各言語の演算子の比較

ここでは、Visual Basic、C++、C#、および F# の演算子の一覧を示します。

演算子の詳細については、各言語の説明を参照

参照項目

Visual Basic

演算子の概要

C++

C++ Operators

ユーザー定義演算子

C#

C# の演算子

F#

シンボルと演算子のリファレンス (F#)

演算子の言語別比較

Visual Basic

C++

C#

F#

加法

加算

+

+

+

+

減算

-

-

-

-

乗法

乗算

*

*

*

*

除算

/

/

/

/

整数除算

\

/1

/1

/

剰余 (余りだけを返す除算)

Mod (浮動小数点にも使用)

%

%

%

指数演算

^

該当なし

該当なし

**

代入

代入

=

=

=

=

加算

+=

+=

+=

該当なし

減算

-=

-=

-=

該当なし

乗算

*=

*=

*=

該当なし

除算

/=

/=

/=

該当なし

整数除算

\=

該当なし

/=1

該当なし

指数演算

^=

該当なし

該当なし

該当なし

文字列の連結

&=

+=

+=

該当なし

剰余

該当なし

%=

%=

該当なし

左シフト

<<=

<<=

<<=

該当なし

右シフト

>>=

>>=

>>=

該当なし

ビットごとの AND

該当なし

&=

&=

該当なし

ビットごとの排他的 OR

該当なし

^=

^=

該当なし

ビットごとの包括的 OR

該当なし

|=

|=

該当なし

関係と比較

より小さい

<

<

<

<

以下

<=

<=

<=

<=

より大きい

>

>

>

>

以上

>=

>=

>=

>=

等しい

=

==

==

=

等しくない

<>

!=

!=

<>

参照変数の比較

Is

IsNot

該当なし

==

=

参照型の比較

TypeOf x Is Class1

該当なし

x is Class1 (as および typeof も参照)

:?

文字列比較

=

Equals

(文字列を比較および連結する関数がある)

==

Equals

=

文字列の連結

&

該当なし

+

+

ショートサーキットのブール型 AND

AndAlso

&&

&&

&&

ショートサーキットのブール型 OR

OrElse

||

||

||

ビット シフト

左シフト

<<

<<

<<

<<<

右シフト

>>

>>

>>

>>>

スコープ解決

スコープ解決

.

MyBase

MyClass

::

.

base

.

base

後置2

配列要素

( )

[ ]

[ ]

[| |]

関数呼び出し

( )

( )

( )

( )

型キャストまたは変換

CInt

CDbl

...

CType

(type)

(type)

:>

:?>

メンバー選択

.

!

.

->

.

.

後置インクリメント

該当なし

++

++

該当なし

後置デクリメント

該当なし

--

--

該当なし

単項3

間接

該当なし

*

* (非セーフ モードのみ)

!(参照セルの場合)

アドレス

AddressOf

&

& (非セーフ モードのみ。fixed も参照)

&

論理 NOT

Not

!

!

not

1 の補数

Not

~

~

~~~

前置インクリメント

該当なし

++

++

該当なし

前置デクリメント

該当なし

--

--

該当なし

型のサイズ

該当なし

sizeof

sizeof

sizeof

コンマ

該当なし

,

該当なし

該当なし

ビット単位

ビットごとの AND

And

&

&

&&&

ビットごとの排他的 OR

Xor

^

^

^^^

ビットごとの包括的 OR

Or

|

|

|||

論理

論理 AND

And

&

&

&&

論理 OR

Or

|

|

||

条件

Null 合体演算子

If( )

該当なし

??

該当なし

三項条件

If( )

?:

?:

該当なし

メンバーへのポインター

メンバーへのポインター

該当なし

.* ->

.(非セーフ モードのみ)

該当なし

Reference

Reference

該当なし

&

該当なし (参照型を使用)

ref

1 除算演算子は、オペランドによっては、整数および浮動小数点の除算を処理するためにオーバーロードされます。

2 後置演算子は、式の評価で優先順位が最高位になります。

3 単項演算子はオペランドの前に置かれ、右から左に関連付けられます。

参照

関連項目

コード例による各言語のプログラミング概念の比較

各言語およびライブラリにおける、コントロールとプログラミング可能オブジェクトの比較

その他の技術情報

各言語の比較