プロジェクトの構成 (F#)

このトピックでは、F# プロジェクトを操作する場合のプロジェクト デザイナーの使用方法について説明します。 F# プロジェクトの操作と Visual Basic プロジェクトや C# プロジェクトの操作に大きな違いはありません。 F# を使用する場合も、ほとんどは、Visual Studio プロジェクト全般のドキュメントを主要なリファレンス情報として使用できます。 このトピックには、他の Visual Studio 言語と共通の設定に関する Visual Studio ドキュメントの関連情報へのリンクと、F# 固有の設定についての説明が含まれています。

プロジェクト デザイナー

プロジェクト デザイナーの概要および一般的な使用方法については、Visual Studio ドキュメントの「プロジェクト デザイナーを使用したプロジェクトのプロパティの管理」を参照してください。 プロジェクト デザイナーは、関連する機能別に分類された複数のページで構成されています。 F# プロジェクトで使用できるページのほとんどは、他の言語で使用できるページのサブセットです。 F# でサポートされているページを次の表に示します。 この表に含まれていないページは、F# では使用できない機能に関連するページか、コマンド ライン オプションを変更しないと使用できない機能に関連するページです。 F# で使用できるページに最も近いのは C# のページなので、C# のプロジェクト デザイナーの関連するページへのリンクも含まれています。

プロジェクト デザイナーのページ

関連リンク

説明

アプリケーション

[アプリケーション] ページ (プロジェクト デザイナー) (C#)

アプリケーション レベルの設定とプロパティを指定できます (ライブラリと実行可能ファイルのどちらを作成するか、どのバージョンの .NET Framework を対象とするか、アプリケーションが使用するリソース ファイルはどこに格納されているかなど)。

ビルド

[ビルド] ページ (プロジェクト デザイナー) (C#)

コードのコンパイル方法を制御できます。

ビルド イベント

[ビルド イベント] ページ (プロジェクト デザイナー) (C#)

コンパイルの前後に実行するコマンドを指定できます。

デバッグ

[デバッグ] ページ (プロジェクト デザイナー)

デバッグ時のアプリケーションの実行方法を制御できます (使用するコマンド ライン、アプリケーションの開始ディレクトリ、有効にする特殊なデバッグ モード (ネイティブ コード、SQL など) など)。

参照パス

方法 : 参照パスを設定する (C#)

コードが依存するアセンブリを検索する場所を指定できます。

F# 固有の設定

F# 固有の設定の概要を次の表に示します。

プロジェクト デザイナーのページ

設定値

説明

ビルド

tail 呼び出しの生成

選択すると、tail MSIL (Microsoft Intermediate Language) 命令を使用できるようになり、 tail 再帰関数でスタック フレームが再利用されます。 --tailcalls コンパイラ オプションに相当します。

ビルド

その他のフラグ

追加のコンパイラ コマンド ライン オプションを指定できます。

参照

その他の技術情報

Visual Studio による F# プログラムの作成

コンパイラ オプション (F#)

プロジェクト デザイナーを使用したプロジェクトのプロパティの管理