/optimize (C# コンパイラ オプション)

/optimize オプションは、コンパイラで行われる最適化の有効と無効を切り替えて、出力ファイルのサイズを小さくし、速度と効率を高めます。

/optimize[+ | <U>-</U>]

解説

また、/optimize は、実行時にコードを最適化するように共通言語ランタイムに指示します。

既定では、最適化は無効です。 最適化を有効にするには、/optimize+ を指定します。

アセンブリで使用するモジュールをビルドする場合は、アセンブリと同じ /optimize の設定を使用してください。

/o/optimize の省略形です。

/optimize オプションと /debug オプションを組み合わせることができます。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ] ページを開きます。

  2. [ビルド] プロパティ ページをクリックします。

  3. [コードの最適化] プロパティを変更します。

このコンパイラ オプションをプログラムで設定する方法については、「Optimize」を参照してください。

使用例

t2.cs をコンパイルし、コンパイラの最適化を有効にするには、次のコードを使用します。

csc t2.cs /optimize

参照

その他の技術情報

C# コンパイラ オプション

プロジェクト プロパティ (Visual Studio)