Set-SCStorageFabricClassification

Set-SCStorageFabricClassification

Modifies a Fibre Channel fabric classification.

構文

Parameter Set: Default
Set-SCStorageFabricClassification [-StorageFabricClassification] <StorageFabricClassification> [-Description <String> ] [-JobVariable <String> ] [-Name <String> ] [-PROTipID <Guid]> ] [-RunAsynchronously] [ <CommonParameters>]

詳細説明

The Set-SCStorageFabricClassification cmdlet modifies a Fibre Channel fabric classification.

パラメーター

-Description<String>

States a description for the specified object.

エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-JobVariable<String>

Specifies that job progress is tracked and stored in the variable named by this parameter.

エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies the name of a VMM object.

エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PROTipID<Guid]>

Specifies the ID of the PRO tip that triggered this action. This allows for auditing of PRO tips.

エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RunAsynchronously

Indicates that the job runs asynchronously so that control returns to the command shell immediately.

エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-StorageFabricClassification<StorageFabricClassification>

Specifies a classification for storage Fibre Channel fabric.

エイリアス

none

必須?

true

位置は?

1

既定値

none

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • StorageFabricClassification

Example 1: Modify a storage fabric classification

The first command gets the storage classification object named PROD, and then stores it in the $classification variable.

The second command applies a new name and a description to the classification object stored in $classification.

PS C:\> $classification = Get-SCStorageFabricClassification -Name "PROD"
PS C:\> Set-SCStorageFabricClassification -StorageFabricClassification $classification -Name "NewName" -Description "Description"

関連トピック

Get-SCStorageFabricClassification

New-SCStorageFabricClassification

Remove-SCStorageFabricClassification