選択コントロールの追加 (HTML)

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

選択コントロールを使うと、ユーザーは複数のオプションから選択できます。

このセクションの内容

トピック 説明

チェック ボックス コントロールの追加

チェック ボックスは、ユーザーがタップまたはクリックしたり、キーボードでスペース バーを押したりすることによってオンまたはオフにできるコントロールです。ほとんどのチェック ボックス コントロールには 2 つの状態 (オンとオフ) がありますが、一部のチェック ボックス コントロールでは 3 つ目の不確定の状態がサポートされています。

DatePicker と TimePicker の追加

ユーザーが日付や時刻を選択できるようにするには、DatePicker または TimePicker を使います。(Windows のみ)

オプション ボタンの追加

Select コントロールの追加

テキスト コントロールのように、あらかじめ定義されたオプションの一覧からユーザーが選択できるようにするには、Select コントロールを使います。Select コントロールは、ドロップダウン リストやコンボ ボックスに似ています。

スライダーの追加

スライダーを使うと、連続する領域内でユーザーが値を選べるようになります。

トグル スイッチの追加

Toggle スイッチを使うと、ユーザーに 2 つの相互排他的な (オン/オフのような) オプションを表示できます。オプションを選ぶと、すぐにコミットされます。トグル スイッチにはラベルを 1 つ付ける必要があります。