Array.iteri2<'T1,'T2> 関数 (F#)

2 つの配列内の一致するインデックスから抽出された要素のペアに対して、指定された関数を適用し、その要素のインデックスを渡します。2 つの配列は同じ長さである必要があります。長さが異なると、ArgumentException が発生します。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections.Array

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll)

// Signature:
Array.iteri2 : (int -> 'T1 -> 'T2 -> unit) -> 'T1 [] -> 'T2 [] -> unit

// Usage:
Array.iteri2 action array1 array2

パラメーター

  • action
    型: int -> 'T1 -> 'T2 -> unit

    各インデックスと要素のペアに適用する関数。

  • array1
    型: 'T1 []

    最初の入力配列。

  • array2
    型: 'T2 []

    2 番目の入力配列。

例外

例外

状態

ArgumentException

入力配列の長さが異なる場合にスローされます。

解説

この関数は、コンパイルされたアセンブリでは [IterateIndexed2] という名前です。F# 以外の言語から、またはリフレクションを使用してこの関数にアクセスする場合は、この名前を使用します。

使用例

次のコード例では、Array.iterArray.iter2Array.iteri、および Array.iteri2 の間の違いを示します。

let array1 = [| 1; 2; 3 |]
let array2 = [| 4; 5; 6 |]
Array.iter (fun x -> printfn "Array.iter: element is %d" x) array1
Array.iteri(fun i x -> printfn "Array.iteri: element %d is %d" i x) array1
Array.iter2 (fun x y -> printfn "Array.iter2: elements are %d %d" x y) array1 array2
Array.iteri2 (fun i x y ->
               printfn "Array.iteri2: element %d of array1 is %d element %d of array2 is %d"
                 i x i y)
            array1 array2

出力

  Array.iter: Array.iter:要素は 1 です Array.iter:要素は 2 です Array.iteri:要素は 3 です 要素 0 は 1 です: Array.iteri 要素 1 は 2 です: Array.iteri 要素 2 は 3 です: Array.iter2 Array.iter2:要素は 1 4 です Array.iter2:要素は 2 5 です Array.iteri2:要素は 3 6 です 要素の element 0 of array2 is 1 element 4 Array.iteri2: 0 です。要素の element 1 of array2 is 2 element 5 Array.iteri2: 1 です。要素の element 2 of array2 is 3 element 2 of 6 です。


プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Collections.Array モジュール (F#)

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)