Collections.List モジュール (F#)

リストに対する基本操作。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

module List

解説

F# のリストの概要については、「リスト (F#)」を参照してください。

Values

説明

append : 'T list -> 'T list -> 'T list

最初のリストの要素の後に 2 番目のリストの要素を含む新しいリストを返します。

average : 'T list -> ^T

リスト内の要素の平均を返します。

averageBy : ('T -> ^U) -> 'T list -> ^U

リストの各要素に関数を適用することで生成された要素の平均を返します。

choose : ('T -> 'U option) -> 'T list -> 'U list

指定された関数をリストの各要素に適用します。関数が Some を返す各要素の結果から構成されるリストを返します。

collect : ('T -> 'U list) -> 'T list -> 'U list

指定された関数をリストの各要素に適用します。すべての結果を連結し、結合リストを返します。

concat : seq<'T list> -> 'T list

リストの各要素を順番に含む新しいリストを返します。

empty : 'T list

指定した型の空のリストを返します。

exists : ('T -> bool) -> 'T list -> bool

リストのいずれかの要素が、指定された述語を満たすかどうかをテストします。

exists2 : ('T1 -> 'T2 -> bool) -> 'T1 list -> 'T2 list -> bool

リストの対応する要素のペアが、指定された述語を満たすかどうかをテストします。

filter : ('T -> bool) -> 'T list -> 'T list

指定した述語が true を返すコレクションの要素のみを含む新しいコレクションを返します。

find : ('T -> bool) -> 'T list -> 'T

指定した関数が true を返す最初の要素を返します。

findIndex : ('T -> bool) -> 'T list -> int

指定した述語を満たすリスト内の最初の要素のインデックスを返します。

fold : ('State -> 'T -> 'State) -> 'State -> 'T list -> 'State

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、コレクションの各要素に関数を適用します。この関数は、まず 2 番目の引数を受け取り、その引数とリストの最初の要素に関数を適用します。次に、この結果を 2 番目の要素と共に関数に渡します。それ以降も同様に繰り返します。最後に、最終結果を返します。入力関数が f で、要素が i0...iN の場合は、f (... (f s i0) i1 ...) iN を計算します。

fold2 : ('State -> 'T1 -> 'T2 -> 'State) -> 'State -> 'T1 list -> 'T2 list -> 'State

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、2 つのコレクションの対応する要素に関数を適用します。各コレクションは同じサイズである必要があります。入力関数が f で、要素が i0...iN および j0...jN の場合は、f (... (f s i0 j0)...) iN jN を計算します。

foldBack : ('T -> 'State -> 'State) -> 'T list -> 'State -> 'State

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、コレクションの各要素に関数を適用します。入力関数が f で、要素が i0...iN の場合は、f i0 (...(f iN s)) を計算します。

foldBack2 : ('T1 -> 'T2 -> 'State -> 'State) -> 'T1 list -> 'T2 list -> 'State -> 'State

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、2 つのコレクションの対応する要素に関数を適用します。各コレクションは同じサイズである必要があります。入力関数が f で、要素が i0...iN および j0...jN の場合は、f i0 j0 (...(f iN jN s)) を計算します。

forall : ('T -> bool) -> 'T list -> bool

コレクションのすべての要素が、指定された述語を満たすかどうかをテストします。

forall2 : ('T1 -> 'T2 -> bool) -> 'T1 list -> 'T2 list -> bool

コレクションの対応するすべての要素が、指定された述語をペア単位で満たすかどうかをテストします。

head: 'T list -> 'T

リストの最初の要素を返します。

init : int -> (int -> 'T) -> 'T list

指定されたジェネレーターを各インデックスで呼び出してリストを作成します。

isEmpty : 'T list -> bool

リストに要素が含まれない場合は true、それ以外の場合は false を返します。

iter : ('T -> unit) -> 'T list -> unit

指定された関数をコレクションの各要素に適用します。

iter2 : ('T1 -> 'T2 -> unit) -> 'T1 list -> 'T2 list -> unit

指定された関数を 2 つのコレクションに同時に適用します。各コレクションは同じサイズである必要があります。

iteri : (int -> 'T -> unit) -> 'T list -> unit

指定された関数をコレクションの各要素に適用します。関数に渡される整数は、要素のインデックスを示します。

iteri2 : (int -> 'T1 -> 'T2 -> unit) -> 'T1 list -> 'T2 list -> unit

指定された関数を 2 つのコレクションに同時に適用します。各コレクションは同じサイズである必要があります。関数に渡される整数は、要素のインデックスを示します。

length : 'T list -> int

リストの長さを返します。

map : ('T -> 'U) -> 'T list -> 'U list

指定された関数をコレクションの各要素に適用し、その結果を要素として持つ新しいコレクションを作成します。

map2 : ('T1 -> 'T2 -> 'U) -> 'T1 list -> 'T2 list -> 'U list

指定された関数を 2 つのコレクションの対応する要素のペアに適用し、その結果を要素として持つ新しいコレクションを作成します。

map3 : ('T1 -> 'T2 -> 'T3 -> 'U) -> 'T1 list -> 'T2 list -> 'T3 list -> 'U list

指定された関数を 3 つのコレクションの対応する要素に同時に適用し、その結果を要素として持つ新しいコレクションを作成します。

mapi : (int -> 'T -> 'U) -> 'T list -> 'U list

指定された関数をコレクションの各要素に適用し、その結果を要素として持つ新しいコレクションを作成します。関数に渡される整数のインデックスは、変換されている要素の (0 から始まる) インデックスを示します。

