チュートリアル: カスタム動作を使用した、インストール時におけるバイナリのネイティブ コードへのコンパイル

カスタム動作を定義して、インストール後に実行するコマンドを指定できます。 たとえば、このチュートリアルでは、カスタム動作を定義し、CustomActionData プロパティに EXE のパス名を渡して、アプリケーションのインストール後にこの実行可能ファイルをネイティブ コードにコンパイルします。

注意

お使いのマシンで、Visual Studio ユーザー インターフェイスの一部の要素の名前や場所が、次の手順とは異なる場合があります。 これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。 詳細については、「Visual Studio の設定」を参照してください。

配置する Web ブラウザー アプリケーションを作成するには

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[プロジェクト] をクリックします。

  2. [Windows フォーム アプリケーション] をクリックします。

  3. [名前] に「BrowserSample」と入力し、[OK] をクリックします。

  4. [表示] メニューの [ツールボックス] をクリックします。

  5. [すべての Windows フォーム] を展開し、Panel コントロールをフォームの左上へドラッグします。

  6. フォーム デザイナーで、TextBox コントロールと Button コントロールを Panel コントロールにドラッグします。

  7. フォーム デザイナーで、WebBrowser コントロールを Panel の下へドラッグします。

  8. すべてのコントロールが収まるように、フォームのサイズを大きくします。

  9. フォーム デザイナーで、Panel コントロールをクリックします。

  10. [プロパティ] ウィンドウで、Layout の Dock プロパティを Top に変更します。

  11. フォーム デザイナーで、WebBrowser コントロールをクリックします。

  12. [プロパティ] ウィンドウで、Layout の Dock プロパティを Fill に変更します。

  13. フォーム デザイナーで、Button コントロールをクリックします。

  14. [プロパティ] ウィンドウで、Appearance の Text プロパティを Go に変更します。

  15. 必要に応じて、FormPanelTextboxButton、および WebBrowser のサイズを変更します。

  16. フォーム デザイナーで、[Go] ボタンをダブルクリックします。

    Form1 コード ファイルのコード ビューが表示されます。

  17. 次のコードを追加します。このコードにより、Web ブラウズ機能がアプリケーションに追加されます。 TextBox コントロールのテキストは WebBrowser コントロールのアドレス バーになります。[Go] ボタンをクリックすると、動作が実行されます。

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        WebBrowser1.Navigate(TextBox1.Text)
    End Sub
    
    private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
    {
        webBrowser1.Navigate(textBox1.Text);
    }
    
  18. ブラウザーをテストするには、F5 キーを押します。

    フォームが開きます。

  19. テキスト ボックスに、「http://www.microsoft.com」と入力し、[Go] をクリックします。

    Microsoft Web サイトが表示されます。

カスタム動作クラスを作成するには

  1. [ファイル] メニューの [追加] をポイントし、[新しいプロジェクト] をクリックします。

  2. [新しいプロジェクトの追加] ダイアログ ボックスで、[Windows] をクリックし、[クラス ライブラリ] をクリックします。

  3. [名前] ボックスに「NGenCustomAction」と入力し、[OK] をクリックします。

  4. [プロジェクト] メニューの [新しい項目の追加] をクリックします。

  5. [新しい項目の追加] ダイアログ ボックスで、[全般] をクリックし、[インストーラー クラス] をクリックします。 [名前] ボックスに「NGenCustomAction」と入力し、[追加] をクリックします。

    注意

    インストーラー クラスを必ず追加してください。そうしないと、必要な using ステートメントがコード ファイルに追加されません。

  6. ソリューション エクスプローラーで、NGenCustomAction プロジェクトの Class1 コード ファイルを削除します。

カスタム動作にコードを追加するには

  1. ソリューション エクスプローラー (またはデザイン サーフェイス) で NGenCustomAction コード ファイルを右クリックし、[コードの表示] をクリックしてコード エディターを開きます。 モジュールの先頭に次のコードを追加します。

    Imports System.IO
    Imports System.Diagnostics
    
    using System.IO;
    using System.Diagnostics;
    
  2. System.Configuration.Install.Installer クラスを継承するようにクラス宣言を更新します。

    Inherits System.Configuration.Install.Installer
    
    : System.Configuration.Install.Installer
    
  3. NGenCustomAction コード ファイルで、アセンブリのネイティブ イメージ コード ファイルを生成する次のヘルパー メソッドを追加します。

        <System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)> _
    Private Sub ngenCA(ByVal savedState As System.Collections.IDictionary, ByVal ngenCommand As String)
            Dim argsArray As [String]()
    
            If String.Compare(ngenCommand, "install", StringComparison.OrdinalIgnoreCase) = 0 Then
                Dim args As [String] = Context.Parameters("Args")
                If [String].IsNullOrEmpty(args) Then
                    Throw New InstallException("No arguments specified")
                End If
    
