既定の標準 : 何を意味するのか

注 : このドキュメントは暫定版であり、変更される場合があります。

Web は、その標準化によってすべての人が同様の Web 体験を持つことができるようになるまでに成熟してきました。Windows Internet Explorer 8 は最初から、現在の最も高いレベルの標準を使用するように設定されています。既定では、Windows Internet Explorer 8 は、標準との互換性が最も高いモードである IE8 標準モードを使用してコンテンツの表示を試みます。インターネット上の多くのサイトは、Windows Internet Explorer 7 またはそれ以前のバージョンに対して最適化されています。既存のサイトのコンテンツと Windows Internet Explorer 8 との互換性を確保できるよう、サイトのオペレータは新しい互換モード スイッチを使用して、Windows Internet Explorer 8 クライアントに対して正しいレイアウト モードを指定できます。このモード スイッチは、サイトごと (サーバーの応答ヘッダーで指定) またはページごと (コンテンツの各ページで指定) に使用できます。ドキュメント互換モードでは、Web ページが特定のバージョンの Windows Internet Explorer の動作に関連付けられます。

Windows Internet Explorer のバージョンを設定する

Windows Internet Explorer 8 は、それぞれ異なる機能を有効にする複数のドキュメント互換モードをサポートし、コンテンツの表示方法もその影響を受けます。

モード

説明

IE5

Windows Internet Explorer 7 の Quirk モードで表示される場合と同様にコンテンツをレンダリングします。これは、Windows Internet Explorer 5 でコンテンツを表示した場合とよく似ています。

IE7

ページに <!DOCTYPE> ディレクティブが含まれるかどうかに関係なく、Windows Internet Explorer 7 の標準モードで表示される場合と同様にコンテンツをレンダリングします。

IE7 のエミュレート

Windows Internet Explorer に対して、<!DOCTYPE> ディレクティブを使用してコンテンツのレンダリング方法を決定するよう指示します。標準モードのディレクティブは Windows Internet Explorer 7 標準モードで表示され、Quirk モードのディレクティブは IE5 モードで表示されます。IE7 モードとは異なり、IE7 のエミュレート モードでは <!DOCTYPE> ディレクティブが有効になります。多くの Web サイトでは、この互換モードが推奨されます。

IE8

W3C CSS Level 2.1 仕様および W3C Selectors API、さらには W3C CSS Level 3 仕様 (草稿) の限定サポートも含めた、業界標準に対する現時点で最も互換性の高いサポートが得られます。

Edge (エッジ)

Windows Internet Explorer に対して、利用できる最も互換性の高いモードでコンテンツを表示するよう指示します。Windows Internet Explorer 8 の場合は、IE8 モードと同じ動作になります。Windows Internet Explorer の将来のリリースで、さらに互換性の高いモードがサポートされた場合、エッジ モードに設定されたページは、そのバージョンでサポートされている最も互換性の高いモードで表示されます。ただし、それらのページを Windows Internet Explorer 8 で表示した場合には、IE8 モードで表示されます。エッジ モードのドキュメントは、表示に使用される Windows Internet Explorer のバージョンで対応している最も互換性の高いモードで Web ページを表示するため、このモードの使用はテスト ページや他の実用以外の目的に限定することをお勧めします。

例として、ページを IE7 エミュレーション モードに設定するには、TITLE と META 以外の任意のタグの前で、HEAD タグ間に次のコードを入力します。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7"/>

もう 1 つの例として、ページを Windows Internet Explorer 8 の Quirk モードでレンダリングするように設定する場合は、TITLE と META 以外の任意のタグの前で、HEAD タグ間に次のコードを入力します。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=5"/>

この例では、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 に対してサイト レベルでバージョン互換性を指定し、Web.config ファイルで EmulateIE7 モードを設定しています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
   <system.webServer>
      <httpProtocol>
         <customHeaders>
            <clear />
            <add name="X-UA-Compatible" value="IE=EmulateIE7" />
         </customHeaders>
      </httpProtocol>
   </system.webServer>
</configuration>

HTML 標準への準拠

Windows Internet Explorer 8 は、以前のどのバージョンよりも厳密に HTML 4.01 仕様をサポートし、HTML 5 仕様の機能もサポートしています。標準で期待されている動作をより適切にサポートするために、機能の追加や変更が行われています。これらの変更により、異なるブラウザで表示した場合でも一貫して動作するような Web サイトを簡単に作成できるようになります。これらの変更について理解することは、使用されるブラウザに関係なく一貫した表示と機能を提供するサイトの構築に役立ちます。

HTML 標準への準拠のための変更には、P 要素を自動的に閉じる機能、OBJECT 要素を使用したイメージの表示、およびオブジェクト フォールバックの強化 が含まれます。

CSS 標準への準拠

Windows Internet Explorer 8 は、カスケード スタイル シート (CSS) に対してこれまでで最も互換性の高いリリースです。これには、CSS レベル 2.1 の完全なサポートと、CSS レベル 3.0 の主要な機能のサポートが含まれます。Windows Internet Explorer 8 では、データ URI、Float、印刷など CSS に関して多くの点が改良され、業界標準との互換性を保持しながらコンテンツを思いどおりにレイアウトできるようになっています。