アプリ バー、ツール バー、およびコマンドの追加 (HTML)

[ この記事は、Windows ランタイム アプリを作成する Windows 8.x および Windows Phone 8.x 開発者を対象としています。Windows 10 向けの開発を行っている場合は、「最新のドキュメント」をご覧ください]

ほとんどのアプリには、ユーザーが呼び出すことができるコマンドがあります。このセクションのトピックでは、ユーザーにコマンドを示すために使われる app barstool bars、および context menus について説明します。

このセクションの内容

トピック 説明

アプリ バーの追加

画面の上部または下部に表示される AppBar は、 ユーザーのコンテキスト (通常、現在のページまたは現在の選択) に関連するコマンドに使われます。ツール バーは、AppBar 内でも自由に配置できる、AppBar に基づく単純なコントロールです。両方のコントロールは、コマンドのスケーラビリティとアダプティブ動作に対応し、動作領域 (コマンドがすぐに利用できる) とオーバーフロー領域 (コマンドが表示されないが、エンド ユーザーが要求して表示できる) を使用します。

ログイン コントロールの追加

アプリのログインとログアウトを可能にする、使いやすく信頼性の高いコントロールを設計するためのガイダンスを提供します。

ヘッダー メニューの追加

ヘッダー メニューは、Windows ストア アプリの階層的ナビゲーション パターンの一部です。これは、ユーザーが、戻るボタンを使ったり別のセクションを深く展開したりしなくても、アプリ内のさまざまなセクションに移動できるようにショートカットを提供します。ヘッダー メニュー内の項目は、ハブのセクションと一致させ、ユーザーがそこからさらに展開できるようにします。一覧の最下部には、ハブ (つまり、ホーム) に戻るための項目を含める必要があります。

ショートカット メニューの追加

ショートカット メニューは、ユーザーがテキストまたは UI オブジェクト上ですばやく操作 (クリップボード コマンドなど) を実行するための軽量なメニューです。アプリでは、システムに用意されているテキストとハイパーリンクに関する既定のショートカット メニューを使うことができます。