                Dim separators As Char() = {";"c}
                argsArray = args.Split(separators)
                'It is Ok to 'ngen uninstall' assemblies which were not installed
                savedState.Add("NgenCAArgs", argsArray)
            Else
                argsArray = DirectCast(savedState("NgenCAArgs"), [String]())
            End If
    
            ' Gets the path to the Framework directory.
            Dim fxPath As String = System.Runtime.InteropServices.RuntimeEnvironment.GetRuntimeDirectory()
    
            For i As Integer = 0 To argsArray.Length - 1
                Dim arg As String = argsArray(i)
                ' Quotes the argument, in case it has a space in it.
                arg = """" & arg & """"
    
                Dim command As String = (ngenCommand & " ") + arg
    
                Dim si As New ProcessStartInfo(Path.Combine(fxPath, "ngen.exe"), command)
                si.WindowStyle = ProcessWindowStyle.Hidden
    
                Dim p As Process
    
                Try
                    Context.LogMessage((">>>>" & Path.Combine(fxPath, "ngen.exe ")) + command)
                    p = Process.Start(si)
                    p.WaitForExit()
                Catch ex As Exception
                    Throw New InstallException("Failed to ngen " & arg, ex)
                End Try
            Next
        End Sub
    
            [System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)]
            private void ngenCA(System.Collections.IDictionary savedState, string ngenCommand)
            {
                String[] argsArray;
    
                if (string.Compare(ngenCommand, "install", StringComparison.OrdinalIgnoreCase) == 0)
                {
                    String args = Context.Parameters["Args"];
                    if (String.IsNullOrEmpty(args))
                    {
                        throw new InstallException("No arguments specified");
                    }
    
                    char[] separators = { ';' };
                    argsArray = args.Split(separators);
                    savedState.Add("NgenCAArgs", argsArray); //It is Ok to 'ngen uninstall' assemblies which were not installed
                }
                else
                {
                    argsArray = (String[])savedState["NgenCAArgs"];
                }
    
                // Gets the path to the Framework directory.
                string fxPath = System.Runtime.InteropServices.RuntimeEnvironment.GetRuntimeDirectory();
    
                for (int i = 0; i < argsArray.Length; ++i)
                {
                    string arg = argsArray[i];
                    // Quotes the argument, in case it has a space in it.
                    arg = "\"" + arg + "\"";
    
                    string command = ngenCommand + " " + arg;
    
                    ProcessStartInfo si = new ProcessStartInfo(Path.Combine(fxPath, "ngen.exe"), command);
                    si.WindowStyle = ProcessWindowStyle.Hidden;
    
                    Process p;
    
                    try
                    {
                        Context.LogMessage(">>>>" + Path.Combine(fxPath, "ngen.exe ") + command);
                        p = Process.Start(si);
                        p.WaitForExit();
                    }
                    catch (Exception ex)
                    {
                        throw new InstallException("Failed to ngen " + arg, ex);
                    }
                }
            }
    
    
  4. NGenCustomAction コード ファイルで、基本クラスの Install、Commit、Rollback、Uninstall の各プロシージャをオーバーライドする次のプロシージャを追加します。

    <System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)> _
    Public Overloads Overrides Sub Install(ByVal savedState As System.Collections.IDictionary)
        MyBase.Install(savedState)
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: install")
        ngenCA(savedState, "install")
    End Sub
    
    <System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)> _
    Public Overrides Sub Commit(ByVal savedState As System.Collections.IDictionary)
        MyBase.Commit(savedState)
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: commit")
    End Sub
    
    <System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)> _
    Public Overloads Overrides Sub Uninstall(ByVal savedState As System.Collections.IDictionary)
        MyBase.Uninstall(savedState)
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: uninstall")
        ngenCA(savedState, "uninstall")
    End Sub
    
    <System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)> _
    Public Overloads Overrides Sub Rollback(ByVal savedState As System.Collections.IDictionary)
        MyBase.Rollback(savedState)
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: rollback")
        ngenCA(savedState, "uninstall")
    End Sub
    
    [System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)]
    public override void Install(System.Collections.IDictionary savedState)
    {
        base.Install(savedState);
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: install");
        ngenCA(savedState, "install");
    }
    
    [System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)]
    public override void Commit(IDictionary savedState)
    {
        base.Commit(savedState);
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: commit");
    }
    
    [System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)]
    public override void Uninstall(System.Collections.IDictionary savedState)
    {
        base.Uninstall(savedState);
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: uninstall");
        ngenCA(savedState, "uninstall");
    }
    
