方法: 手動テスト ケースを作成する

Microsoft Test Manager を使用して、アクションと検証の両方のテスト ステップがある手動テスト ケースを作成できます。また、共有ステップという共通のテスト ステップのセットを複数のテスト ケース間で共有することもできます。このため、テスト中のアプリケーションが変更された場合でも、テスト ステップの保守が簡単になります。共有ステップの詳細については、「方法: 共有ステップを使用してテスト ケースの共通のステップを共有する」を参照してください。

要件

  • Visual Studio Ultimate, Visual Studio Premium, Visual Studio Test Professional

作成するテスト ケースは、チーム プロジェクトに関連付けられ、同じテスト計画や別のテスト計画の複数のテスト スイートに追加できます。これらのテスト ケースを実行するときは、合格するテスト ステップと失敗するテスト ステップを指定できます。失敗したテスト ケースからは、バグを作成できます。このバグには、テスト ステップや収集されるその他の情報が自動的に追加されます。手動テスト ケースの実行方法の詳細については、「テスト ランナーを使用した手動テストの実行」を参照してください。

異なるデータを使用して手動テスト ケースを複数回実行する場合でも、テスト ケースのコピーを複数作成する必要はありません。テスト ケースの任意のテスト ステップについて、操作または期待される結果にパラメーターを追加できます。さらに、テストで使用するパラメーターの複数の値セットを追加できます。パラメーターのそれぞれの値セットは、テストの個別の反復として実行されます。詳細については、「方法: 手動テスト ケースにパラメーターを追加して、異なるデータで複数回実行する」を参照してください。

次の図に示すように、スイートを選択して、テスト計画から手動テスト ケースを作成できます。

テスト スイートへのテスト ケースの追加

[!メモ]

要件をテスト計画に追加してテスト スイートを作成すると、テスト スイートに追加する既存または新規のテスト ケースがその要件に自動的にリンクされます。

その後で、次の図に示すように、テスト ケースの詳細を追加できます。

手動テスト ケースの作成

[!メモ]

テスト ステップを追加するには、Microsoft Excel や Microsoft Word からコピーして貼り付けます。Microsoft Excel または Microsoft Word 文書でステップを選択し、右側の手順は、既存または [*** ステップを追加するには、ここを選択します。***] を選択し、[貼り付け] をポイントします。詳細については、「方法: Microsoft Excel ファイルや Microsoft Word 文書から手動テスト ケースにテスト ステップを追加する」を参照してください。また、操作や期待される結果のタブ区切りのリストがあるプレーン テキスト ファイルからコピーして貼り付けることもできます。

手動テスト ケースを作成および修正するには、次の手順に従います。

  • 手動テスト ケースの作成

  • 手動テスト ケースへの操作および検証のテスト ステップの追加

手動テスト ケースの作成

手動テスト ケースを作成するには

  1. Microsoft Test Manager を開きます。

    [!メモ]

    Microsoft Test Manager のウィンドウを表示するには、を選択し、[すべてのプログラム] を選択します。Microsoft Visual Studio 2012 のをポイントし、Microsoft テスト マネージャーを選択します。

  2. [テスト センタ] から、[計画] を選択し、[内容] を選択します。

    [内容] ペインが表示されます。

  3. テスト ケースを追加するを選択し、を [新規作成] を選択します。テスト スイート階層のペインでテスト スイートを示します。

    [新しいテスト ケース] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [タイトル] ボックスに名前を入力して、テスト ケースに名前を付けます。

    このタイトルはテスト ケースを識別するものであり、必要な場合にはテスト ケースの検索に使用できます。

  5. テスト ケースの適切な所有者を選択するに [担当者] を選択します。

  6. (省略可能) テスト ケースの状態を変更するには、先にテスト ケースを保存する必要があります。テスト ケースを保存すると、次の表に基づいて状態を一覧から選択できます。

    状態

    使用する状況

    設計

    テスト ケースはデザイン中であり、レビューおよび承認はまだ行われていません。

    準備完了

    テスト ケースはレビューおよび承認されており、実行準備ができています。

    Closed

    このチーム プロジェクトの今後の反復には、このテスト ケースは不要になりました。

    これらのステータスは、チーム プロジェクトの作成に使用されたプロセス テンプレートを基に生成されます。プロセス テンプレートをカスタマイズする方法の詳細については、「プロセス テンプレートのカスタマイズ」を参照してください。

    [!メモ]

    既定では、[状態][デザイン] に設定されます。状態が [デザイン] のテスト ケースを実行できます。

  7. テスト ケースの重要度を選択するに [優先度] を選択します。

  8. (省略可能) 手動テスト ケースは自動テストに変換できます。オートメーションのテスト ケースの状態を設定し、[オートメーションの状態] を選択し、状態を、次の表に基づいて一覧から選択するには:

    状態

    使用する状況

    自動化なし

    これは手動テスト ケース用です。

    計画済み

    この計画は、このテスト ケースのオートメーションを後で追加することです。

    自動

    自動テストがテスト ケースに追加される場合、この値が自動的に設定されます。

    [!メモ]

    既定では、[オートメーションの状態][自動化なし] に設定されます。手動テスト ケースを自動テスト ケースに変換する方法の詳細については、「方法: テスト ケースに自動テストを関連付ける」を参照してください。

  9. テスト ケースに応じたチーム プロジェクトの区分を選択するに [区分 ] を選択します。

    [!メモ]

