Export-StartLayout

Export-StartLayout

Exports the layout of the Start screen.

構文

Parameter Set: Literal
Export-StartLayout [-LiteralPath] <String> [-InformationAction <System.Management.Automation.ActionPreference> {SilentlyContinue | Stop | Continue | Inquire | Ignore | Suspend} ] [-InformationVariable <System.String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Non-literal
Export-StartLayout [-Path] <String> [-InformationAction <System.Management.Automation.ActionPreference> {SilentlyContinue | Stop | Continue | Inquire | Ignore | Suspend} ] [-InformationVariable <System.String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

詳細説明

The Export-StartLayout cmdlet exports the layout of the tiles on Start of the current user. You can export layout and use Import-StartLayout as well as other management policies for the Start layout. Specify the .xml file name extension in the name of the file.

パラメーター

-InformationAction<System.Management.Automation.ActionPreference>

Specifies how this cmdlet responds to an information event. このパラメーターに指定できる値は、次のとおりです。

-- SilentlyContinue
-- Stop
-- Continue
-- Inquire
-- Ignore
-- Suspend

Aliases

infa

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-InformationVariable<System.String>

Specifies a variable in which to store an information event message.

Aliases

iv

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-LiteralPath<String>

Specifies a literal path to a layout file. Include the file .xml file name extension. This parameter does not accept the wildcard character (*). If the path includes an escape character (\), enclose the string in single quotes (').

Aliases

none

必須/オプション

true

位置

2

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-Path<String>

Specifies an absolute path to a layout file.

Aliases

none

必須/オプション

true

位置

2

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

必須/オプション

false

位置

named

既定値

false

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-WhatIf

コマンドレットが実行された場合に何が起きるのかを示します。コマンドレットは実行されません。

必須/オプション

false

位置

named

既定値

false

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは共通のパラメーターをサポートしています(-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable)。詳細については、TechNet の「 「about_CommonParameters」 (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216) を参照してください。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Enum

    You can specify the following file format:

    -- XML. Export as an .xml file.

出力

出力型は、コマンドレットが出力するオブジェクトの型です。

使用例

Example 1: Export the layout

This command exports the layout of the tiles on Start to a file named Marketing.xml in the C:\Layouts folder.

PS C:\> Export-StartLayout -Path "C:\Layouts\Marketing.xml"

関連項目

Import-StartLayout