Project Online でタイム スケール レポート データのロールアップを構成するConfigure rollup of timephased reporting data in Project Online

プロジェクト管理者は、時間単位のレポートデータをさまざまな細分レベルにロールアップするように Project Online を構成できます。Project admins can configure Project Online to roll up timephased reporting data to different levels of granularity. これらのユーザーは、データを毎日、毎週、毎月、または会計期間ごとにロールアップして、時間単位の OData エンドポイントを通じてデータを取得することができます。They can choose to roll up their data daily, weekly, monthly, or by fiscal period and retrieve the data through the timephased OData endpoints:

  • AssignmentBaselineTimephasedDataSetAssignmentBaselineTimephasedDataSet

  • AssignmentTimephasedDataSetAssignmentTimephasedDataSet

  • TaskBaselineTimephasedDataSetTaskBaselineTimephasedDataSet

  • TaskTimephasedDataSetTaskTimephasedDataSet

利点Benefits

これにより、多くのプロジェクトオンラインレポートデータがある組織では特に、レポートの生成パフォーマンスを向上させることができるという重要な利点があります。A key benefit this provides is that it can help to improve report generation performance, especially in organization that have a lot of Project Online reporting data. タスクと割り当ての時間単位のレポートデータを日単位で取得した場合、以前は、多くの組織ではこのレベルの粒度は必要ありません。While retrieving task and assignment timephased reporting data by day was the only option available previously, many organizations do not need this level of granularity. データをより広い範囲 (週単位、月単位など) で取得できるようにすると、ダウンロードが必要なレコードの量が減少するため、レポートの生成パフォーマンスが大幅に向上します。Being able to retrieve their data on a broader scope (such as weekly or month) can greatly improve report generation performance by reducing the amount of records that need to be downloaded. たとえば、 daily に設定した場合、30万レコードを取得する必要がないので、[ 毎月 ] に設定すると、これを1万レコードなどのはるかに少ない数に減らすことができます。For example, instead of needing to retrieve 300,000 records when set to daily , setting to monthly could reduce this to a much lower number, such as 10,000 records.

より広範な粒度を使用すると、プロジェクトのデータを発行する日単位のレベルに細分化する必要がないため、発行時間が大幅に短縮されます。With broader levels of granularity, publish times will be a lot faster since project data won't need to be broken down in daily levels for publishing. 場合によっては、プロジェクト詳細ページとの対話のパフォーマンスが向上することもあります。In some cases, it can also improve the performance of interacting with Project Detail Pages. 発行を完了して次の PDP に移行することに依存する複雑なワークフローを持つ組織では、パフォーマンスが向上します。Organizations that have complex workflows that depend on publish to complete to move to the next PDP will see performance improvements.

注意

組織でワークフローが展開されていて、ステップ内で発行ジョブを完了させる必要がある場合、時間単位のデータを 日単位 にレポートするようにオプションを設定すると、次の手順に進む前に、レポートジョブが完了するまで待機する必要があるため、プロジェクト詳細ページに入力するユーザーにとって問題が発生しますIf your organization has deployed workflows that require a publish job to complete within a step, setting the option to report timephased data to daily can result in a poor experience for users filling out Project Detail Pages as the workflow will need to wait on the reporting jobs to complete before moving to the next step. 発行の完了を待機するワークフローがある場合は、 毎日 を使用しないことをお勧めします。It is recommend not to use daily if you have workflows that wait on publish to complete. > リソースの処理能力の計画にリソース需要データが必要な場合は、[ never ] を選択しないでください。この設定では、リソースの需要が表示されません。> If you require resource demand data for resource capacity planning, then do not choose never - as that setting will not show resource demand.

この設定を構成するにはどうすればよいですか?How do I configure this setting?

  1. Project Online のホームページで、[ サーバー設定] を選択します。In Project Online home page, select Server Settings.

  2. [サーバー設定] ページの [ エンタープライズデータ ] セクションで、[ レポート] を選択します。On the Server Settings page, in the Enterprise Data section, select Reporting.

  3. [レポート] ページの [ 時間配分データ ] セクションで、必要なオプションを選択します。On the Reporting page, in the Timephased Data section, select the option that you need:

  • [使用しない]Never

  • 毎日Daily

  • 毎週Weekly

  • 毎月Monthly

  • 会計期間別By fiscal period

タイムスケールデータの設定

ヒント: 時間単位の Odata フィードを使用しない場合は、[時間配分データ] オプションを "Never" に設定することを強くお勧めします。これにより、より高速なレポート発行キュージョブの利点が得られます。Tip: If you don't use any of the timephased Odata feeds, we highly recommend setting the Timephased Data option to "Never" which provides the added benefit of much faster Reporting Publish queue jobs.

