PrivateObject クラス

更新 : 2007 年 11 月

public でないためにアクセスできない、テスト中のコードのメソッドとプロパティをテスト コードで呼び出すことができるようにします。

名前空間 :  Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting
アセンブリ :  Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework (Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework.dll 内)

構文

'宣言
Public Class PrivateObject
'使用
Dim instance As PrivateObject
public class PrivateObject
public ref class PrivateObject
public class PrivateObject

解説

テスト ジェネレータは、これらのオブジェクトへの呼び出しの大部分を作成します。テスト ジェネレータは、プライベート オブジェクトのメンバへのアクセスを可能にするラッパーにプライベート オブジェクトをラップするコードを作成します。

PrivateObject クラスのインスタンスの初期プロパティ値一覧については、PrivateObject コンストラクタに関するトピックを参照してください。

このクラスは、システムでライブな非パブリック内部オブジェクトを表します。

アクセス許可

継承階層

System.Object
  Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting.PrivateObject

スレッド セーフ

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

参照

参照

PrivateObject メンバ

Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting 名前空間

その他の技術情報

方法 : プライベート メソッドをテストする