    区分はチーム プロジェクトの Team Foundation Server 管理者によって設定されます。この "区分" フィールドを使用して手動テスト ケースを照会できます。

  10. このテスト ケースに応じたチーム プロジェクトのイテレーションを選択するに [イテレーション] を選択します。

  11. (省略可能) テスト ケースのテスト対象の要件またはユーザー ストーリーにテスト ケースをリンクするには、[テストされたユーザー ストーリ] を選択し、[リンク先] を選択します。次に、[作業項目 ID] 項目を入力するか、項目を参照して、を [OK] を選択します。

    要件またはユーザー ストーリーが表示されます。

  12. テスト ケースを保存するには、ツール バーの [保存] を選択します。

    [!メモ]

    テスト ケースを保存すると、テスト ケース識別子が編集ペインのタイトルに表示されます。

手動テスト ケースへの操作および検証のテスト ステップの追加

手動テスト ケースの各テスト ステップについて、操作または期待される結果を一覧表示できます。また、詳細が得られるファイルや、テスト担当者が詳しい情報を得られるスクリーン ショットを添付することもできます。

手動テスト ケースに操作および検証のテスト ステップを追加するには

  1. Microsoft Test Manager を開きます。

    [!メモ]

    Microsoft Test Manager のウィンドウを表示するには、を選択し、[すべてのプログラム] を選択します。Microsoft Visual Studio 2012 のをポイントし、Microsoft テスト マネージャーを選択します。

  2. [テスト センタ] から、[計画] を選択し、[内容] を選択します。

    [内容] ペインが表示されます。

  3. テスト スイート階層構造ペインで、目的のテスト ケースが含まれているテスト スイートを選択します。

  4. ステップを追加するためにテスト ケースを開くには、テスト スイートの詳細ペインに表示されているテスト ケースをダブルクリックします。

  5. [ステップ] を選択します。

  6. 選択 [Choose here to add a step] し、テスト ステップの詳細を入力します。

  7. [操作] の下で、テスト ステップを実行するテスト担当者が行う操作を入力します。

  8. (省略可能) [期待される結果] の下で、操作の実行後に期待される結果を入力します。

    [!メモ]

    期待される結果をテスト ステップに追加すると、このステップは自動的に検証テスト ステップになり、ステップのアイコンに赤色のチェック マークが表示されます。既定では、各テスト ステップは操作テスト ステップであり、このステップの実行時に検証は不要です。テスト ケースを実行するときは、検証テスト ステップを個別に合格または失敗と指定する必要があります。そうしない場合、テストの状態は自動的に失敗に指定されます。

    [!メモ]

    Microsoft テスト マネージャーは、ステップのテキストの書式設定に使用できるツール バーが含まれます。太字のようなさまざまな書式オプションを使用すると、文字のキー ポイントにコメントに下線を引くか、強調表示色指定できます。

  9. (省略可能) Ctrl キーを [Alt] キー、従属テスト ステップと予想される結果を追加するに [Enter] を押しながら。テスト ステップに必要とするすべての従属複数のテスト ステップを追加できます。

    たとえば、前の図に示すように、「アプリケーションにログイン」というテスト ステップを作成し、次の従属テスト ステップを追加できます:

    • 「選択して右上隅の署名にリンク (」

    • 「User フィールドに入力します。ユーザー名が」。

    • 「パスワード フィールドに、パスワードを入力してください」。

    • 「選択します。負のボタン」

  10. 別のテスト ステップを追加するには、[Enter] を選択します。テストに必要な数のテスト ステップを追加できます。

  11. (省略可能) テスト ステップに添付ファイルを追加するには、テスト ステップを選択し、ツール バーの添付ファイル アイコンをクリックします。添付ファイルの場所を入力するには、[*** 追加します **\] ファイルの場所の種類を選択し、[OK*] を選択します。

  12. (省略可能) テスト ステップを挿入するには、ステップを選択し、ツール バーの [ステップの挿入] を選択します。

    テスト ステップは、選択したステップの上に挿入されます。

  13. (省略可能) テスト リストの手順を実行するために、1 個または複数のステップを選択し、ツール バーの [上へ移動] か [下へ移動 ] を選択します。

    選択したステップは上または下に 1 ステップ分移動します。

  14. (省略可能) 共有ステップをテスト ケースに追加するには、ステップを右クリックし、[共有ステップの挿入] をポイントします。共有ステップを一覧から選択し、[挿入] を選択します。

    共有ステップは、選択したステップの上に挿入されます。

    [!メモ]

    また、共有ステップはテスト ケースから作成することもできます。詳細については、「方法: 共有ステップを使用してテスト ケースの共通のステップを共有する」を参照してください。

  15. テスト ケースを保存するには、ツール バーの [保存して閉じる] を選択します。

    これで、テスト ランナーを使用してテスト ケースを実行できます。詳細については、「方法: 手動テストを実行する」を参照してください。

参照

処理手順

方法: 共有ステップを使用してテスト ケースの共通のステップを共有する

方法: 手動テストを実行する

方法: テスト スイートで複数の手動テストを実行する

方法: 手動テスト ケースにパラメーターを追加して、異なるデータで複数回実行する

方法: Microsoft テスト マネージャーを使用して作業項目を作成する

方法: Microsoft テスト マネージャーを使用して特定の作業項目を検索する

概念

Microsoft テスト マネージャーを使用した手動テスト ケースの作成