必要な計画の考慮事項Planning considerations I need to make

  • 既存のプロジェクト を再発行する-タイムスケールデータの設定を変更した後は、既存のプロジェクトを再発行した場合にのみ、この設定が有効になります。Republish existing projects - After changing the Timephased data setting, it will only take affect in an existing project if it is republished.

    注意

    再発行するプロジェクトが多数ある場合は、 Office 365 Project online CSOM ツール (ProjToolV2) を使用して、プログラムによって project online プロジェクトを発行できます。If you have many projects to republish, you can use the Office 365 Project Online CSOM Tool(ProjToolV2) to programmatically publish your Project Online projects. これは、組織に影響を与える可能性が最も低い時間で計画する必要があります。You should plan to do this at a time that will be least likely to impact your organization.

  • 新しいインスタンス -新しい Project Online インスタンスでは、時間配分データの既定値が設定されてい ないことに注意してください。New instances - In new Project Online instances, note that the Timephased data default setting is Never. 後ですべてのプロジェクトを再発行する必要がないように、新しいインスタンスを作成した後に、適切な時間配分データ設定を選択してください。Make sure to select the appropriate Timephased data setting after creating your new instance to prevent the need to republish all your projects at a later time. また、より詳細な設定 (毎日、毎月など) に関連付けられているトレードオフは、公開にかかる時間と、時間単位の OData フィードを取得する時間に関しても考慮してください。Also consider the tradeoffs associated with a more granular setting (for example, Daily vs Monthly) with regards to the time it takes to publish as well as pull down the timephased OData feed.

次の表では、考慮事項と推奨オプションを要約しています。This table summarizing the considerations and recommended options:

設定Setting
考慮事項Considerations
[使用しない]Never
時間単位の Odata フィードおよびポートフォリオ分析機能を使用せず、容量計画のためにリソース需要データを必要としないお客様向け。For customers who do not use the Timephased Odata feeds and Portfolio Analyses feature, and do not need resource demand data for capacity planning.
これは、新しい Project Online インスタンスの既定の設定です。This is the default setting for new Project Online instances.
発行キュージョブのレポート作成がはるかに高速になります。Much faster Reporting Publish queue jobs.
追加のクォータは使用されません (時間単位のデータは、最も多くの領域を消費します)。No additional quota consumed (timephased data consumes the most space).
> [!NOTE]> ポートフォリオ分析機能を使用したこの設定の相互作用の詳細については、 「Project Online: Reporting And ポートフォリオ分析」を参照してください。> [!NOTE]> For more information about the interaction of this setting with the Portfolio Analyses feature is available in the blog post Project Online: Reporting and Portfolio Analysis.
毎日Daily
発行/レポート作成におけるパフォーマンスへの影響の最大値。Largest performance impact for publishing/reporting.
最大のデータセットを生成します。その結果、時間単位の Odata フィードのダウンロードが遅くなり、データベースクォータの最大使用率が低下します。Generates largest dataset which results in slower downloads of timephased Odata feeds and largest DB quota usage.
日単位で現在のレポートまたは履歴レポートが必要な場合にのみ、推奨されます。Recommended only if you need your current/historical reports on a by day basis.
毎週Weekly
時間単位のデータセットは 、Daily オプションよりも7分の1小さくなります。Timephased dataset is about one seventh smaller than the Daily option.
推奨されるのは、現在のレポートまたは過去のレポートが週単位で必要な場合のみです。Recommended only if you need your current/historical reports on a weekly basis.
毎月Monthly
時間単位のデータセットは 、Daily オプションよりも 1 thirtieth 小さくなります。Timephased dataset is about one thirtieth smaller than the Daily option.
推奨オプションRecommended option.
会計期間別By Fiscal Period
時間単位のデータセットは 、Daily オプションよりも 1 thirtieth 小さくなります。Timephased dataset is about one thirtieth smaller than the Daily option.
管理者が、定義された会計期間に基づいて時間配分データを発行する時間範囲を制御できるようにします。Allows administrators control over the time range where timephased data is published based on the defined fiscal periods.
推奨オプションRecommended option.

関連項目See Also

Brian Smith ブログ投稿: Project Online-タイムスケールの OData の粒度の変更Brian Smith Blog post: Project Online-Changes to Granularity of Time phased OData

Project Online でレポート機能へのアクセスを許可するGrant reporting access in Project Online

Excel 2013 を使用して新しい Project Online レポートを作成するUse Excel 2013 to create a new Project Online report

ProjectData-Project OData サービスリファレンスProjectData-Project OData service reference