New-NetIPAddress

New-NetIPAddress

Creates and configures an IP address.

構文

Parameter Set: ByInterfaceAlias
New-NetIPAddress [-IPAddress] <String> -InterfaceAlias <String> [-AddressFamily <AddressFamily> {IPv4 | IPv6} ] [-CimSession <CimSession[]> ] [-DefaultGateway <String> ] [-PolicyStore <String> ] [-PreferredLifetime <TimeSpan> ] [-PrefixLength <Byte> ] [-SkipAsSource <Boolean> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Type <Type> {Unicast | Anycast} ] [-ValidLifetime <TimeSpan> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>] [ <WorkflowParameters>]

Parameter Set: ByInterfaceIndex
New-NetIPAddress [-IPAddress] <String> -InterfaceIndex <UInt32> [-AddressFamily <AddressFamily> {IPv4 | IPv6} ] [-CimSession <CimSession[]> ] [-DefaultGateway <String> ] [-PolicyStore <String> ] [-PreferredLifetime <TimeSpan> ] [-PrefixLength <Byte> ] [-SkipAsSource <Boolean> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Type <Type> {Unicast | Anycast} ] [-ValidLifetime <TimeSpan> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>] [ <WorkflowParameters>]

詳細説明

The New-NetIPAddress cmdlet creates and configures an IP address. To create a specific IP address object, specify either an IPv4 address or an IPv6 address, and an interface index or interface alias. We recommend that you define the prefix length, also known as a subnet mask, and a default gateway.

If you run this cmdlet to add an IP address to an interface on which DHCP is already enabled, then DHCP is automatically disabled.

パラメーター

-AddressFamily<AddressFamily>

Specifies an IP address family. The cmdlet creates an IP address for the family. If you do not specify this parameter, the property is automatically generated. このパラメーターに指定できる値は、次のとおりです。

-- IPv4
-- IPv6

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。コンピューター名またはセッション オブジェクト (New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など) を入力します。既定値は、ローカル コンピューター上の現在のセッションです。

Aliases

Session

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-DefaultGateway<String>

Specifies the IPv4 address or IPv6 address of the default gateway for the host. Default gateways provide a default route for TCP/IP hosts to use when communicating with other hosts on remote networks.

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-InterfaceAlias<String>

Specifies an alias of a network interface. The cmdlet creates an IP address for the alias.

Aliases

ifAlias

必須/オプション

true

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-InterfaceIndex<UInt32>

Specifies an index of a network interface. The cmdlet creates an IP address for the index.

Aliases

ifIndex

必須/オプション

true

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-IPAddress<String>

Specifies the IPv4 or IPv6 address to create.

Aliases

LocalAddress

必須/オプション

true

位置

1

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-PolicyStore<String>

Specifies a PolicyStore value. このパラメーターに指定できる値は、次のとおりです。

-- ActiveStore. The IP address information is valid.
-- PersistentStore. The computer saves IP address information across restarts. When the computer restarts, it copies the saved settings to the ActiveStore.

The default value is ActiveStore. Specify ActiveStore only.

If you do not specify this parameter, the default entries are created in both the ActiveStore and the PersistentStore.

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-PreferredLifetime<TimeSpan>

Specifies a preferred lifetime, as a TimeSpan object, for an IP address. To obtain a TimeSpan object, use the New-TimeSpan cmdlet.

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-PrefixLength<Byte>

Specifies a prefix length. This parameter defines the local subnet size, and is also known as a subnet mask.

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-SkipAsSource<Boolean>

Indicates whether an address is a primary IP address. This parameter identifies the primary IP address for outgoing traffic in a multiple IP address scenario. If this parameter is set to True, the addresses are not used for outgoing traffic and are not registered in DNS.

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-ThrottleLimit<Int32>

コマンドレットを実行する際に確立できる同時実行操作の最大数を指定します。このパラメーターを省略するか、値 0 を入力した場合、コンピューター上で実行されている CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに最適なスロットル制限が Windows PowerShell® によって計算されます。スロットル制限は、セッションやコンピューターではなく、現在のコマンドレットにのみ適用されます。

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-Type<Type>

Specifies an IP address type. このパラメーターに指定できる値は、次のとおりです。

-- Unicast
-- Anycast

The default value is Unicast.

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-ValidLifetime<TimeSpan>

Specifies a valid lifetime value, as a TimeSpan object, for an IP address. To obtain a TimeSpan object, use the New-TimeSpan cmdlet.

Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

必須/オプション

false

位置

named

既定値

false

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-WhatIf

コマンドレットが実行された場合に何が起きるのかを示します。コマンドレットは実行されません。

必須/オプション

false

位置

named

既定値

false

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは共通のパラメーターをサポートしています(-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable)。詳細については、TechNet の「 「about_CommonParameters」 (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216) を参照してください。

<WorkflowParameters>

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットが出力するオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#root\StandardCimv2\MSFT_NetIPAddress

    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名は、シャープ記号 (#) に続くパスで指定されます。

使用例

Example 1: Add an IPv4 address

The first command adds a new IPv4 address to the network interface at index 12. The PrefixLength parameter specifies the subnet mask for the IP address. In this example, the PrefixLength of 24 equals a subnet mask of 255.255.255.0. When you add an IPv4 address, the address specified for the Default Gateway must be in the same subnet as the IPv4 address that you add.

PS C:\> New-NetIPAddress –InterfaceIndex 12 –IPAddress 192.168.0.1 -PrefixLength 24 -DefaultGateway 192.168.0.5

The second command removes the IPv4 address. To remove the IPv4 address, use the Remove-NetIPAddress cmdlet.

PS C:\> Remove-NetIPAddress –IPAddress 192.168.0.1 -DefaultGateway 192.168.0.5

関連項目

Get-NetIPAddress

Remove-NetIPAddress

Remove-NetRoute

Set-NetIPAddress