Array.reduceBack<'T> 関数 (F#)

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、配列の各要素に関数を適用します。入力関数が f で、要素が i0...iN の場合は、f i0 (...(f iN-1 iN)) を計算します。配列のサイズがゼロの場合は、ArgumentException が発生します。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections.Array

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

// Signature:
Array.reduceBack : ('T -> 'T -> 'T) -> 'T [] -> 'T

// Usage:
Array.reduceBack reduction array

パラメーター

  • reduction
    型: 'T -> 'T -> 'T

    要素のペアを 1 つの要素に減らす関数。

  • array
    型: 'T[]

    入力配列。

例外

例外

状態

ArgumentException

入力配列が空の場合にスローされます。

戻り値

リダクションの最終結果。

解説

この関数は、コンパイルされたアセンブリでは ReduceBack という名前です。F# 以外の言語、またはリフレクションを使用してメンバーにアクセスする場合は、この名前を使用します。

使用例

Array.reduceArray.reduceBack を比較するコード例を次に示します。

// Computes ((1 - 2) - 3) - 4 = -8
Array.reduce (fun elem acc -> elem - acc) [| 1; 2; 3; 4 |]
|> printfn "%A"
// Computes 1 - (2 - (3 - 4)) = -2
Array.reduceBack (fun elem acc -> elem - acc) [| 1; 2; 3; 4 |]
|> printfn "%A"

出力

  -8 -2


プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Collections.Array モジュール (F#)

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)