[Windows へようこそ] を自動化する

発行: 2009年10月

適用対象: Windows 7, Windows Server 2008 R2

無人応答ファイルの設定を使用して、[Windows® へようこそ] のユーザー インターフェイス (UI) ページの設定を自動的に構成できます。[Windows へようこそ] ページの各設定が構成されている場合は、それらの各ページがスキップされます。

開始ページ

[Windows へようこそ] の他のすべてのページ設定が応答ファイルで構成されている場合、このページはスキップされます。

言語および国/地域の選択ページ

言語および地域の選択ページでは、エンド ユーザーは、コンピューターにインストールされた言語に基づいて、国や地域、ロケール、キーボード レイアウトを選択できます。

言語インターフェイス パック (LIP) がインストールされている場合は、このページが必ず表示されます。

ライセンス要件では、Windows 7 Ultimate と Windows 7 Enterprise を除く Windows® 7 のすべてのエディションにおいて、含めることのできる言語は 1 つだけとなっています。これらのエディションでは、エンド ユーザーがオペレーティング システムを再起動してから 25 ~ 60 分後に、Windows によって自動的に既定以外のすべての言語がコンピューターから削除されます。言語パックはアイドル時間中に削除されます。

Windows 7 Ultimate、Windows 7 Enterprise、および Windows Server® 2008 R2 のすべてのエディションでは、複数の言語パックをインストールできます。

詳細については、『Windows® OEM プレインストール キット (Windows OPK) ユーザーズ ガイド』または『Windows® 自動インストール キット (Windows AIK) ユーザーズ ガイド』を参照してください。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-International-Core | InputLocale

oobeSystem

Windows インストールの既定の入力ロケールを指定します。

  • Windows® 7

  • Windows Server® 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

Microsoft-Windows-International-Core | SystemLocale

oobeSystem

Windows インストールの既定のシステム ロケールを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

Microsoft-Windows-International-Core | UILanguage

oobeSystem

Windows インストールの既定の UI 言語を指定します。

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

Microsoft-Windows-International-Core | UserLocale

oobeSystem

Windows インストールの既定のユーザー ロケールを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の選択ページ

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の選択ページでは、エンド ユーザーはマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を確認して同意することができます。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | OOBE | HideEULAPage

oobeSystem

マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項のページを非表示にすることを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

プロダクト キーの選択ページ

プロダクト キーの選択ページでは、エンド ユーザーは Windows のライセンス認証を受けるためのプロダクト キーを入力できます。プロダクト キーは複数のコンポーネントで指定できます。いつどのコンポーネントを指定するかについては、『Windows® OEM プレインストール キット (Windows OPK) ユーザーズ ガイド』または『Windows® 自動インストール キット (Windows AIK) ユーザーズ ガイド』の「プロダクト キーとライセンス認証を取り扱う」を参照してください。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | ProductKey

specialize

ライセンス認証に使用するプロダクト キーを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

または

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Setup | User Data | ProductKey

windowsPE

エディションの選択に使用するプロダクト キーを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

注意

イメージの起動時にプロダクト キーを選択する UI ページが表示されないようにするには、応答ファイルで Sysprep を使用します。応答ファイルで、specialize 構成パス中に Product Key の値を指定します。詳細については、『Windows® OEM プレインストール キット (Windows OPK) ユーザーズ ガイド』または『Windows® 自動インストール キット (Windows AIK) ユーザーズ ガイド』に記載されている「Sysprep のしくみ」を参照してください。

ユーザー名の選択ページ

ユーザー名の選択ページでは、エンド ユーザーはユーザー アカウントとパスワードを追加でき、そのアカウントに対するタイルを選択できます。応答ファイルでユーザー アカウントを自動的に作成できます。ユーザー タイルの設定は必須ではありませんが、Oobe.xml を使用して構成できます。詳細については、「Oobe.xml の設定」を参照してください。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | UserAccounts

oobeSystem

Windows インストールで作成するユーザー アカウントを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Vista

