/warnaserror (C# コンパイラ オプション)

/warnaserror+ オプションは、すべての警告をエラーとして扱います。

/warnaserror[<U>+</U> | -][:warning-list]

解説

通常は警告としてレポートされるメッセージがエラーとしてレポートされ、ビルド処理が中断します。出力ファイルはビルドされません。

既定では、警告が出力ファイルの生成を妨げない、/warnaserror- が有効です。 /warnaserror+ と同じ機能を持つ /warnaserror は、警告をエラーとして扱います。

また、エラーと見なす警告の番号をコンマ区切りで指定することにより、一部の特定の警告だけをエラーとして扱うこともできます。

コンパイラで表示する警告のレベルを指定するには、/warn を使用します。 特定の警告を無効にするには、/nowarn を使用します。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ] ページを開きます。

  2. [ビルド] プロパティ ページをクリックします。

  3. [警告をエラーとして扱う] プロパティを変更します。

    このコンパイラ オプションをコードから設定するには、「TreatWarningsAsErrors」を参照してください。

使用例

in.cs をコンパイルし、コンパイラで警告を表示しないようにする例を次に示します。

csc /warnaserror in.cs
csc /warnaserror:642,649,652 in.cs

参照

その他の技術情報

C# コンパイラ オプション

プロジェクト プロパティ (Visual Studio)