.509 証明書ストア、チェーン、および拡張します。 さらをサインインし、確認 X.509 を使用して XML のプラットフォームを使用せずに証明書を呼び出します。 PKCS7 署名と暗号化、および CMS (Microsoft Windows 2000 およびそれ以降のオペレーティング システムで PKCS7 標準のスーパーセット) のサポートもあります。 PKCS7 は署名とデータの暗号化に Secure/Multipurpose Internet Mail Extensions (S/MIME) で使用される基になる形式です。 詳細についてを参照、X509Certificate2 クラス。

FTP のサポート

アプリケーションは、WebRequestWebResponse、および WebClient クラスを使用してファイル転送プロトコル リソースを今すぐアクセスできます。

ジェネリックとジェネリック コレクション

.NET の Framework 2.0 には、柔軟で再利用可能なコードを作成できるようにジェネリックが導入されています。 ジェネリックと呼ばれる一括言語機能のクラス、構造体、インターフェイス、メソッド、およびデリゲートを宣言および特定の種類ではなく指定されていない場合、または汎用の型パラメータで定義されたを許可するテンプレートを果たします。 ジェネリックを使用実際のタイプは後で指定します。 System 名前空間System.Collections.Generic など、いくつかの名前空間は、ジェネリック クラスとメソッドに提供します。 新しい System.Collections.Generic 名前空間では厳密に型指定されたコレクションのサポートしています。 ジェネリックが次の 3 つの言語でサポートされます。Visual Basic、C#、および C++。

リフレクションがランタイムについてはジェネリック型とジェネリック メソッドの操作を許可する拡張されています。 新しいメンバが System.TypeSystem.Reflection.MethodInfo、特定の種類 (たとえば、 IsGenericType ) を作成する型パラメータ リスト、および class Gen<T,U> {...}を取得する一般的な型 (たとえば、 GetGenericArguments )、 MakeGenericType を識別する new Gen<int, long>() を含む追加されました。

グローバリゼーション

5 つの新しいグローバリゼーション機能アプリケーションを複数の言語とカルチャに適したものの開発に大きいをサポートします。

  • カスタム カルチャのサポートを定義および必要に応じて、カルチャ関連情報を展開できます。 この機能は、既存のカルチャ定義の小規模なカスタマイズの作成と .NET Framework ではまだ存在しないカルチャ定義を作成に適しています。 詳細については、CultureAndRegionInfoBuilder クラスを参照してください。

  • エンコードおよびデコード操作にまたはディスクや、通信回線など物理メディアに転送できるバイトのストリームから Unicode 文字を割り当てます。 マッピング操作は完了できず場合、は、新しいエンコーディングを使用しておよび System.Text 名前空間内の複数のクラスでサポートされているフォールバック機能をデコードによって補正することができます。

  • UTF-8 エンコーディングを実装する、UTF8Encoding クラスのメンバに複数回より高速以前のリリースでなります。 UTF-8 は、Unicode 文字をコンピュータでのバイトに変換する使用されているの最も一般的なエンコーディングです。

  • .NET Framework では、Unicode Consortium で定義された最新の正規化標準現在サポートしています。 正規化処理テキストの文字表現に変換標準フォームの表現は等価の比較できるようにします。

  • GetCultureInfo メソッドのオーバーロードはキャッシュされているバージョンの読み取り専用の CultureInfo オブジェクトを提供します。 システム パフォーマンスを向上させるためにメモリ使用量を減らすには、新しい CultureInfo オブジェクトを作成するときキャッシュのバージョンを使用します。

I/O の機能強化

機能強化に加えられた、使いやすさとさまざまな I/O クラスの機能です。 ここで簡単にユーザーによる読み取りとテキスト ファイルに書き込むし、ドライブに関する情報を取得があります。

ことができますクラスは、System.IO.Compression 名前空間でを使用して読み取りやなったは、 IETF の Request Comments (RFC) 検索ページの IETF RFC 1951 と RFC 1952 の仕様に記載されて GZIP 圧縮と伸張標準、データを書き込みます。 メモ : 検索は RFC 番号に制限されています。

