例外: invalidArg 関数 (F#)

invalidArg 関数は、引数の例外を生成します。

invalidArg parameter-name error-message-string

解説

前の構文の parameter-name は、引数が無効だったパラメーターの名前を含む文字列です。error-message-string は、string 型のリテラル文字列または値です。このリテラル文字列または値は、例外オブジェクトの Message プロパティになります。

invalidArg によって生成される例外は System.ArgumentException 例外です。次のコードは、例外をスローする invalidArg の使用を示しています。

let months = [| "January"; "February"; "March"; "April";
                "May"; "June"; "July"; "August"; "September";
                "October"; "November"; "December" |]

let lookupMonth month =
   if (month > 12 || month < 1)
     then invalidArg "month" (sprintf "Value passed in was %d." month)
   months.[month - 1]

printfn "%s" (lookupMonth 12)
printfn "%s" (lookupMonth 1)
printfn "%s" (lookupMonth 13)

出力は次のようになり、スタック トレースが続きます (ここでは表示されていません)。

December
January
System.ArgumentException: Month parameter out of range.

参照

関連項目

例外の種類 (F#)

例外: try...with 式 (F#)

例外: try...finally 式 (F#)

例外: raise 関数 (F#)

例外: failwith 関数 (F#)

その他の技術情報

例外処理 (F#)