Array.filter<'T> 関数 (F#)

指定した述語が true を返すコレクションの要素のみを含む新しいコレクションを返します。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections.Array

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

// Signature:
Array.filter : ('T -> bool) -> 'T [] -> 'T []

// Usage:
Array.filter predicate array

パラメーター

  • predicate
    型: 'T ->bool

    入力要素をテストする関数。

  • array
    型: 'T[]

    入力配列。

戻り値

指定した述語が true を返す要素を含む配列。

解説

この関数は、コンパイルされたアセンブリでは Filter という名前です。F# 以外の言語から、またはリフレクションを使用してこの関数にアクセスする場合は、この名前を使用します。

使用例

Array.filter を使用して配列から要素を選択する方法の例を次に示します。

let names = [|"Bob"; "Ann"; "Stephen"; "Vivek"; "Fred"; "Kim"; "Brian"; "Ling"; "Jane"; "Jonathan"|]
let longNames = names |> Array.filter (fun x -> x.Length > 4)

printfn "names = %A\n" names
printfn "longNames = %A" longNames
  名前 = [|" Bob」; 「Ann」; 「Stephen」; 「Vivek」; 「Fred」; 「ゴールデン」; 「Brian」; 「Ling」; 「Jane」; 「Jonathan "|longNames = [入力]|" Stephen」; 「Vivek」; 「Brian」; 「Jonathan "|入力]

プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Collections.Array モジュール (F#)

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)