演算子のオーバーロード (F#)

このトピックでは、クラス型またはレコード型の算術演算子をオーバーロードする方法と、グローバル レベルで算術演算子をオーバーロードする方法について説明します。

// Overloading an operator as a class or record member. 
static member (operator-symbols) (parameter-list) = 
    method-body
// Overloading an operator at the global level
let [inline] (operator-symbols) parameter-list =
    function-body

解説

前の構文の operator-symbol には、+、-、*、/、= などのいずれかを指定します。 parameter-list には、演算子のオペランドを、通常の構文で記述する順序で指定します。 method-body には、結果値を得るための処理を記述します。

演算子のオーバーロードには、static を指定する必要があります。 + や - などの単項演算子のオーバーロードでは、次の宣言で示すように、operator-symbol でティルダ (~) を使用して、演算子が二項演算子ではなく、単項演算子であることを示す必要があります。

static member (~-) (v : Vector)

次のコードは、演算子を 2 つだけ含むベクター クラスを示しています。その 1 つは単項否定演算子で、もう 1 つはスカラーによる乗算演算子です。 この例では、ベクターとスカラーの記述順序とは無関係に演算子が機能する必要があるため、必要となるスカラー乗算のオーバーロードは 2 つです。

type Vector(x: float, y : float) =
   member this.x = x
   member this.y = y
   static member (~-) (v : Vector) =
     Vector(-1.0 * v.x, -1.0 * v.y)
   static member (*) (v : Vector, a) =
     Vector(a * v.x, a * v.y)
   static member (*) (a, v: Vector) =
     Vector(a * v.x, a * v.y)
   override this.ToString() =
     this.x.ToString() + " " + this.y.ToString()

let v1 = Vector(1.0, 2.0)

let v2 = v1 * 2.0
let v3 = 2.0 * v1

let v4 = - v2

printfn "%s" (v1.ToString())
printfn "%s" (v2.ToString())
printfn "%s" (v3.ToString())
printfn "%s" (v4.ToString())

新しい演算子の作成

標準演算子はすべてオーバーロードすることができますが、特定の文字を並べて新しい演算子を作成することもできます。 演算子文字として使用できる文字は、!、%、&、*、+、-、.、/、<、=、>、?、@、^、 |、および ~ です。 ~ には、演算子を単項演算子にするという特別な意味があるため、演算子の文字シーケンスに含めることはできません。 すべての演算子を単項演算子にできるわけではありません。このトピックで後述する「前置演算子と挿入演算子」を参照してください。

作成した演算子は、使用した厳密な文字シーケンスに従って、特定の優先順位と結合規則を持つようになります。 結合規則を使用する方向は、左から右にすることも、右から左にすることもできます。シーケンスの中で同じレベルの優先順位を持つ演算子を、かっこを使用せずに記述する場合は、必ず結合規則を使用します。

演算子文字の . は、優先順位に影響しません。そのため、通常の乗算演算子と同じ優先順位と結合規則を持つ独自の形式の乗算演算子を定義する場合などに、.* のような演算子を作成できます。

F# のすべての演算子の優先順位を示す表が、「シンボルと演算子のリファレンス (F#)」に記載されています。

オーバーロードされた演算子の名前

F# コンパイラが演算子の式をコンパイルするときに、その演算子のメソッドが生成されます。このメソッドには、コンパイラにより生成された名前が付けられます。 これは、このメソッドの Microsoft Intermediate Language (MSIL) で使用される名前です。また、リフレクションと IntelliSense でも使用されます。 通常、この名前を F# コードで使用する必要はありません。

次の表に、標準演算子と生成される名前を示します。

演算子

生成された名前

[]

op_Nil

::

