DHTML Behavior スクリプト コンポーネントの実装

Windows® スクリプト コンポーネントでは、Microsoft® Internet Explorer 5.0 で利用可能な DHTML Behavior を実装するコンポーネントを作成するために、軽量でメンテナンスが容易な方法を提供します。スクリプト コンポーネントを使用すると、スクリプト開発者は Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition (VBScript)、Microsoft® JScript® (ECMAScript)、または Microsoft® ActiveX® Scripting インターフェイスをサポートする任意のサード パーティのスクリプト言語を使って、ビヘイビアを実装することができます。

DHTML Behavior についての一般的な情報については、http://msdn.microsoft.com/workshop を参照してください。

Behavior スクリプト コンポーネントを作成すると、次のことができるようになります。

  • スクリプト コンポーネント内の関数をドキュメント内で発生するイベントにバインドすることにより、特定の要素や、DHTML document オブジェクト、DHTML window オブジェクトに対してビヘイビアを公開できます。
  • ビヘイビアが呼び出されたときにドキュメントに挿入される、HTML テキストを含むレイアウトを定義できます。
  • ページ内の要素のメンバ セットを拡張する、カスタム プロパティおよびカスタム メソッドを公開できます。
  • スクリプト コンポーネントからいつでも発生させることができるカスタム イベントを公開できます。たとえば、スクリプト コンポーネントでは、ページ上の DHTML 要素の内容が変更された直後に、カスタム イベントを発生させることができます。
  • ドキュメントがロードされたり、要素の内容が変更されたりしたときなど、特定の標準イベントに、スクリプト コンポーネントの関数をバインドできます。

このセクションでは、次の事項について説明します。

参照

DHTML Behavior の概要については、Microsoft Web サイトの Site Builder Network (SBN) に掲載されているトピック「DHTML Behavior」および「Using DHTML」を参照してください。