方法 : 2 つのコレクションを結合する (C#) (LINQ to XML)

XML ドキュメント内の要素または属性は、別の要素または属性を参照することがあります。 たとえば、顧客と注文の XML ドキュメントには、顧客の一覧と注文の一覧が含まれています。 各 Customer 要素には、CustomerID 属性が含まれています。 各 Order 要素には、CustomerID 要素が含まれています。 各注文の CustomerID 要素は、顧客の CustomerID 属性を参照します。

サンプル XSD ファイル : 顧客と注文」のトピックには、このドキュメントの検証に使用できる XSD が含まれています。 この XSD は、XSD の xs:key 機能と xs:keyref 機能を使用して、Customer 要素の CustomerID 属性がキーであることを確立し、各 Order 要素の CustomerID 要素と各 Customer 要素の CustomerID 属性の間にリレーションシップを確立します。

LINQ to XML では、join 句を使用することで、このリレーションシップを利用できます。

使用できるインデックスがないため、このような結合では実行時のパフォーマンスが低下することに注意してください。

join の詳細については、「結合演算」を参照してください。

使用例

次の例では、Customer 要素を Order 要素に結合し、注文に CompanyName 要素が含まれている新しい XML ドキュメントを生成します。

クエリを実行する前に、この例では、ドキュメントが「サンプル XSD ファイル : 顧客と注文」のスキーマに準拠しているかどうかを検証します。 これにより、結合句が常に機能するようになります。

このクエリでは、まずすべての Customer 要素を取得し、次にそれらを Order 要素に結合します。 クエリでは、"K" より大きい CustomerID を持つ顧客の注文のみを選択します。 次に、各注文内に顧客情報を含む新しい Order 要素を射影します。

この例では、「サンプル XML ファイル : 顧客と注文 (LINQ to XML)」の XML ドキュメントを使用しています。

この例では、「サンプル XSD ファイル : 顧客と注文」の XSD スキーマを使用しています。

この方式の結合ではパフォーマンスが低下することに注意してください。 結合は線形探索によって実行されます。 パフォーマンスを向上させるハッシュ テーブルまたはインデックスはありません。

XmlSchemaSet schemas = new XmlSchemaSet();
schemas.Add("", "CustomersOrders.xsd");

Console.Write("Attempting to validate, ");
XDocument custOrdDoc = XDocument.Load("CustomersOrders.xml");

bool errors = false;
custOrdDoc.Validate(schemas, (o, e) =>
                     {
                         Console.WriteLine("{0}", e.Message);
                         errors = true;
                     });
Console.WriteLine("custOrdDoc {0}", errors ? "did not validate" : "validated");

if (!errors)
{
    // Join customers and orders, and create a new XML document with
    // a different shape.

    // The new document contains orders only for customers with a
    // CustomerID > 'K'
    XElement custOrd = custOrdDoc.Element("Root");
    XElement newCustOrd = new XElement("Root",
        from c in custOrd.Element("Customers").Elements("Customer")
        join o in custOrd.Element("Orders").Elements("Order")
                   on (string)c.Attribute("CustomerID") equals
                      (string)o.Element("CustomerID")
        where ((string)c.Attribute("CustomerID")).CompareTo("K") > 0
        select new XElement("Order",
            new XElement("CustomerID", (string)c.Attribute("CustomerID")),
            new XElement("CompanyName", (string)c.Element("CompanyName")),
            new XElement("ContactName", (string)c.Element("ContactName")),
            new XElement("EmployeeID", (string)o.Element("EmployeeID")),
            new XElement("OrderDate", (DateTime)o.Element("OrderDate"))
        )
    );
    Console.WriteLine(newCustOrd);
}
Public Class Program
    Public Shared errors As Boolean = False

    Public Shared Function LamValidEvent(ByVal o As Object, _
                 ByVal e As ValidationEventArgs) As Boolean
        Console.WriteLine("{0}", e.Message)
        errors = True
    End Function

    Shared Sub Main()
        Dim schemas As New XmlSchemaSet()
        schemas.Add("", "CustomersOrders.xsd")

        Console.Write("Attempting to validate, ")
        Dim custOrdDoc As XDocument = XDocument.Load("CustomersOrders.xml")

        custOrdDoc.Validate(schemas, Function(o, e) LamValidEvent(0, e))
        If errors Then
            Console.WriteLine("custOrdDoc did not validate")
        Else
            Console.WriteLine("custOrdDoc validated")
        End If

        If Not errors Then
            'Join customers and orders, and create a new XML document with
            ' a different shape.
            'The new document contains orders only for customers with a
            ' CustomerID > 'K'.
            Dim custOrd As XElement = custOrdDoc.<Root>.FirstOrDefault
            Dim newCustOrd As XElement = _
                <Root>
                    <%= From c In custOrd.<Customers>.<Customer> _
                        Join o In custOrd.<Orders>.<Order> _
                        On c.@CustomerID Equals o.<CustomerID>.Value _
                        Where c.@CustomerID.CompareTo("K") > 0 _
                        Select _
                        <Order>
                            <CustomerID><%= c.@CustomerID %></CustomerID>
                            <%= c.<CompanyName> %>
                            <%= c.<ContactName> %>
                            <%= o.<EmployeeID> %>
                            <%= o.<OrderDate> %>
                        </Order> _
                    %>
                </Root>
            Console.WriteLine(newCustOrd)
        End If
    End Sub
End Class

このコードによって、次の出力が生成されます。

Attempting to validate, custOrdDoc validated
<Root>
  <Order>
    <CustomerID>LAZYK</CustomerID>
    <CompanyName>Lazy K Kountry Store</CompanyName>
    <ContactName>John Steel</ContactName>
    <EmployeeID>1</EmployeeID>
    <OrderDate>1997-03-21T00:00:00</OrderDate>
  </Order>
  <Order>
    <CustomerID>LAZYK</CustomerID>
    <CompanyName>Lazy K Kountry Store</CompanyName>
    <ContactName>John Steel</ContactName>
    <EmployeeID>8</EmployeeID>
    <OrderDate>1997-05-22T00:00:00</OrderDate>
  </Order>
  <Order>
    <CustomerID>LETSS</CustomerID>
    <CompanyName>Let's Stop N Shop</CompanyName>
    <ContactName>Jaime Yorres</ContactName>
    <EmployeeID>1</EmployeeID>
    <OrderDate>1997-06-25T00:00:00</OrderDate>
  </Order>
  <Order>
    <CustomerID>LETSS</CustomerID>
    <CompanyName>Let's Stop N Shop</CompanyName>
    <ContactName>Jaime Yorres</ContactName>
    <EmployeeID>8</EmployeeID>
    <OrderDate>1997-10-27T00:00:00</OrderDate>
  </Order>
  <Order>
    <CustomerID>LETSS</CustomerID>
    <CompanyName>Let's Stop N Shop</CompanyName>
    <ContactName>Jaime Yorres</ContactName>
    <EmployeeID>6</EmployeeID>
    <OrderDate>1997-11-10T00:00:00</OrderDate>
  </Order>
  <Order>
    <CustomerID>LETSS</CustomerID>
    <CompanyName>Let's Stop N Shop</CompanyName>
    <ContactName>Jaime Yorres</ContactName>
    <EmployeeID>4</EmployeeID>
    <OrderDate>1998-02-12T00:00:00</OrderDate>
  </Order>
</Root>

参照

概念

高度なクエリ手法 (LINQ to XML)