CComMultiThreadModel クラス

CComMultiThreadModel には、変数の値をインクリメントおよびデクリメントするためのスレッド セーフなメソッドが用意されています。

class CComMultiThreadModel

解説

通常、CComMultiThreadModelCComObjectThreadModel または CComGlobalsThreadModel のどちらかの typedef 名を介して使います。 各 typedef が参照するクラスは、使用するスレッド化モデルによって異なります。次の表はその状況を示します。

typedef

シングルスレッド

アパートメント スレッド

フリー スレッド

CComObjectThreadModel

S

S

M

CComGlobalsThreadModel

S

M

M

S=CComSingleThreadModel; M=CComMultiThreadModel

CComMultiThreadModel 自身は、3 つの typedef 名を定義します。 AutoCriticalSectionCriticalSection は、クリティカル セクションの所有権の取得と解放のためのメソッドを提供するクラスを参照します。 ThreadModelNoCS は、CComMultiThreadModelNoCS クラスを参照します。

必要条件

**ヘッダー:**atlbase.h

参照

参照

CComSingleThreadModel クラス

CComAutoCriticalSection クラス

CComCriticalSection クラス

その他の技術情報

CComMultiThreadModel のメンバー

ATL クラスの概要