マニフェスト ベースのライセンス認証

この機能により新しいサポートの読み込みとアプリケーション マニフェストの使用がアクティブ化されます。 マニフェスト ベースのアクティベーションが ClickOnce アプリケーションをサポートするため重要です。 従来、アプリケーション、アプリケーションのエントリ ポイントが含まれているアセンブリへの参照を使用アクティブ化されます。 たとえば、シェル、Windows 内から、アプリケーションの.exe ファイルをクリックを共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) を読み込むその.exe ファイルのアセンブリ内の既知のエントリ ポイントを呼び出して、シェルとします。

マニフェスト ベースのアクティベーション モデルはアセンブリではなくライセンス認証のアプリケーション マニフェストを使用します。 マニフェストで、アプリケーション、アプリケーションの依存関係、セキュリティ要件などを完全に記述します。 マニフェスト モデルには、特に Web アプリケーションの場合に、アセンブリに基づくアクティベーション モデルより優れたいくつかのメリットがあります。 たとえば、マニフェストには、アプリケーションのセキュリティ要件が格納されますが、これにより、コードをダウンロードする前にアプリケーションを実行できるようにするかどうかをユーザーが決定できます。 マニフェストには、アプリケーションの依存関係に関する情報も格納されます。

マニフェスト ベースのアクティベーションは、アプリケーションとマニフェストが記述アドインをアクティブ化するマネージ ホストの API のセットによって提供されます。 これらの API は、新しいクラスと既存のクラスに対する拡張機能の両方の両方を含めます。

このアクティベーション モデルは、次のタスクを実行する信頼マネージャと呼ばれるエンティティも呼び出します。

  1. アプリケーションがアクティブにできるかどうか決定します。 この決定は、クエリ ポリシーをユーザーに確認をか、特定の信頼マネージャに適したと見なされる他の手段を実行できます。

  2. セキュリティ コンテキストでアプリケーションを実行する設定します。 最も一般的には、このステップは、コード アクセス セキュリティ (CAS: Code Access Security) ポリシー ツリー、アプリケーションが実行されるアプリケーション ドメインの設定では。

.NET Framework リモート処理

.NET Framework リモート処理には IPv6 アドレスとジェネリック型の交換ここでサポートします。 System.Runtime.Remoting.Channels.Tcp 名前空間のクラスは認証およびセキュリティ サポート プロバイダ インターフェイス (SSPI) を使用して暗号化をサポートします。 新しい System.Runtime.Remoting.Channels.Ipc 名前空間のクラスは、ネットワークを使用せずにすばやく通信に同じコンピュータにアプリケーションを許可します。 最後に、現在および構成できますの接続キャッシュのタイムアウト、ネットワーク負荷分散の対象となるリモート クラスタのパフォーマンスを向上できるメソッドの再試行回数です。

ローカル コンピュータのネットワーク構成および使用法に関する情報の取得

アプリケーションは、System.Net.NetworkInformation 名前空間でクラスを使用して、IP、IPv4、IPv6、TCP、および UDP のネットワーク トラフィック統計をアクセスできます。 アプリケーションは、ローカル コンピュータ内のネットワーク アダプタのアドレスおよび構成の情報を表示できます。 この情報は、Ipconfig.exe コマンド ライン ツールによって返される情報に似ています。

Ping

Ping クラスでは、ネットワーク経由でのリモートのコンピュータがアクセス可能かどうか アプリケーションを使用できます。 このクラスは、Ping.exe コマンド ライン ツールに類似の機能を提供し、同期と非同期の呼び出しをサポートします。

アプリケーション内からの HTTP 要求を処理します。

HttpListener クラスを使用する HTTP 要求に応答する簡単な Web サーバーを作成するのにことができます。 Web サーバーが、HttpListener オブジェクトの有効期間中はアクティブと、アプリケーションのアクセス許可を持つ、アプリケーション内で実行します。 このクラスは、Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 オペレーティング システムを実行しているコンピュータでのみ使用できます。