コンピューター名とデスクトップの背景の選択ページ

コンピューター名とデスクトップの背景の選択ページでは、エンド ユーザーは、Windows インストールに適用するコンピューター名と既定の背景を指定できます。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | ComputerName

specialize

Windows インストールに適用するコンピューター名を指定します。

コンピューター名をカスタマイズできるのは、OEM および企業顧客です。これらの企業は、顧客が決めたコンピューター名の末尾に、最大 5 バイトの文字列を追加できます。

この文字列をカスタマイズしない場合、顧客が決めたコンピューター名の末尾に "-PC" という文字列が追加されます。一部の言語では "-PC" がローカライズされて 6 バイト以上になる可能性があります。その場合、コンピューター名全体が切り詰められるので、意味をなさない文字列がコンピューター名の末尾に追加されるおそれがあります。

このような事態を回避するため、OEM および企業顧客は、追加する文字列を Oobe.xml ファイル内に記述する必要があります。

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista

  • Windows Server 2008

(省略可能)

Microsoft-Windows-Shell-Setup | Themes | CustomDefaultThemeFile

auditSystem

auditUser

oobeSystem

specialize

カスタムのテーマ ファイルへのパスを指定します。これらのファイルには、カスタムの壁紙用の .bmp ファイルを含めることもできます。

注意

この設定は、[Windows へようこそ] を自動化する場合に必須ではありません。

  • Windows 7

  • Windows Vista

Windows の保護の選択ページ

Windows の保護の選択ページでは、エンド ユーザーは、コンピューターで構成する保護レベルを指定できます。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | OOBE | ProtectYourPC

oobeSystem

Windows インストールの保護レベルを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Vista

日付と時刻の選択ページ

日付と時刻の選択ページでは、エンド ユーザーはコンピューターのタイム ゾーンを指定できます。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | TimeZone

oobeSystem

コンピューターのタイム ゾーンを指定します。

  • Windows 7

  • Windows Vista

コンピューターの現在の場所の選択ページ

コンピューターの現在の場所の選択ページでは、エンド ユーザーがコンピューターで使用するネットワークの種類 (自宅、職場、または公共の場所) を指定できます。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | OOBE | NetworkLocation

oobeSystem

コンピューターの場所を指定します。

  • Windows 7

  • Windows Vista

ホームグループの選択ページ

ホームグループの選択ページでは、エンド ユーザーは自宅用のネットワーク グループを指定できます。

注意

  • コンピューターがドメインに参加している場合は、このページは表示されません。

  • このページは、コンピューターの現在の場所が [自宅] に設定されている場合にのみ表示されます。

  • このページの設定は、無人応答ファイルの設定を使用して構成することはできません。

ワイヤレス ネットワークの選択ページ

ワイヤレス ネットワークの選択ページでは、エンド ユーザーはワイヤレス ネットワークに接続できます。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | OOBE | HideWirelessSetupInOOBE

oobeSystem

ワイヤレス ネットワークの選択ページを非表示にします。

  • Windows 7

  • Windows Vista

注意

  • コンピューターがドメインに参加している場合は、このページは表示されません。

管理者パスワードの変更ページ

管理者パスワードの変更の選択ページでは、初めてコンピューターを起動したときに管理者のパスワードを変更することが要求されます。

設定 構成パス 説明 適用対象

Microsoft-Windows-Shell-Setup | UserAccounts | AdministratorPassword | Value

oobeSystem

管理者アカウントのパスワードを構成します。

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2008

注意

[管理者パスワードの変更] ページの [パスワードのヒント] は、無人応答ファイルの設定を使用して構成することはできません。管理者パスワードを追加すると、[管理者パスワードの変更] ページは省略されます。追加しない場合、Windows セットアップでは、初めてログオンする前にパスワードとパスワードのヒントの両方が要求されます。

関連項目

概念

無人インストールで使用する設定