    [System.Security.Permissions.SecurityPermission(System.Security.Permissions.SecurityAction.Demand)]
    public override void Rollback(System.Collections.IDictionary savedState)
    {
        base.Rollback(savedState);
        Context.LogMessage(">>>> ngenCA: rollback");
        ngenCA(savedState, "uninstall");
    }
    

Browser Sample アプリケーションの配置プロジェクトを追加するには

  1. [ファイル] メニューの [追加] をポイントし、[新しいプロジェクト] をクリックします。

  2. [新しいプロジェクトの追加] ダイアログ ボックスで、[その他のプロジェクトの種類] を展開し、[セットアップ/配置プロジェクト] を展開して、[Visual Studio インストーラー] をクリックします。次に、[セットアップ プロジェクト] をクリックします。

  3. [名前] ボックスに「Browser Sample Installer」と入力し、[OK] をクリックします。

  4. ファイル システム エディターで、[アプリケーション フォルダー] を選択します。 [操作] メニューの [追加] をクリックします。

    [プロジェクト出力グループの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. プロジェクトのドロップダウン コンボ ボックスで、BrowserSample をクリックし、[プロジェクト出力] をクリックして、[OK] をクリックします。

  6. ファイル システム エディターで、[アプリケーション フォルダー] を選択します。 [操作] メニューの [追加] をクリックします。

    [プロジェクト出力グループの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。

  7. プロジェクトのドロップダウン コンボ ボックスで、NGenCustomAction をクリックし、[プロジェクト出力] をクリックして、[OK] をクリックします。

セットアップ プロジェクトに NGEN カスタム動作を追加するには

  1. ソリューション エクスプローラーで、Browser Sample Installer プロジェクトをクリックします。

  2. [表示] メニューの [エディター] をポイントし、[カスタム動作] をクリックします。

  3. カスタム動作エディターで、[カスタム動作] ノードを選択します。

  4. [操作] メニューの [カスタム動作の追加] をクリックします。

  5. [プロジェクトから項目を選択] ダイアログ ボックスで、[アプリケーション フォルダー] をダブルクリックし、[NGenCustomAction (アクティブ) のプライマリ出力] をクリックして、[OK] をクリックします。

    NGen カスタム動作が 4 つのカスタム動作ノードのすべてに追加されます。

  6. [インストール] ノードで、[NGenCustomAction (アクティブ) のプライマリ出力] をクリックします。

  7. [プロパティ] ウィンドウで、CustomActionData プロパティを「/Args="[TARGETDIR]BrowserSample.exe"」に変更します。 二重引用符も含めて入力してください。

    注意

    [TARGETDIR] プロパティは、インストールされた実行可能ファイルの場所です。 このカスタム動作では、ngen.exe を使用して、インストールされた実行可能ファイルをネイティブ イメージに変換します。

  8. ソリューション エクスプローラーで、Browser Sample Installer セットアップ プロジェクトをクリックします。

  9. [ビルド] メニューの [Browser Sample Installer のビルド] をクリックします。

ネイティブ コードの生成を確認するには

  1. インストール フォルダーに移動し、BrowserSample.exe ファイルを見つけます。 パスは、%PROGRAMFILES%\CompanyName\Brower Sample Installer\BrowserSample.exe などです。

  2. Visual Studio コマンド プロンプトで、次のコードを実行して、実行可能ファイルがネイティブ コードにプリコンパイルされたことを確認します。

    ngen.exe display FullPathToExe
    

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    ngen.exe display "C:\Program Files (x86)\Microsoft\Browser Sample Installer\BrowserSample.exe"
    

    コマンド出力が表示されます。

    Microsoft (R) CLR Native Image Generator - Version 4.0.21102.0
    Copyright (c) Microsoft Corporation.  All rights reserved.
    
    NGEN Roots:
    
    C:\Program Files (x86)\Microsoft\Browser Sample Installer\BrowserSample.exe
    
    NGEN Roots that depend on "c:\Program Files (x86)\Microsoft\Browser Sample Installer\BrowserSample.exe":
    
    C:\Program Files (x86)\Microsoft\Browser Sample Installer\BrowserSample.exe
    
    Native Images:
    
    BrowserSample, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null <debug>
    

    注意

    ngen.exe でネイティブ イメージが表示されない場合、次のディレクトリのいずれかで ngen ログを確認できます。

    %SystemRoot%\Microsoft.NET\Framework\v<CLR version> %SystemRoot%\Microsoft.NET\Framework64\v<CLR version>

    ngen.log ファイルは最新のトラブルシューティング ログです。

参照

参照

CustomActionData プロパティ

Ngen.exe (ネイティブ イメージ ジェネレーター)

概念

マネージ実行プロセス

その他の技術情報

配置でのカスタム動作の管理