コマンド プロンプトからスクリプトを実行する

Windows Script Host では、コマンド プロンプトからスクリプトを実行できます。CScript.exe には、スクリプトのプロパティを設定するためのコマンド ライン スイッチが用意されています。

CScript.exe を使用してスクリプトを実行するには

  • 次の構文を使用して、コマンド プロンプトにコマンドを入力します。

    cscript [host options...] [script name] [script options and parameters]
    

ホスト オプション ([host options...]) を指定すると、Windows Script Host の各種機能の有効/無効を切り替えることができます。ホスト オプションの先頭には、2 重スラッシュ (//) を付けます。スクリプト名 ([script name]) には、拡張子を付けてスクリプト ファイル名を指定し、必要なパス情報を含めます。たとえば、「d:\admin\vbscripts\chart.vbs」のように入力します。スクリプト オプションおよびパラメータ ([script options and parameters]) は、スクリプトに渡す引数です。スクリプト パラメータの先頭には、1 重スラッシュ (/) を付けます。

各パラメータは、省略可能です。ただし、スクリプト名を指定しなければ、スクリプト オプションを指定できません。ファイル名とパラメータをすべて省略すると、CScript の構文と有効なホスト パラメータが表示されます。

CScript のサンプル

Windows Script Host をインストールすると、いくつかのサンプル スクリプトがインストールされますが、http://www.microsoft.com/japan/developer/scripting/default.htm からサンプルをダウンロードすることもできます。

ここでは、Chart.vbs サンプル スクリプトがコンピュータ上の次のフォルダにコピーされていることを前提に、このサンプルの実行例を示します。

c:\sample scripts\chart.vbs

次の手順に従うと、このサンプルを実行するときにロゴの表示と非表示を切り替えることができます。

スクリプトを実行するときにロゴを表示するかどうかを指定するには

  1. MS-DOS コマンド プロンプトを起動します。
  2. 次に示すように、//logo オプションまたは //nologo オプションを指定して、コマンド プロンプトからスクリプトを実行します。なお、サンプル スクリプトが異なるフォルダに保存されている場合は、パスを修正してください。
cscript //logo c:\"sample scripts"\chart.vbs
cscript //nologo c:\"sample scripts"\chart.vbs

参照

Windows からスクリプトを実行する | スクリプトの実行時に指定する情報 | WScript.exe および CScript.exe のオプション