Array.averageBy<'T,^U> 関数 (F#)

配列の各要素に関数を適用することで生成された要素の平均を返します。

名前空間/モジュール パス: Microsoft.FSharp.Collections.Array

アセンブリ: FSharp.Core (FSharp.Core.dll 内)

// Signature:
Array.averageBy : ('T -> ^U) -> 'T [] -> ^U (requires ^U with static member (+) and ^U with static member DivideByInt and ^U with static member Zero)

// Usage:
Array.averageBy projection array

パラメーター

  • projection
    型: 'T -> ^U

    平均を求める前に配列要素を変換する関数。

  • array
    型: 'T[]

    入力配列。

例外

例外

状態

ArgumentException

array が空の場合にスローされます。

戻り値

計算された平均値。

解説

この関数は、コンパイルされたアセンブリでは AverageBy という名前です。F# 以外の言語から、またはリフレクションを使用してこの関数にアクセスする場合は、この名前を使用します。

使用例

Array.averageBy の使用例を次に示します。

let avg2 = Array.averageBy (fun elem -> float elem) [|1 .. 10|]
printfn "%f" avg2

出力

  5.500000

プラットフォーム

Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012 で Windows Server 2008 R2

バージョン情報

F# コア ライブラリのバージョン

サポート: ポータブル 2.0、4.0

参照

関連項目

Collections.Array モジュール (F#)

Microsoft.FSharp.Collections 名前空間 (F#)