PrivateObject.Invoke メソッド (String, BindingFlags, array<Object , CultureInfo)

プライベート オブジェクトのメンバーにアクセスするために使用されます。

名前空間: Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting
アセンブリ: Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework (Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework.dll 内)

構文

'宣言
Public Function Invoke ( _
    name As String, _
    bindingFlags As BindingFlags, _
    args As Object(), _
    culture As CultureInfo _
) As Object
public Object Invoke(
    string name,
    BindingFlags bindingFlags,
    Object[] args,
    CultureInfo culture
)
public:
Object^ Invoke(
    String^ name, 
    BindingFlags bindingFlags, 
    array<Object^>^ args, 
    CultureInfo^ culture
)
member Invoke : 
        name:string * 
        bindingFlags:BindingFlags * 
        args:Object[] * 
        culture:CultureInfo -> Object 
public function Invoke(
    name : String, 
    bindingFlags : BindingFlags, 
    args : Object[], 
    culture : CultureInfo
) : Object

パラメーター

  • name
    型 : System.String
    呼び出されるメンバーの名前。
  • args
    型 : array<System.Object[]
    メンバーに必要な引数です。
  • culture
    型 : System.Globalization.CultureInfo
    使用するグローバリゼーション ロケールを表す CultureInfo オブジェクト。グローバリゼーション ロケールは、数値文字列の倍精度浮動小数点数への変換など、ロケール固有の変換で必要になる場合があります。
    または
    現在のスレッドの CultureInfo を使用する場合は nullnull 参照 (Visual Basic では Nothing)。

戻り値

型 : System.Object
呼び出されるメンバーの戻り値を表すオブジェクト。

.NET Framework セキュリティ

  • 直前の呼び出し元に対する完全な信頼。このメンバーは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。詳細については、「部分信頼コードからのライブラリの使用」を参照してください。

参照

関連項目

PrivateObject クラス

Invoke オーバーロード

Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting 名前空間