DatabaseTestService クラス

テストの実行中に DatabaseTestClass とメソッドによって使用される共通の機能を提供します。

継承階層

System.Object
  Microsoft.Data.Schema.UnitTesting.DatabaseTestService

名前空間:  Microsoft.Data.Schema.UnitTesting
アセンブリ:  Microsoft.Data.Schema.UnitTesting (Microsoft.Data.Schema.UnitTesting.dll 内)

構文

'宣言
Public Class DatabaseTestService
public class DatabaseTestService
public ref class DatabaseTestService
type DatabaseTestService =  class end
public class DatabaseTestService

DatabaseTestService 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

コンストラクター

  名前 説明
パブリック メソッド DatabaseTestService DatabaseTestService クラスの新しいインスタンスを初期化します。

このページのトップへ

メソッド

  名前 説明
パブリック メソッド DeployDatabaseProject() app.config ファイルのユーザーの設定を使用して、データベース プロジェクトを配置します。
プロテクト メソッド静的メンバー DeployDatabaseProject(String, String, String, String) 参照される構成で指定されているデータベースにデータベース プロジェクトを配置します。
パブリック メソッド Equals 指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Execute 指定された DatabaseTestAction を実行し、Conditions コレクションに格納されている各 TestCondition を使用して実行の結果を評価します。
プロテクト メソッド Finalize オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GenerateData() 派生クラスでオーバーライドされた場合、app.config ファイルのユーザーの設定を使用してデータを生成します。
プロテクト メソッド静的メンバー GenerateData(String, Boolean, String, String) 派生クラスでオーバーライドされた場合、参照されるデータ生成計画を使用して、指定したデータベースにデータを生成します。
パブリック メソッド GetHashCode 特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType 現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone 現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド OpenExecutionContext テストの実行に使用される ConnectionContext を開きます。
パブリック メソッド OpenPrivilegedContext SQL 実行の結果を検証するとき、およびデータベースをセットアップするときに使用するコンテキストを開きます。
パブリック メソッド ToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

このページのトップへ

解説

このクラスでは、以下のようなサービスを提供します。

  • アプリケーション構成を読み取って、データベース接続を開き、使用できるようにします。

  • Transact-SQL スクリプトを実行します。

  • テスト条件を評価します。

  • アプリケーション構成に基づくデータベース プロジェクトを配置します。

  • データ ジェネレーターの構成を使用してデータを生成します。

独自のカスタム DatabaseTestService 実装を使用できるようにするには、このクラスのメソッドをオーバーライドします。 これは、データベース単体テスト デザイナーのコンテキストで作業中にテストの実行方法、テスト条件の評価方法、および接続の作成方法を変更する場合の主要な方法です。

実装を作成するとき、それを TestService を使用して登録する必要があります。 実行コンテキストを開くときに、偽装を使用しない場合は、独自の ConnectionContext も実装します。

スレッド セーフ

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

参照

参照

Microsoft.Data.Schema.UnitTesting 名前空間

DatabaseTestClass

TestService

ConnectionContext