キャッシュの制御をプログラムによる

使用するクラスは、System.Net.Cache 名前空間で、アプリケーション制御できます、 WebRequestWebResponse、および WebClient クラスを使用して取得するリソースのキャッシュです。 .NET Framework に用意されている定義済みのキャッシュ ポリシーを使用するか、カスタムのキャッシュ ポリシーを指定します。 要求ごとにキャッシュ ポリシーを指定し、キャッシュ ポリシーを指定していない要求に対して既定のキャッシュ ポリシーを定義することができます。

プログラミング言語

次の 4 つの Microsoft のプログラミング言語は、.NET Framework を明示的に対象します。Visual C#、Microsoft C または C++ を Visual J#、および Visual Basic。

Visual Basic のコンパイラと言語

Visual Basic 言語機能強化はソース コードを単純し、高度な機能を使用するコンポーネントとの対話を有効にします。

コンパイラ

Visual Basic は新しい条件付きコンパイル定数、VBC_VER、すべてのプロジェクトを紹介します。 このバージョンでは、VBC_VER 8.0 の値がいます。

Visual Basic コマンド ライン コンパイラ今すぐ既定コマンド ライン オプションが格納されます、コマンド ライン コンパイラ (Vbc.exe) と同じディレクトリに、Vbc.rsp ファイルにします。 既定のコマンド ライン オプションを再構成する Vbc.rsp を編集できます。

4 つの新しいコマンド ライン コンパイラ オプションがあります。

  • /ドキュメント オプションには、コード内のコメントに基づいて XML ドキュメント ファイルが生成されます。

  • noconfig オプションと Vbc.rsp ファイルを無視するには、コンパイラとします。

  • /コードページ オプションにはソース ファイルを開くときに使用するどのコードページを指定します。

  • と filealign オプションは、セクションのサイズ、出力ファイルで指定します。

  • /nostdlib (Visual Basic) オプションとをいない参照する標準のライブラリのコンパイラです。

詳細については、Visual Basic コンパイラ オプション を参照してください。

言語

この Visual Basic 言語のバージョンには、いくつかの新しい要素があります。

セキュリティ例外

セキュリティ例外の原因を調査を容易に追加データを提供、System.Security.SecurityException クラスが拡張されています。 新しいプロパティの情報を提供する例外が発生した、メソッドが含まれる、最初の許可、ゾーンまたは、アセンブリ、失敗、セキュリティ アクション、および Deny や PermitOnly を例外が発生したなど、コール スタック上のセキュリティ アクションの URL、失敗しましたがします。

シリアル I/O デバイスのサポート

新しい SerialPort クラスは、シリアル ポートのコンピュータにアクセスしてシリアル I/O デバイスと通信する機能アプリケーションを提供します。

シリアル化

BinaryFormatter および SoapFormatter クラス バージョン トレラントなシリアル化、別のバージョンのシリアル化から逆シリアル化する型をできるにサポートされます。 詳細については、「Version Tolerant Serialization」を参照してください。

XML シリアル化されますはスキーマ要素、ジェネリック型のシリアル化と null 許容要素を表す、Nullable<T> 構造の使用を表すフィールドのではなくプロパティの使用をサポートします。 IXmlSerializable インターフェイスはカスタム スキーマの生成をサポートします。 SchemaImporterExtension では、スキーマのインポート中にスキーマを変更してプロキシ コード生成を制御できます。 たとえば、Web Services Description Language Tool (Wsdl.exe) を使用する場合または Visual Studio の Web 参照の追加機能を使用して生成されたプロキシ変更できます。

XML Serializer Generator (Sgen.exe) の新規のクライアントの起動時大きく向上転送される情報をシリアル化する Web サービス クライアントによって使用されるコードにプリコンパイルできます。 詳細については、「Introducing XML Serialization」を参照してください。

SMTP のサポート

System.Net.Mail および System.Net.Mime 名前空間でクラスを使用してアプリケーション電子メール送信できますを 1 つまたは複数の受信者に。 メール代替ビューでは送信できますされ、添付ファイルを含めることができます。 カーボン コピーおよびブラインド カーボン コピーの送信もサポートされています。

厳密に型指定されたリソースのサポート

Resgen.exe (Resource File Generator) はリソース ファイル実行可能ファイルとサテライト アセンブリに埋め込まれているを作成します。 Resgen.exe は、ラッパー クラスを使用することでリソースに簡単にアクセスし、リソース名にスペル ミスを防止するそれぞれのリソース ファイルですを生成します。