op_Cons

+

op_Addition

-

op_Subtraction

*

op_Multiply

/

op_Division

@

op_Append

^

op_Concatenate

%

op_Modulus

&&&

op_BitwiseAnd

|||

op_BitwiseOr

^^^

op_ExclusiveOr

<<<

op_LeftShift

~~~

op_LogicalNot

>>>

op_RightShift

~+

op_UnaryPlus

~-

op_UnaryNegation

=

op_Equality

<=

op_LessThanOrEqual

>=

op_GreaterThanOrEqual

<

op_LessThan

>

op_GreaterThan

?

op_Dynamic

?<-

op_DynamicAssignment

|>

op_PipeRight

<|

op_PipeLeft

!

op_Dereference

>>

op_ComposeRight

<<

op_ComposeLeft

<@ @>

op_Quotation

<@@ @@>

op_QuotationUntyped

+=

op_AdditionAssignment

-=

op_SubtractionAssignment

*=

op_MultiplyAssignment

/=

op_DivisionAssignment

..

op_Range

.. ..

op_RangeStep

ここに記載されていないその他の演算子文字の組み合わせも演算子として使用できます。その場合の名前は、次の表の各文字の名前を連結して生成されます。 たとえば、+! の名前は op_PlusBang となります。

演算子文字

名前

>

Greater

<

Less

+

Plus

-

Minus

*

Multiply

/

Divide

=

Equals

~

Twiddle

%

Percent

.

Dot

&

Amp

|

Bar

@

At

^

Hat

!

Bang

?

Qmark

(

LParen

,

Comma

)

RParen

[

LBrack

]

RBrack

前置演算子と挿入演算子

前置演算子は、関数のように、1 つまたは複数のオペランドの前に記述されることが想定されています。 挿入演算子は、2 つのオペランドの間に記述することが想定されています。

前置演算子として使用できるのは特定の演算子だけです。 演算子は、常に前置演算子であるもの、挿入演算子にも前置演算子にもなるもの、および常に挿入演算子であるものに分けられます。 演算子 ! および ~、またはこれらの連続したシーケンスは、常に前置演算子です。 演算子 +、-、+.、-.、&、&&、%、および %% は、前置演算子にも挿入演算子にもなります。 これらの演算子の前置バージョンを挿入バージョンと区別するには、定義時に前置演算子の先頭に ~ を追加します。 ~ は、演算子の使用時には使用されず、定義時にのみ使用されます。

使用例

次のコードは、分数型を実装する際の演算子のオーバーロードの使用例です。 分数は、分子と分母で表されます。 hcf 関数を使用して最大公約数を求め、その公約数を使用して約分します。

// Determine the highest common factor between
// two positive integers, a helper for reducing
// fractions.
let rec hcf a b =
  if a = 0u then b
  elif a<b then hcf a (b - a)
  else hcf (a - b) b

// type Fraction: represents a positive fraction
// (positive rational number).
type Fraction =
   {
      // n: Numerator of fraction.
      n : uint32
      // d: Denominator of fraction.
      d : uint32
   }

   // Produce a string representation. If the
   // denominator is "1", do not display it.
   override this.ToString() =
      if (this.d = 1u)
        then this.n.ToString()
        else this.n.ToString() + "/" + this.d.ToString()

   // Add two fractions.
   static member (+) (f1 : Fraction, f2 : Fraction) =
      let nTemp = f1.n * f2.d + f2.n * f1.d
      let dTemp = f1.d * f2.d
      let hcfTemp = hcf nTemp dTemp
      { n = nTemp / hcfTemp; d = dTemp / hcfTemp }

   // Adds a fraction and a positive integer.
   static member (+) (f1: Fraction, i : uint32) =
      let nTemp = f1.n + i * f1.d
      let dTemp = f1.d
      let hcfTemp = hcf nTemp dTemp
      { n = nTemp / hcfTemp; d = dTemp / hcfTemp }

   // Adds a positive integer and a fraction.
   static member (+) (i : uint32, f2: Fraction) =
      let nTemp = f2.n + i * f2.d
      let dTemp = f2.d
      let hcfTemp = hcf nTemp dTemp
      { n = nTemp / hcfTemp; d = dTemp / hcfTemp }

   // Subtract one fraction from another.
   static member (-) (f1 : Fraction, f2 : Fraction) =
      if (f2.n * f1.d > f1.n * f2.d)
        then failwith "This operation results in a negative number, which is not supported."
      let nTemp = f1.n * f2.d - f2.n * f1.d
      let dTemp = f1.d * f2.d
      let hcfTemp = hcf nTemp dTemp
      { n = nTemp / hcfTemp; d = dTemp / hcfTemp }

   // Multiply two fractions.
   static member (*) (f1 : Fraction, f2 : Fraction) =
      let nTemp = f1.n * f2.n
      let dTemp = f1.d * f2.d
      let hcfTemp = hcf nTemp dTemp
      { n = nTemp / hcfTemp; d = dTemp / hcfTemp }

   // Divide two fractions.
   static member (/) (f1 : Fraction, f2 : Fraction) =
      let nTemp = f1.n * f2.d
      let dTemp = f2.n * f1.d
      let hcfTemp = hcf nTemp dTemp
      { n = nTemp / hcfTemp; d = dTemp / hcfTemp }

   // A full set of operators can be quite lengthy. For example,
   // consider operators that support other integral data types,
   // with fractions, on the left side and the right side for each.
   // Also consider implementing unary operators.

let fraction1 = { n = 3u; d = 4u }
let fraction2 = { n = 1u; d = 2u }
let result1 = fraction1 + fraction2
let result2 = fraction1 - fraction2
let result3 = fraction1 * fraction2
let result4 = fraction1 / fraction2
let result5 = fraction1 + 1u
printfn "%s + %s = %s" (fraction1.ToString()) (fraction2.ToString()) (result1.ToString())
printfn "%s - %s = %s" (fraction1.ToString()) (fraction2.ToString()) (result2.ToString())
printfn "%s * %s = %s" (fraction1.ToString()) (fraction2.ToString()) (result3.ToString())
printfn "%s / %s = %s" (fraction1.ToString()) (fraction2.ToString()) (result4.ToString())
printfn "%s + 1 = %s" (fraction1.ToString()) (result5.ToString())
  // 出力:
3/4 + 1/2 = 5/4
3/4 - 1/2 = 1/4
3/4 * 1/2 = 3/8
3/4 / 1/2 = 3/2
3/4 + 1 = 7/4

グローバル レベルの演算子

演算子は、グローバル レベルで定義することもできます。 次のコードで、演算子 +? を定義します。

let inline (+?) (x: int) (y: int) = x + 2*y
printf "%d" (10 +? 1)

上記のコードの出力は 12 になります。

F# のスコープ規則では、新しく定義された演算子が組み込み演算子よりも優先されるため、このようにして、通常の算術演算子を再定義できます。

キーワード inline は、グローバル演算子と共に使用されることがよくあります。グローバル演算子は、通常、呼び出し元のコードに適宜組み込まれる小規模関数にします。 演算子関数をインライン化することにより、その関数を静的に解決された型パラメーターと共に使用して、静的に解決されたジェネリック コードを作成することもできます。 詳細については、「インライン関数 (F#)」および「静的に解決された型パラメーター (F#)」を参照してください。

参照

概念

メンバー (F#)