Array.sub<'T> 関数 (F#)

開始インデックスと長さによって指定されたサブ範囲を含む新しい配列を作成します。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections.Array

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

// Signature:
Array.sub : 'T [] -> int -> int -> 'T []

// Usage:
Array.sub array startIndex count

パラメーター

  • array
    型: 'T[]

    入力配列。

  • startIndex
    型: int

    サブ配列の最初の要素のインデックス。

  • count
    型: int

    サブ配列の長さ。

戻り値

作成されたサブ配列。

解説

この関数は、コンパイルされたアセンブリでは GetSubArray という名前です。F# 以外の言語から、またはリフレクションを使用してこの関数にアクセスする場合は、この名前を使用します。

使用例

Array.sub を使用してサブ配列を指定する方法を次の例に示します。出力では、サブ配列が 0 から始まるインデックス 5 から開始し、10 個の要素を含むことが示されています。

let a1 = [| 0 .. 99 |]
let a2 = Array.sub a1 5 10
printfn "%A" a2
  [|5; 6; 7; 8; 9; 10; 11; 12; 13; 14|]

プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Collections.Array モジュール (F#)

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)