スレッドの改善

ャ l ージ コードで作成されるプロセス間通信イベントを今すぐ名前ことができます。 Semaphore クラスではも特殊なリソース カウントをサポートします。

トレース データのフィルタ

.NET Framework 2.0 クラス用意されていますトレースおよび I/O、アプリケーションの起動時およびシャットダウン、およびなどに関するシステム イベントのログします。 ただし、膨大なボリュームとさまざまな種類のトレース情報ことがユーザーにこのデータを分析するには困難です。 トレース データのフィルタの新しいサポートでは、ログオン情報の種類を指定できます。

トランザクション

新しい System.Transactions 名前空間にはクラス、Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MSDTC) またはローカル トランザクション マネージャによって管理トランザクションに参加するアプリケーションが含まれています。 System.Transactions 名前空間には、 Transaction クラスに基づいて、明示的なプログラミング モデルと、 TransactionScope クラスでのトランザクションに自動的によって管理される、インフラストラクチャを使用して暗黙的なプログラミング モデルの両方が用意されています。 このトランザクション インフラストラクチャは、既存の System.EnterpriseServices (COM +) トランザクション インフラストラクチャと容易に相互運用できます。 名前の System.Transactions 空間もクラスが用意されていますリソース マネージャを実装します。 リソース マネージャは、トランザクションで使用される永続的なまたは揮発性のデータを管理し、原子性の分離の保証を持つアプリケーションを提供する、トランザクション マネージャと協力で動作します。

Web サービス

Web サービス サポート SOAP 1.2 と、WS-I-した基本プロファイル 1.0、"Web Services Interoperability (英語) Organization-基本プロファイル バージョン 1.0"に記載されています。

共有の種類を定義する 2 つ以上の Web サービスを利用して、それらの Web サービスに対して生成クライアント プロキシ クライアントに対応する型を共有します。 これにより、クライアントを簡単に Web サービス間で共有の型のインスタンスを渡すことができます。

今すぐ起動する Web メソッドを非同期で、イベント ベースのプログラミング パターンを使用します。

Windows Forms–Related の機能

ClickOnce の配置

ClickOnce 配置では、インストールして Web アプリケーションとして簡単に実行できる自己更新型の Windows アプリケーションを配置できます。 Windows クライアント アプリケーションの他に、コマンド ライン アプリケーションも配置できます。 あるは、新しい [プロジェクトの発行] コマンドした ビルド で Visual Studio で プロジェクト メニューです。 詳細については、「ClickOnce Deployment Overview」を参照してください。

[アプリケーションの設定]

Windows フォームのアプリケーション設定簡単に作成、格納、およびカスタム アプリケーションとクライアントにユーザー設定を維持します。 Windows フォームの設定] で、データベース接続文字列などのアプリケーション データだけでなくツールバーの位置や最近-使用リストなど、ユーザー固有のデータも格納できます。 詳細については、「アプリケーション設定の概要」を参照してください。

新しいデータ バインディング モデル

BindingSource コンポーネント簡単データ バインディングの連結コントロールと対象データ ソースとの間で仲介役として機能するためにできます。 このコンポーネントは難しくバインド問題通貨、データに関連するイベント、対象データ ソースの変更などの多くを自動的に管理します。 ように設計されていればも他データ関連 Windows フォーム コントロールを BindingNavigator 特にと DataGridView コントロールと相互運用します。 詳細については、「BindingSource コンポーネント」を参照してください。 BindingSource コンポーネントの基になるデータ ソースにコントロールをバインディング簡単できます。 conduit とする他のコントロールのバインドをデータ ソースの両方として機能します。

新しい Windows フォーム コントロール

DataGridView コントロールを表形式でデータを表示するには強力で柔軟な方法を提供します。 これは、使用少量のデータの読み取り専用ビューを表示するまたはできます、非常に大きなデータ セットの編集のビューを表示する縮小されることができます。 データは、外部データ ソース内に存在できるまたは、コントロールに直接追加します。 詳細については、「DataGridView コントロールの概要 (Windows フォーム)」を参照してください。

