PrivateObject コンストラクター (Object, String)

指定したオブジェクトのラッパーを作成する PrivateObject クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前空間: Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting
アセンブリ: Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework (Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework.dll 内)

構文

'宣言
Public Sub New ( _
    obj As Object, _
    memberToAccess As String _
)
public PrivateObject(
    Object obj,
    string memberToAccess
)
public:
PrivateObject(
    Object^ obj, 
    String^ memberToAccess
)
new : 
        obj:Object * 
        memberToAccess:string -> PrivateObject
public function PrivateObject(
    obj : Object, 
    memberToAccess : String
)

パラメーター

  • obj
    型 : System.Object
    ラップするオブジェクトです。これは、プライベート メンバーに到達するための開始点として機能します。
  • memberToAccess
    型 : System.String
    取得するオブジェクトを指す逆参照文字列です。これは、"objectX.objectY.objectZ" という形式になります。

例外

例外 条件
ArgumentException

memberToAccess が長さ 0 の文字列です。

ArgumentNullException

obj が nullnull 参照 (Visual Basic では Nothing)、または memberToAccess が nullnull 参照 (Visual Basic では Nothing) です。

.NET Framework セキュリティ

  • 直前の呼び出し元に対する完全な信頼。このメンバーは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。詳細については、「部分信頼コードからのライブラリの使用」を参照してください。

参照

関連項目

PrivateObject クラス

PrivateObject オーバーロード

Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting 名前空間