Array.average<^T> 関数 (F#)

配列内の要素の平均を返します。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections.Array

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll)

// Signature:
Array.average : ^T [] -> ^T (requires ^T with static member (+) and ^T with static member DivideByInt and ^T with static member Zero)

// Usage:
Array.average array

パラメーター

  • array
    型: ^T[]

    入力配列。

例外

例外

状態

ArgumentException

array が空の場合にスローされます。

戻り値

配列の要素の平均。

解説

この関数は、型で正確な除算演算がサポートされていることを必要とするため、整数の配列に対して直接使用することはできません。このことは、要素の型で DivideByInt がサポートされている必要があるという制約によって示されています。浮動小数点型では DivideByInt がサポートされています。整数の配列の平均を計算するには、Array.averageBy の例を参照してください。

この関数は、コンパイルされたアセンブリでは Average という名前です。F# 以外の言語から、またはリフレクションを使用してこの関数にアクセスする場合は、この名前を使用します。

使用例

Array.average の使用例を次のコードに示します。

let average1 = Array.average [| 1.0 .. 10.0 |]
printfn "Average: %f" average1
// To get the average of an array of integers, 
// use Array.averageBy to convert to float.
let average2 = Array.averageBy (fun elem -> float elem) [|1 .. 10 |]
printfn "Average: %f" average2

出力

  方法: 方法: 5.500000 5.500000


プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Collections.Array モジュール (F#)

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)