ToolStrip コントロールは、メニューのコントロール、および、Windows フォーム アプリケーションでユーザー コントロールをホストできるツールバーです。 ToolStrip クラスおよびその関連クラス ツールバーおよび作成他のユーザー インターフェイス要素を Microsoft Windows XP、Microsoft Office、および Microsoft Internet Explorer と同じスタイルでできます。 これらのクラスを使用してツールバーおよびユーザー インターフェイス要素をカスタマイズすることができますも。 詳細については、「ToolStrip コントロールの概要 (Windows フォーム)」を参照してください。

使用 MaskedTextBox して、マスク定義を有効と無効なユーザーの入力を区別します。 詳細については、「MaskedTextBox コントロール (Windows フォーム)」を参照してください。

Windows フォームの SoundPlayer クラスでは、簡単に、アプリケーションにサウンドを含めるにできます。 SoundPlayer クラスは、リソースからか、または汎用名前付け規則 (UNC) または HTTP の場所から、.wav 形式でのサウンド ファイルを再生できます。 さらに、SoundPlayer クラスを読み込むまたは非同期のサウンドを再生できます。 詳細については、「SoundPlayer クラス」を参照してください。

Windows フォームの SplitContainer コントロールできると考えるを合成; 移動可能バーで区切られた 2 つのパネルです。 マウス ポインタのバーに隠れますと、カーソルは、バーが移動可能を表示する変わります。 表示と情報を参照の効果的ないる複雑なサイズ変更可能なユーザー インターフェイスを作成するのににはこのコントロールを使用します。 詳細については、SplitContainer コントロール を参照してください。

ListView コントロールでは、Windows XP および Windows Server 2003 ファミリで提供される次の 3 つの機能がサポートされています。ビュー、グループ化、およびドラッグ アンド ドロップのアイテムを再配置を並べて表示します。

ListViewTreeView、および ToolTip 制御今すぐサポートの所有者が、以前のリリースで、 ComboBoxListBoxMenuItem、および TabControl のコントロールをサポートを図面の所有者と同様の機能を描画します。

ホストする WebBrowser のコントロールできる Web、Windows フォーム アプリケーション内のページです。 WebBrowser コントロールを使用する HTML ベースの統合のヘルプまたはインターネット Web ブラウズ、アプリケーションの機能を指定するのにことができます。 さらに、シームレス ダイナミック HTML (DHTML) コード Windows フォームのユーザー インターフェイス機能に統合されたクライアント アプリケーションに既存の Web アプリケーションを変換するのに WebBrowser コントロールを使用することができます。 詳細については、WebBrowser コントロールの概要 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w290k23d(v=vs.100) を参照してください。

FlowLayoutPanel コントロールは、内容を水平または垂直のフロー方向に配置します。 TableLayoutPanel コントロールは、内容をグリッド内に配置します。 レイアウトはデザイン時と実行時の両方に行われるため、アプリケーション環境の変更に合わせて動的に変更できます。 詳細については、「FlowLayoutPanel コントロールの概要」および「TableLayoutPanel コントロールの概要」を参照してください。

BackgroundWorker コンポーネントをイメージのダウンロードなどを実行し、データベース トランザクション長い時間がかかる、バックグラウンドでの操作を実行できます。 詳細については、BackgroundWorker コンポーネントの概要 を参照してください。

コンポーネントの非同期パターンはマルチスレッド デザイン固有の複雑な問題の多くのャ泣 ' スレッド アプリケーションの利点を提供するイベント ドリブン モデルです。 詳細については、の非同期パターンのコンポーネント を参照してください。

XML 関連機能

.NET Framework 2.0 強化多くなど、新しい XSL 変換 (XSLT) プロセッサ; XmlReaderXmlWriter、および XPathNavigator クラス; にサポートを入力します。 および新しい XPathNavigator クラスの機能を編集します。 また、XmlReaderXmlWriter オブジェクト、および多くのパフォーマンスの向上を作成するため、新しいモデルがあります。 「詳細については、What's」を参照してください新規 System.Xml にします。

参照

概念

クイック Technology ファインダ

その他の技術情報

.NET Framework の概要