PrivateObject.SetProperty メソッド (String, BindingFlags, Object, array<Type[], array<Object )

名前で識別される、ラップされたオブジェクトのインデックス付きプロパティを設定します。

名前空間: Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting
アセンブリ: Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework (Microsoft.VisualStudio.QualityTools.UnitTestFramework.dll 内)

構文

'宣言
Public Sub SetProperty ( _
    name As String, _
    bindingFlags As BindingFlags, _
    value As Object, _
    parameterTypes As Type(), _
    args As Object() _
)
public void SetProperty(
    string name,
    BindingFlags bindingFlags,
    Object value,
    Type[] parameterTypes,
    Object[] args
)
public:
void SetProperty(
    String^ name, 
    BindingFlags bindingFlags, 
    Object^ value, 
    array<Type^>^ parameterTypes, 
    array<Object^>^ args
)
member SetProperty : 
        name:string * 
        bindingFlags:BindingFlags * 
        value:Object * 
        parameterTypes:Type[] * 
        args:Object[] -> unit 
public function SetProperty(
    name : String, 
    bindingFlags : BindingFlags, 
    value : Object, 
    parameterTypes : Type[], 
    args : Object[]
)

パラメーター

  • name
    型 : System.String
    呼び出すプロパティの名前です。
  • value
    型 : System.Object
    name で識別されるプロパティを設定する値です。
  • parameterTypes
    型 : array<System.Type[]
    設定するインデックス付きプロパティのパラメーターの数、順序、および型を表す Type オブジェクトの配列です。
  • args
    型 : array<System.Object[]
    呼び出すプロパティに渡す引数を含む配列です。

例外

例外 条件
ArgumentException

name が nullnull 参照 (Visual Basic では Nothing) または空です。

.NET Framework セキュリティ

  • 直前の呼び出し元に対する完全な信頼。このメンバーは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。詳細については、「部分信頼コードからのライブラリの使用」を参照してください。

参照

関連項目

PrivateObject クラス

SetProperty オーバーロード

Microsoft.VisualStudio.TestTools.UnitTesting 名前空間