mapi2 : (int -> 'T1 -> 'T2 -> 'U) -> 'T1 list -> 'T2 list -> 'U list

List.mapi と同様ですが、同じ長さの 2 つのリストから対応する要素をマッピングします。

max : 'T list -> 'T

リストのすべての要素から最大の要素を返します。比較には Operators.max を使用します。

maxBy : ('T -> 'U) -> 'T list -> 'T

Operators.max を使用して関数の結果を比較することで、リストのすべての要素から最大の要素を返します。

min : 'T list -> 'T

リストのすべての要素から最小の要素を返します。比較には Operators.min を使用します。

minBy : ('T -> 'U) -> 'T list -> 'T

Operators.min を使用して関数の結果を比較することで、リストのすべての要素から最小の要素を返します。

nth : 'T list -> int -> 'T

インデックスを指定してリストにアクセスします。最初の要素のインデックスは 0 です。

ofArray : 'T [] -> 'T list

指定された配列からリストを作成します。

ofSeq : seq<'T> -> 'T list

指定された列挙可能なオブジェクトから新しいリストを作成します。

partition : ('T -> bool) -> 'T list * 'T list

コレクションを 2 つのコレクションに分割します。2 つのコレクションには、指定した述語が true を返す要素と false を返す要素がそれぞれ含まれます。

permute : (int -> int) -> 'T list -> 'T list

指定された置換に従ってすべての要素を置換したリストを返します。

pick : ('T -> 'U option) -> 'T list -> 'U

指定された関数を一連の要素に適用し、関数がなんらかの値に対して Some を返す最初の結果を返します。

reduce : ('T -> 'T -> 'T) -> 'T list -> 'T

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、コレクションの各要素に関数を適用します。この関数は、まずリストの最初の 2 つの要素に指定された関数を適用します。次に、この結果を 3 番目の要素と共に関数に渡します。それ以降も同様に繰り返します。最後に、最終結果を返します。入力関数が f で、要素が i0...iN の場合は、f (... (f i0 i1) i2 ...) iN を計算します。

reduceBack : ('T -> 'T -> 'T) -> 'T list -> 'T

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、コレクションの各要素に関数を適用します。入力関数が f で、要素が i0...iN の場合は、f i0 (...(f iN-1 iN)) を計算します。

replicate : (int -> 'T -> 'T list)

指定されたジェネレーターを各インデックスで呼び出してリストを作成します。

rev : 'T list -> 'T list

要素の順序を反転した新しいリストを返します。

scan : ('State -> 'T -> 'State) -> 'State -> 'T list -> 'State list

計算にアキュムレータ引数を使用しながら、コレクションの各要素に関数を適用します。この関数は、まず 2 番目の引数を受け取り、その引数とリストの最初の要素に指定された関数を適用します。次に、この結果を 2 番目の要素と共に関数に渡します。それ以降も同様に繰り返します。最後に、中間結果と最終結果のリストを返します。

scanBack : ('T -> 'State -> 'State) -> 'T list -> 'State -> 'State list

foldBack と同様ですが、中間結果と最終結果の両方を返します。

sort : 'T list -> 'T list

Operators.compare を使用して、指定したリストを並べ替えます。

sortBy : ('T -> 'Key) -> 'T list -> 'T list

指定したプロジェクションによって与えられるキーを使用して、指定したリストを並べ替えます。各キーは Operators.compare を使用して比較されます。

sortWith : ('T -> 'T -> int) -> 'T list -> 'T list

指定した比較関数を使用して、指定したリストを並べ替えます。

sum : ^T list -> ^T

リスト内の要素の合計を返します。

sumBy : ('T -> ^U) -> 'T list -> ^U

リストの各要素に関数を適用することで生成された結果の合計を返します。

tail : 'T list -> 'T list

最初の要素を除いた入力リストを返します。

toArray : 'T list -> 'T []

指定されたリストから配列を作成します。

toSeq : 'T list -> seq<'T>

指定されたリストをシーケンスとして表します。

tryFind : ('T -> bool) -> 'T list -> 'T option

指定した関数が true を返す最初の要素を返します。そのような要素が存在しない場合は、None を返します。

tryFindIndex : ('T -> bool) -> 'T list -> int option

指定した述語を満たすリスト内の最初の要素のインデックスを返します。そのような要素が存在しない場合は、None を返します。

tryPick : ('T -> 'U option) -> 'T list -> 'U option

指定された関数を一連の要素に適用し、関数がなんらかの値に対して Some を返す最初の結果を返します。そのような要素が存在しない場合は、None を返します。

unzip : ('T1 * 'T2) list -> 'T1 list * 'T2 list

ペアのリストを 2 つのリストに分割します。

unzip3 : ('T1 * 'T2 * 'T3) list -> 'T1 list * 'T2 list * 'T3 list

3 要素の組のリストを 3 つのリストに分割します。

zip : 'T1 list -> 'T2 list -> ('T1 * 'T2) list

2 つのリストをペアのリストに結合します。2 つのリストは同じ長さである必要があります。

zip3 : 'T1 list -> 'T2 list -> 'T3 list -> ('T1 * 'T2 * 'T3) list

3 つのリストを 3 要素の組のリストに結合します。各リストは同じ長さである必要があります。

プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)

その他の技術情報

リスト (F#)