Agfa AC3 フォント コンプレッションとディコンプレッション

東南アジアのフォント ファイルはかなり量のメモリを使用します。フォントを圧縮すると、これらのファイルの ROM と RAM への影響を削減できます。Windows CE では、Agfa AC3 フォント コンプレッションを使用します。AC3 フォントは、圧縮形式の TrueType フォントです。AC3 技術の利点を以下に示します。

  • AC3 技術では、すべての TureType フォントを処理できます。
  • AC3 技術を使用すると、データの損失を防止できます。圧縮または解凍時にグリフ ヒント データの損失がありません。
  • フォントを呼び出すと、フォント ファイル全体ではなく、文字の制限された範囲を解凍します。

環境変数

東南アジア ロケール用にローカライズされたプラットフォームでは、既定でフォントの圧縮を使用します。次の表は、フォントの圧縮を制御するための環境変数 SYSGEN_AGFA_FONT の使用方法を示しています。

説明
0 AC3 フォント ファイルを使用しません。
1 AC3 フォント ファイルを使用します。

フォントのレンダリング

プラットフォームには、圧縮済み (.ac3 などの拡張子が付くファイル) フォント ファイルと非圧縮 (.ttf や .ttc などの拡張子が付くファイル) フォント ファイルの両方を組み込むことができます。フォントの圧縮をオンに設定すると、Windows CE は .ac3 ファイルを検索して最初にフォントを探し、.ac3 フォント ファイルが見つからない場合は非圧縮ファイルを使用します。フォントの圧縮をオフに設定すると、Windows CE は .ac3 ファイルを使用しません。

このトピックの内容にフィードバックを送信する フィードバックの送信について