ワークフローを設定してポートフォリオ分析をサポートするConfiguring workflow to support portfolio analysis

概要: ポートフォリオ分析をサポートするようにワークフローを構成する方法について説明します。Summary: Learn how to configure workflow to support portfolio analysis.

適用対象: Project Online、Project Server 2016、Project Server 2013Applies to: Project Online, Project Server 2016, Project Server 2013

ワークフローは、組織内の一般的なタスクを自動化します。Workflow automates common tasks within your organization. ワークフローは、PWA のポートフォリオ分析機能と組み合わせて、ポートフォリオの計画を有効にすることができます。Workflow may be combined with the PWA portfolio analysis functionality to enable portfolio planning. これにより、組織は、戦略的な目標を達成するために設計されたプロセスを簡単に設計および維持することができます。This allows your organization to easily design and sustain processes designed to achieve your strategic goals.

ワークフローは Project Web アプリケーションの中心的な機能であり、project Online およびサポートされているバージョンの Project Server で利用できます。Workflow is a core feature of the Project Web Application, and is available in Project Online and supported versions of Project Server. ワークフローロジックの構成をサポートするには、SharePoint Designer がインストールされている必要があります。You must have SharePoint Designer installed to support the configuration of workflow logic.

この記事では、保存した シナリオ のいずれかをコミットすることを前提としています。This article assumes you have selected one of your saved scenarios to be committed. [ 確定 ] ボタンをクリックすると、次の2つのアクションがトリガーされます。When you click on the Commit button, two actions are triggered:

  • ポートフォリオ分析プロセスの出力をキャプチャするために、いくつかの プロジェクトレベルのフィールドが設定されます。Several project level fieldsare populated to capture the output of the portfolio analysis process.

  • 構成されている場合、ワークフローは選択されたプロジェクトを次のワークフローステージに進行します。If configured, workflow will progress the selected projects into the next workflow stage.

シナリオをコミットするには、コストの分析またはリソースの分析インターフェイスの [分析] タブで、[コミット] をクリックします。To commit the scenario, select the Commit button on the Analysis tab in the Analyze Cost or Analyze Resources interface.

ツールバーの [コストの分析] オプションが強調表示されている

ワークフローオプションWorkflow options

この記事では、ある段階から別のステージへのプロジェクトの移動をサポートするようにワークフローを構成していることを前提としています。This article assumes you have configured a workflow to support moving projects from one stage to another. PWA での基本ワークフローの構成の詳細については、 この記事 を参照してください。Please see this article for more information on configuring basic workflow within PWA.

SharePoint Designerで、プロジェクトイベントを待機するようにワークフローステージを構成します。In SharePoint Designer, configure the workflow stage to Wait for a Project Event. [アクションの構成] オプションで、[ プロジェクトがコミットされたとき] を選択します。In the action configuration options, select When a Project is Committed.

ワークフローステージングの例

その手順を追加すると、次のように、commit アクションによって設定されたフィールドにキャプチャされたデータに基づいてロジックを挿入できます。After adding that step, you can insert logic based on the data captured in the fields that are populated by the commit action:

FieldField オプション (論理テスト)Options (Logical test) 説明Description
オプティマイザーの決定Optimizer Decision
  • 選択済み (3)Selected (3)

  • 未選択 (2)Unselected (2)

  • 強制的に (0)Forced In (0)

  • 強制アウト (1)Forced Out (1)

プロジェクトのコスト制約分析の結果を表示します。Shows the result of a cost constraint analysis on a project.
Planner の決定Planner Decision
  • 選択済み (3)Selected (3)

  • 未選択 (2)Unselected (2)

  • 強制的に (0)Forced In (0)

  • 強制アウト (1)Forced Out (1)

プロジェクトのリソース制約分析の結果を表示します。Shows the result of a resource constraint analysis on a project.

多くの組織では、選択し プロジェクトを次の実行段階に移行するロジックを追加します。Many organizations will add logic to move the Selected projects to the next stage of execution. 構成されている場合、 選択 されていないプロジェクトは、 保留 中のステージに移動する場合があります。If configured, Unselected projects may be moved to a Parked stage.

サンプルのステージへの移行ダイアログボックス

カスタム需要管理ワークフローの開発の詳細については、「Microsoft Project Server の需要管理に関するリソースのオンラインサイト:」を参照してください https://technet.microsoft.com/projectserver/ff899331For more information on developing custom demand management workflows, refer to the online site for Microsoft Project Server Demand Management resources: https://technet.microsoft.com/projectserver/ff899331.