Collections.Array3D モジュール (F#)

ランク 3 配列に対する基本操作。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

module Array3D

Values

説明

create : int -> int -> int -> int -> 'T -> 'T [,,]

すべての要素が指定された初期値を持つ配列を作成します。

get : 'T [,,] -> int -> int -> int -> 'T

3D 配列から要素をフェッチします。array.[index1,index2,index3] 構文を使用することもできます。

init : int -> int -> int -> (int -> int -> int -> 'T) -> 'T [,,]

次元が指定された配列と、要素を計算するジェネレーター関数を作成します。

iter : ('T -> unit) -> 'T [,,] -> unit

指定された関数を配列の各要素に適用します。

iteri : (int -> int -> int -> 'T -> unit) -> 'T [,,] -> unit

指定された関数を配列の各要素に適用します。関数に渡される整数インデックスは、要素のインデックスを示します。

length1 : 'T [,,] -> int

最初の次元の配列の長さを返します。

length2 : 'T [,,] -> int

2 番目の次元の配列の長さを返します。

length3 : 'T [,,] -> int

3 番目の次元の配列の長さを返します。

map : ('T -> 'U) -> 'T [,,] -> 'U [,,]

指定された関数を配列の各要素に適用し、その結果を要素として持つ新しい配列を構築します。

mapi : (int -> int -> int -> 'T -> 'U) -> 'T [,,] -> 'U [,,]

指定された関数を配列の各要素に適用し、その結果を要素として持つ新しい配列を構築します。関数に渡される整数のインデックスは、変換されている要素を示します。

set : 'T [,,] -> int -> int -> int -> 'T -> unit

配列内の要素の値を設定します。array.[index1,index2,index3] <- value 構文を使用することもできます。

zeroCreate : int -> int -> int -> 'T [,,]

初期のエントリが既定値である配列を作成します。

プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)